WordPressの問い合わせフォームはこれ一択!プラグイン「Contact Form 7」の魅力と使い方

この記事で分かること

  1. 問い合わせのことなら「Contact Form 7」がオススメの理由
  2. WordPressのプラグイン「Contact Form 7」の魅力と使い方
  3. WordPressで質問を受け付けたい時に使える!

今回は、WordPressで問い合わせを受け付けたい時に使えるプラグイン「Contact Form 7」について、その魅力と使い方をご紹介します。

もしブログをビジネス利用しているのであれば、サイトを訪れてくれるお客さんのお問い合わせに答えるのは当然のことだと思います。もしお問い合わせページが存在しないとなると、せっかくサイトを訪れてくれたお客さんの中でも熱心な人(問い合わせをしてくれるレベルの)の声が聞けずに、ニーズに応え損ねることになってしまいます。

また、企業や個人からの仕事の依頼や、取材の受付、寄稿の提案などを受けるときにもお問い合わせフォームを作っておいたほうがわかりやすくて親切ですよね。

ただ、問い合わせフォームの作成には技術的な問題が立ちはだかります。知識があればフォームの機能やデザインをカスタマイズすることができますが、初心者にはハードルが高いということもまた事実です。

そこで今回は、

  1. ワードプレスでお問い合わせフォームを作りたい
  2. HTMLやCSSなどのWeb知識はないけどフォームをサクッと用意したい

という人のために、WordPressの「Contact Form 7」というとても便利なプラグインの魅力と使い方をわかりやすく解説したいと思います。

スポンサー:アフィリで最短30分で報酬を稼ぐ方法

パソコン初心者でも最短30分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当の教材が今回無料とのことですので、これはチェックをオススメします。
■無料:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料


「Contact Form 7」の魅力

「Contact Form 7」は、誰でもとても簡単にお問い合わせフォームを作ることができるとっても便利なプラグインです。

上でも書いたように、自分でHTMLやCSSといったWebの知識があれば、プラグインを使わずにカスタマイズすることができます。

しかし、そのような知識はかなり高度な専門知識なので、ある程度まとまった時間を取らない限り、習得が厳しかったり挫折する人が多くなります。

なので、Web関連に強くなる必要がないのであれば「Contact Form 7」導入がオススメ。

SHO
ハッキリ言って、ワードプレスプラグインを使ったほうが早いです!笑

「Contact Form 7」のインストールと設定

それでは「Check Copy Contents」をインストールして有効化できたら、プラグインの設定を見ていきましょう。

ワードプレスの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」→「検索窓に「contact form7」を入れて検索」→「インストール」で簡単にインストールすることが出来ます。インストールした後は必ず「有効化」しておきましょう。

「Contact Form 7」の設定方法

1.管理画面→お問い合わせ→新規追加

管理画面からお問い合わせをにカーソルを合わせると、新規追加という項目が出るので選択します。

2.コンタクトフォーム追加&名前の編集

まずはコンタクトフォームの名前を入力してください。こちらはサイト閲覧時には見えないので、自分がどのコンタクトフォームを使っていればいいのかわかれば結構です。

3.フォーム

ここではフォームの内容を編集できます。

デフォルトでは、お名前・メールアドレス・題名・メッセージ本文・送信ボタンという流れで設定されています。ブログ初心者の方は、デフォルトの設定でも十分だと思いますが、用途によって適宜編集しましょう。

4.メール

ここでは、誰かがフォームを送信した場合に送られる文章を編集できます。デフォルトでは自分宛になっていますが、基本的に編集しなくても大丈夫です。〔your-name〕や〔your-email〕などには、上記のフォームタブで入力した値が入っています。

メール②にチェックを入れると下図のように展開されます。

ここでは読者がフォームを送信した場合に送信される、別のメールを設定することができます。よく見受けられるのが、1つ目のメールは自分宛てに登録し、2つ目のメールを内容をテンプレート化して送信者宛てに自動で送られている旨を記したものです。

フォームを送信した人によっては、本当にフォームが届いているのか不安になる可能性があるので、こういった自動送信のメールを設定するのもユーザビリティの向上にもつながるでしょう。

5.メッセージ

メッセージでは、フォームを送信するボタンを押した後に、表示される内容を編集できます。

デフォルトのフォームを使うのであれば、特に追加したり変更を施すものはありませんが、必要に応じて変更してください。

6.その他の設定

ここでは、Google Analyticsでトラッキングしたいなどがあれば設定します。

ここは凝った設定なので、初心者の方は空欄でOK。デフォルトで問題ありません。

設定が終われば保存しましょう。

「Contact Form 7」の使い方

実際にどうやって「Contact Form 7」を使ってお問い合わせフォームを作るのかを解説します。

1.管理画面→お問い合わせ→コンタクトフォーム

コンタクトフォームから先ほど新規追加したフォームのショートコードをコピーします。

2.管理画面→固定ページ→新規追加

お問い合わせページは固定ページで作ることが多いので、今回もそのようにします。

3.テキストにショートコードを貼り付ける

あとは先ほどコピーしたショートコードをテキストに貼り付けます。これで以上です。

4.「Contact Form 7」が作動しているか確認

作成した固定ページを開き、下図のようになっていれば大丈夫です。

丁寧に作りたい場合はショートコードの上下に問い合わせに関する注意書きを書いたり、問い合わせ例を書いたりするとさらにユーザビリティーが上がるのでオススメです。

まとめ

今回は「Contact Form 7」というWordPressのプラグインをご紹介しました。

「Contact Form 7」は数あるプラグインの中でも、もっとも取り入れたいプラグインの一つといっても過言ではないほど人気のプラグインです。また「Contact Form 7」はデフォルトの設定でも全く問題なく使えますし、サイト運営が軌道に乗り始めた時の改善も楽々に出来るので便利。

WordPressの立ち上げと同時に入れても良いプラグインだと思います。

アフィリエイトで最短30分で報酬を稼ぐ方法

パソコン初心者でも最短30分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当の教材が今回無料とのことですので、これはチェックをオススメします。

WordpressやるならXサーバーがオススメ!

当サイトはWordpressで運用しています。いくつかサーバーを利用してみた結果Xサーバーにたどり着き、すでに3年以上使い続けています。 スピード、セキュリティ、サポート…どれも最高レベルにも関わらず低コストなところがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の頃に起業を目指す。上場企業を含む営業会社を3社経験、その後マーケティング会社の取締役を経験する。Webマーケティングの中でもDRMやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチに精通し、ローンチ経験は14回、累計の売上高は10億円を大きく越え、現在はそれぞれの手法をMIXして売上を伸ばすことを得意としている。コピーライティングとマーケティングが専門分野。2015年6月株式会社ウェブエンジンを創業。