【主観】おそらく”副業意識”のアフィリエイターの98%は稼げてないと思う話|その具体的な理由について正直に話します

アフィリエイトはあなたにとって「副業」ですか?

もし、あなたが日常の会話の中でアフィリエイトの事を「副業」という言い方をしていたとしたら要注意です。無意識にせよ「副業」という意識で取り組んでいる人の98%は「稼げないアフィリエイター」「いずれ脱落していくアフィリエイター」だからです。

今回の記事では「副業意識」のアフィリエイターが稼げるようにならない具体的な理由に迫ってみます。

[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

ノウハウは王道スタイル。アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容です。

堅実に収入を得たいという方はこのやり方がオススメ。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト

本業と副業の意識の違い

今、あなたが何を本業にしているかはわかりませんがおそらく最低でも1日8時間、週に5日は本業で働かれてますよね?仕事が終わらなければ残業もあるでしょう。

体調の悪い日も、気分が乗らない日も、寝不足の日でも「本業」はそう簡単にはサボれません。でも、逆に言えばこの強制力があるからこそ、プロとしての成長があったことも事実。だからこそ今、大きな額を本業で稼いでいるわけです。

副業意識でもOKな職種と、副業意識ではダメな職種がある

アフィリエイトを始めたきっかけは人それぞれですが「稼がなければならない理由」があったはずです。だって、仕事をもう一つ増やすって、とても大変なことですから。

本業で週40時間めいっぱい頑張って、普通ならゆっくりしたいプライベートタイムを削ってでも、仕事を増やして稼ぐ必要があったわけですよね?

これが、もしアルバイトやパートなら、「副業」という意識でも構いません。その時間、その場所へ行き、言われた通りに働けば、誰でも時間分のお給料が保証されていますから。

副業

ところが、アフィリエイトは違います。アフィリエイトは「時間労働」ではなく、稼げるスキル(能力)が身に付くまでは、何時間作業してもお金は入ってきません。そして、スキルが身に付くまでには「努力も時間も必要」です。

つまり、本業と同じだけの「プロ意識」と「自分への厳しさ」が求められる上、更に「スキル(能力)があがるまで無償」で頑張らねばならないという条件が加われば本業に臨む以上の覚悟と忍耐力が必要になます。

下記の図は2017年に日本アフィリエイト協会が1000名のアフィリエイターを対象に月額報酬の割合をまとめたものです。
アフィリエイターの月額報酬
出典:日本アフィリエイト協会

月に1万円以上稼いでいるアフィリエイターは全体のわずか1割弱です。誤解しないで頂きたいのは、アフィリエイトは1割の人しか稼げないほど難しい仕事だという意味ではありません。

私の経験上、正しい「意識」を持って必要な「作業量」をこなせば誰でもスキルアップしてアフィリエイトで稼げるようになれるんです。これは、「私だからできた」という事ではなく、塾で指導している生徒さん、年齢・性別問わず、誰を見ても共通して言えることですから。

つまり、このグラフから考察できることは、9割にあたる「月の報酬額が1万円以下のグループ」は、間違った取り組み意識で実践し、稼げないまま挫折・脱落し、そこにまた新たな初心者が入ってくるという現象を繰り返している人たちが常に9割いる、と考察できます。

アフィリエイトで稼ぐことは決して難しくない。しかし、「副業意識」ではスキルを身に付けるまでの「無償期間」を乗り越えることはできないという事です。

副業という言葉に隠れた意識とは

副業という言葉は常に、「言い訳ができる」という意識が隠れた言葉ではないでしょうか?

  • 本業が忙しかったから
  • 体調がすぐれないから
  • モチベーションが上がらないから
  • どうしても見たいテレビがあったから
  • 飲み会、断れなかったから

わかりますとも。笑

ですが、上記の理由でそのたびに本業の会社をお休みしている人は、いませんよね?

そうなんです。私たちは「本業」という言葉でくくられた瞬間から、自ら「言い訳無用」「やらざるを得ない」という意識が働くんです。

「副業」という言葉でも、もしあなたが選んだのが「アルバイト、パート」なら本業より融通は利くにしても、毎回上記の理由でお休みしていたらクビになってしまいますよね。仕方ないから「折り合いつけて」嫌々でも出勤するわけです。

サボる

ところが、アフィリエイトは「上司」がいません。上司どころか、自分が社長です。サボろうが眠ろうが、何日やらなくても「誰からもとがめられない」んです。逆にここが自分を甘やかしてしまう、自分自身に言い訳をしてしまうネックになっているんです。

副業意識を持っているアフィリエイターで稼げている人を見たことがありません。この記事のタイトル「”副業意識”のアフィリエイターの98%は稼げてないと思う」は実際にそういう人たちを目の当たりにしてきたという事です。

普通なら、のんびりできるプライベートタイムを削って「仕事」をするって、誰だって辛いです。人間だからサボりたい誘惑が沸き起こるのは当たり前だと思います。ですが、「副業意識」でいる限り、この誘惑に勝つことはできないでしょう。言い訳一つで自分をごまかせてしまうからです。

アフィリエイトで稼ぐための思考とは?

まず、副業意識を捨て去ることが大切です。もう一度「稼がなければならない理由」を明確に心に焼き付けて、今日から「ダブルワーク」という言葉を使ってください。

ダブルワークとは「ふたつの本業をこなす」という意味です。アフィリエイトも「本業」という意識で取り組めば「モチベーション」に左右されることもなくなります。「言い訳無用」「やらざるを得ない」という意識が生まれます。

ダブルワーク

実際に、作業が正しく継続できれば、アフィリエイトで稼げるようになる日は遠くはありません。たとえ、毎日1~2時間であっても、真剣に向き合って正しい方法で作業を継続して「稼げるようにならなかった」という人を見たことがないですから。

アフィリエイトは数あるインターネットビジネスの中でも「在庫も不要」、「初期投資も運営資金もほとんどかからない」という優れたビジネスモデルです。しかも、スキルアップすれば会社のお給料より大きく稼ぐことが可能です。

せっかくアフィリエイトを選んで「稼ぐ」と決めたのに、「副業意識」に引きずられて作業の手が止まり、結果、稼げずに挫折してしまうなんてもったいなさ過ぎます。

「ダブルワークって言葉を変えても、何も変わらないよ」って思いますか?そんなことないですよ。自分の意識を変えるにはまず「言葉」から変えていかないと「意識」は変えられないですから。

一番つらいのは0→1の期間だけ

そうは言っても、ずっとダブルワークで頑張り続けないといけない・・・と思うと憂鬱になりますよね。笑

安心してください。アフィリエイトで一番辛いのは報酬が上がり始めるまでの「0→1」を乗り越える期間。この時期は頑張っても頑張っても報酬画面は「0」。確かに心が折れますよね。でも、毎日コツコツ正しい方法で努力を続ければ、必ず報酬が上がり始めます。

自分自身もスキルアップしていくわけですから、報酬が上がるにつれて、作業量は減っていきます。そして一度作り上げたブログからは、あなたが遊んでいる時も、眠っている時も報酬があがるようになりますから。

副業意識⇒ダブルワークへと意識を切り替えて「0→1」を乗り越えてほしいです。

まとめ

厳しいことも書きましたが、「副業意識」のままではアフィリエイトで成果を上げることは難しいです。それは、アフィリエイトという仕事が「労働時間に対してお給料をもらう」という仕組みではないからです。

初報酬が上がるまでの辛い期間を乗り越えるには「副業意識」を捨ることが大切です。取り組み意識を変えるだけで必ず大きな結果に結びつきますよ。「副業意識」を卒業できれば、心構えも取り組み方も「本業」と同じく向き合うことができますから。

2STEPインスタントアフィリエイト

初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法を無料公開中。

アフィリエイト

ノウハウは王道に近いので、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。堅実に収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。

WordpressやるならXサーバーがオススメ!

当サイトはWordpressで運用しています。いくつかサーバーを利用してみた結果Xサーバーにたどり着き、すでに5年以上使い続けています。 スピード、セキュリティ、サポート…どれも最高レベルにも関わらず低コストなところがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の頃に起業を目指す。上場企業を含む営業会社を3社経験、その後マーケティング会社の取締役を経験する。Webマーケティングの中でもDRMやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチに精通し、ローンチ経験は14回、累計の売上高は10億円を大きく越え、現在はそれぞれの手法をMIXして売上を伸ばすことを得意としている。コピーライティングとマーケティングが専門分野。2015年6月株式会社ウェブエンジンを創業。