SEOの「文字数が多い方が良い」は誤解|大切なのは読者が求める○○を明示すること

「1記事に何文字ぐらい書いたらいいですか?」という質問、よく頂きます。

お気持ちは凄く分かりますが、この質問って「ラブレターって何文字ぐらい書けばいいですか?」と同じ質問なんですよね。笑

文字数が多ければ、相手の心を射止めることができるのでしょうか?そうとは限りませんよね?これはアフィリエイトでも全く同じで、文章量より意識しなくてはいけない大切なことがあるんです。今回の記事では、この「大切なこと」をズバリお伝えします。

[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

ノウハウは王道スタイル。アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容です。

堅実に収入を得たいという方はこのやり方がオススメ。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト

SEOの認識を取り違えてはいけない

いきなり答えから申し上げると、以外にも「文章量」は実はSEOにあまり関係ないんですね。SEOの専門サイトで確認すると、次のような内容が見つかります。

「SEO」の記事を読みすぎたようですね。テキストと広告の黄金比率や上位表示するために必要な最低文字数というものは存在しません。検索に対してサイトを最適化するというのは、ページの文字数を数えるということではありません。役に立つ便利なコンテンツを確実に作って、そのコンテンツに検索エンジンがアクセスできるようにすることです。

(出典:GoogleWebmaster向け公式ヘルプフォーラム

SEOにおいて文字数は、直接検索順位に影響しません。
もう少し言うと、コンテンツ(ブログ記事)の文字数が多かったり、少ないというだけで、Googleに評価されて上位化もしくは順位下落には至らないということです。

(出典:SEOラボ

SEOの基本的な取り組み

どんなことでもそうですがSEOにおいても同様に、細かな部分に目を向けたり難易度の高い応用に挑戦するよりも以前に、基本を確実に押さえておくことが必要です。SEOの基本的な考え方をごく単純に表現すると次のようになります。

検索とは
検索エンジンに質問すること

SEOとは
質問に対する答えを提供すること

(出典:SEO検索エンジン最適化

SEOの専門家のサイトでも言われているように、SEOで重要なことは文章量・文字数よりも読者さんが求めている「答え」が記事に分かりやすく書かれていることの方が重要だという事がお分かりいただけたかと思います。

そもそもSEOの仕組みは読者を満足させるためにある

SEOの意味は「検索エンジン最適化」です。わかりやすく言うと「検索した読者に役に立つ記事を検索結果に表示するための仕組み」ということです。

答えを素早く手軽に探したい。だからググって(Googleで検索して)みよう!この読者の思考と行動満たすことがSEOの目的と言えます。

滞在時間と直帰率

記事を読み始めた読者がその記事に満足して読み進めるなら、必然的に滞在時間は長くなりますよね?つまり読者の滞在時間は記事の良し悪しのバロメーターになるんです。

反対に、読者の検索意図にそぐわない記事だとしたら、すぐに閉じられて、読者は他の記事を検索し直すので、「直帰率」高くなります。Googleは滞在時間の長い記事を高く評価し、直帰率が高い記事には低い評価を与えるという傾向があります。

Googleは、直帰率や滞在時間のデータを機械学習させ、ユーザーの評価の高いパターンを常に調べています。
つまり、直帰率が低いから検索順位が上がるのではなく、直帰率などのデータが「ユーザー評価の高いパターン」に近いことで評価され、検索結果でも上位に表示されるのです。
ですので、「直帰率が低い」「滞在時間が長い」といった数値は検索順位に間接的に影響しているということになります。

(出典:中小・ベンチャー企業のためのすべらないオウンドメディア

このことからも分かるように、重視すべきは文章量ではなく「読者の求める答えが分かりやすく書かれているか?」つまり、量よりも質が大切という事になります。

Googleに気に入られるかどうか、ではなく「読者が求めていることを分かりやすく書く」ことが実は最も重要なSEOになるんですね。

滞在時間と直帰率

Googleが検索順位を決める指標のひとつに滞在時間と直帰率という2つの数字があります。

読んだ記事に読者が満足すれば、そのページの滞在時間は伸びます。
求める答えが載っていないと判断されれば、すぐにページは閉じられてしまうので直帰率が上がります。

これは読者の評価が私たちの記事の順位を左右しているという事を意味します。だからこそ、読者の知りたいことを分かりやすく書くことが大切なのです。

伝える順番が大切

読者の求める答えを分かりやすく記事にするためには伝える順番がとても大切です。

検索とは読者の「質問」です。そして、私たちの記事が「答え」になります。ですので、「検索キーワードに対する答えを一番最初に、わかりやすく簡潔に書く」だけで大丈夫。まずはこれができていればOKなんです。

逆に言うと文章量ばかり多くて、どこに答えが書いてあるのか分からないような記事はNGという事です。誰だって、ネット検索で分厚い書籍のような記事は読みたくないですよね?笑

読者にとって検索とは単なる「調べもの」つまり「答え」を早く知りたいだけなんですね。あなたの記事に「読み応え」とか、「感動」を求めているわけではないのです。

ただし、いくら文章量を気にしなくてもいいとはいえ、読者さんの知りたい答えが不足していては読者さんを満たせません。詮索キーワードから「読者の知りたいことは何か?」を読み取り、読者が調べたいこと、知りたいことは過不足なく網羅してあげられるような記事を書くことを意識してみてくださいね。

読者が求めた答え

書く順番も大切です。読者さんの最も知りたい「答え」をまず一番最初に書きましょう。「あ!見つけた!」って感じてもらえたらその読者は離脱せずに、必ず読み進めてもらえますから。付随した様々な情報は「答え」の後に順を追って読者が必要な情報を網羅して行けばOKです。

記事を書く時に意識すべき4つポイント

  • 「検索=調べもの。読書ではない」を意識する
  • 読者が一番知りたい答えから先に書く
  • 読者に分かりやすく簡潔に書く
  • 答えの後に、関連した必要情報を網羅するように書く

常に、「読者は何を知りたいのか」を意識しながら書くことで「何文字?」を意識しなくても文章量は自然と「最適な長さ」になります。

まとめ

SEOを読者と切り離して考えてはいけません。SEOとは読者が「求める答えに辿り着けるように」私たちの記事を最適化して表示するシステムなのです。

だからこそ、向くべき方向は「読者」だという事を忘れないでください。大事なのは「文章量」ではなく、「読者の求める答えをいかに分かりやすく記事の最初に書くか?」これを意識していけば読者に読みやすい記事を書くことができるようになります。

2STEPインスタントアフィリエイト

初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法を無料公開中。

アフィリエイト

ノウハウは王道に近いので、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。堅実に収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。

WordpressやるならXサーバーがオススメ!

当サイトはWordpressで運用しています。いくつかサーバーを利用してみた結果Xサーバーにたどり着き、すでに5年以上使い続けています。 スピード、セキュリティ、サポート…どれも最高レベルにも関わらず低コストなところがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の頃に起業を目指す。上場企業を含む営業会社を3社経験、その後マーケティング会社の取締役を経験する。Webマーケティングの中でもDRMやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチに精通し、ローンチ経験は14回、累計の売上高は10億円を大きく越え、現在はそれぞれの手法をMIXして売上を伸ばすことを得意としている。コピーライティングとマーケティングが専門分野。2015年6月株式会社ウェブエンジンを創業。