そのドメインは大丈夫?過去にペナルティを受けたドメインは要注意。Googleからの評価に影響が出る可能性大

GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏がRedditで開催されたAMAで興味深い発言をしています。

今回取り上げたいテーマは「ドメイン」です。今あなたが使用しているドメイン、実は過去にペナルティを受けていた…ということはありませんか?もし知らずに使っているとしたら不利な条件で運営していることになるので要注意。そしてペナルティは消えないという点にも注目です。

初心者の方でも分かりやすいよう丁寧な説明を心がけますので、これからドメインを取得しようとしている方は参考にして頂けたらと思います。

スポンサー:アフィリエイトで最短30分で報酬を稼ぐ方法

パソコン初心者でも最短30分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当の教材が今回無料とのことですので、これはチェックをオススメします。
■無料:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

Googleからペナルティは受けるとはどういうこと?

まず始めに簡単にペナルティを受けるとはどういったサイトのことを指すのかご説明したいと思います。

Googleのペナルティとは、おかしな動き(過剰なSEO対策、スパム、大量生成、低品質コンテンツの大量ポストなど他多数原因あり)をするサイトに発動する「警告」のことを指します。この警告は普通にメディア運営をしていればまず受けることが無いものです。ペナルティが出る=深刻。そう考えて良いものです。

検索エンジンの役割は、私たちユーザーが検索をした際にその検索ワードからユーザーの悩みを解決できる可能性の高いサイトを上位に表示することです。例えば「SEO 上位表示するには」と調べた結果、「スパムとはなにか」などと目的とズレたサイトを表示しないようにしなければなりません。「上位表示対策」に対する答えが上に来ないといけません。それが検索エンジンとして理想の形です。

悪質なサイトにはペナルティが発動される

時々問題の解決には繋がらないサイト、もしくは著しく質の悪いサイトが上位に表示されることがあります。

そして、ユーザーの問題を解決できる可能性の高い、質の良いサイトが2ページまで飛ばされてしまうような事態が起こることが多々あるのです。前より大分よくなっていますが、まだあります。

なぜこういうことが起こるのかというと、ありがちなのは悪質なユーザーが過剰なSEO対策を施した結果表示されてしまうという話。そのような悪質なサイトをGoogleでは「検索エンジンスパム」として判定するのです。

これがスパムサイトの正体です。ペナルティを受けるサイトの一例です。

ペナルティを受けたサイトはインデックスされなくなる

Googleはこうしたスパムサイトに対しては然るべき処置を取ります

具体的には表示順位を大幅にさげたり、Googleのインデックスから除外するなどといったペナルティを科します。

「インデックス」という言葉を知らない方は以下をチェックしてください。

-インデックス(index)とは?-
SEO用語でインデックスと言えば、クローラーが収集したWEBページのデータを検索エンジンデータベースに(処理しやすいように整理された状態で)格納されることを「インデックス化」「インデクシング」などといいます(引用:SEO HACKS|インデックスとは

ネット上には過去にスパムサイトとしてペナルティを受けたことのあるサイトが多数存在しています。

それらペナルティを受けたサイトは、まだ運営中であればいいのですが、もしドメインの期限が切れていた場合(該当するドメインを誰でも取得出来る状態)、そして運悪くそのドメインを別の方が取得してしまった場合に大変なことになります。

Googleではドメインの過去をリセットは出来ない

Reddit(レディット)と呼ばれる掲示板でAMA(Ask Me Anything)というGoogle社員になんでも質問してみようというイベントが行われました。回答者はGary Illyes(ゲイリー・イリェーシュ)氏、Googleの社員の方です。

その中でユーザーから以下のような質問が挙がりました。

『以前にアルゴリズム的に低評価を受けていたと思われるドメイン名をクライアントが取得してしまいました。新しいサイトのはずなのに、何をやってもうまくいきません。過去のサイトとは異なる新規サイトであることをどうやったら Google に伝えられますか?』

という内容です。

これに対してGoogleのミューラー氏は以下のように回答しています。

『ドメインの“リセットボタン”というものはないんだ。Google には内部的にそういったものは存在しない。だから、手動で再審査してもらったとしても何も変わらないだろう。悪い歴史がそのドメインにたくさん紐付けられてしまっているとしたら、やれることは次のどれかだ。

あなたのドメインに何らかの不都合な過去があるのなら対処できる手段は以下のどれかです。

  1. 我慢してやっていく
  2. 可能な限り問題を取り除く
  3. 別のドメイン名に移す

面倒なことだというのはわかる。でも、それはどんなビジネスにおいても同じことだし、悪評を取り去るのは大変な作業になる。さらに、最終的にやる価値があったどうかを前もって言うのは難しいことでもある。』

引用元:海外SEO情報ブログ|過去にペナルティを受けたスパムサイトをリセットするボタンはGoogleには存在しない

つまり、一度過去に何らかの形で低評価の付いてしまったドメイン名は、その後所有者が別の人物へ移行してもドメイン自体の過去を消し去ることは出来ないということです。

そして、注意すべきは質問者のように知らずに知らずのうちにそうしたドメイン名を取得し自身のサイトで使用してしまう可能性があるということです。これでは、自分に一切の非が無いのにも関わらず過去の悪質なユーザーの悪評をそのまま被った状態でのスタートとなってしまいます。

そうすると本来であれば問題なく反映されるはずの適性なSEO対策も効果を発揮できなくなってしまう可能性も。なので結論として我々が出来ることは「ドメイン取得時にドメインの過去を調べる必要がある」ということです。

SHO
Googleサーチコンソールにある「手動の対策」についてはドメインの所有権が変わっていても指示に従い修正することでクリアになりますが、ドメインの経歴そのものは変えようが無いです。そのため残された選択肢はミューラー氏が発言している3つになります。

なのでリサーチがめちゃくちゃ大切。

ドメインにペナルティ履歴があるかどうかをチェックする方法

では、そもそもそうしたドメイン名を取得しないためにはどうすればいいのでしょうか。

【WaybackMachine】を使って過去のドメイン名の使用歴を調べよう

見出しにもあるように悪質ドメイン名を事前に回避できるように作られた便利なツールを使うのがオススメ。それがこちら。WaybackMachineです。

WaybackMachine

URL:http://archive.org/web/

こちらは「入力したドメイン名の過去のwebページを再び閲覧することができる」ツールです。なんと運営資金は寄付で賄われており、私たちユーザーは完全無料で使用することが出来ます。

こちらのサイトの検索窓に過去のページを閲覧したいサイトのURL(今回で言うところの新規で取得したいURL)を入力します。すると、使用されていた期間のカレンダーが表示され、さらにピンポイントで色づけされ分かり易くデータが存在していた日にちを私たちに教えてくれるのです。

こちらのサイトを利用すればあらかじめこれから取得したいドメインは過去にどんなページに使われていたのかを確認して使用することが出来ます。

また、別の使い方をすればマーケティングにも使えるので気になる方は調べてみると良いかもしれません。下記サイトで詳しくWaybackMachineに関してまとめてあるので参考にするのが早くてオススメです。

WaybackMachineの使い方:https://ferret-plus.com/7925

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事を書いていて思ったことは「ドメインのリサーチは超重要」ということです。ドメインは一度決めたら中々変えることがありません。特に数年間運用していたサイトを別ドメインに変えるなんて考えたくもありませんね。。

そういう意味でドメイン取得は慎重になることをオススメしたいです。

アフィリエイトで最短30分で報酬を稼ぐ方法

パソコン初心者でも最短30分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当の教材が今回無料とのことですので、これはチェックをオススメします。

WordpressやるならXサーバーがオススメ!

当サイトはWordpressで運用しています。いくつかサーバーを利用してみた結果Xサーバーにたどり着き、すでに3年以上使い続けています。 スピード、セキュリティ、サポート…どれも最高レベルにも関わらず低コストなところがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の頃に起業を目指す。上場企業を含む営業会社を3社経験、その後マーケティング会社の取締役を経験する。Webマーケティングの中でもDRMやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチに精通し、ローンチ経験は14回、累計の売上高は10億円を大きく越え、現在はそれぞれの手法をMIXして売上を伸ばすことを得意としている。コピーライティングとマーケティングが専門分野。2015年6月株式会社ウェブエンジンを創業。