文章の書き出しに必要な3つのポイント&すぐに使える簡単テクニック4例

アフィリエイトの成果を上げるために重要なことは、アクセスしてきたユーザーの心を、記事ページのトップ(上部)でどれだけ掴めるかにかかっています。

「アクセス数はあるけど、ユーザーの直帰率が高い」「ページの滞在時間が短い」など、それは、記事の書き出しに問題があり、ユーザーが関心を持てないからなのです。では、ユーザーの心の掴む書き出しとは、一体どのようなものなのでしょうか。

今回は、「読みたくなる記事」にするための、書き出しに重要な3つのポイントと、すぐにでも使えるテクニック4例をご紹介します。

スポンサー:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

パソコン初心者でも最短30分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当の教材が今回無料とのことですので、これは貰わないと損です。
■無料:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

文章の書き出しに必要なのは記事の主旨と結論

ページに辿り着いたユーザーの目に入るのは、まず「タイトル」です。これが最も重要。そしてその次に大切なのが冒頭文(書き出し)です。ページ下部に行くにつれてユーザーの関心は下がり、ページから離れてしまうという特徴があります。

ユーザーがその記事を最後まで読み進めてくれるかどうかは、ページ上部にあたるタイトルと冒頭文によって、

  • この記事は何について書いたものなのか
  • この記事からどんな情報が得られるのか
  • どのような問題・課題が解決できるのか

ということを簡潔に示し、「いかに記事の主旨を伝えることができるか」にかかっているというわけです。上記を踏まえた上で、記事の「掴み」の部分になる書き出しでは、次の3つのポイントに気を付けましょう。

1.得られる情報を明確にする

たとえば、おすすすめの無料画像ソフトを知りたい場合は、

画像編集ソフト 無料 おすすめ

といったように、多くのユーザーは、情報を得たい特定のテーマや事柄のキーワードをGoogleなどの検索エンジンに入力して、その情報を得るための記事を探します。

ほとんどのユーザーは、あなたの文章を読みたくてページにアクセスしているわけではありません。「必要な情報を得る」目的からページに辿り着き、記事を読むのです。

まずは、このことを十分に理解しておきましょう。

そのためもし、

  • 書き出しでどんな情報が得られるのかわからない
  • 回りくどい前置きばかりで記事の主旨か見えない

こんな記事では、ユーザーはそのページに30秒も留まってくれません。

インターネット上には、同じテーマを題材とした記事が無数にあります。ユーザーはあなたのページを見限り「もっといい記事があるかもしれない…」とさっさと離脱して、検索画面に戻ってしまうでしょう。

文章の書き出しである冒頭文は、いうなれば記事のプレゼン部分にあたります。記事を読むことで「有益になる」「欲求が満たされる」ことをアピールし、ユーザーの心を掴みましょう。

2.結論や要点を書き出す

冒頭文には、記事の明確な主旨、結論や要点を書いておきます。

最初に簡潔な結論を提示しておくことで、「何故そのような結果が得られるのか」「どのような経緯で解決するのか」と、ユーザーの興味をそそりましょう。

このとき、結論に至るまでの経緯など、具体的な方法は書かず、得られる結果だけを示します。冒頭文に内容を書きすぎてしまうと、記事を最後まで読む必要がなくなってしまうからです。

3.長くても300文字以内にまとめる

書き出しはユーザーに「この記事は読む価値がある」とプレゼンする重要な部分です。記事の主旨・要点・結論を出し惜しみせずに書く必要があります。

しかし、「記事の内容を伝えなくては」と考えるあまり、ダラダラと長い文章を書き連ねてしまい、冒頭文が「余計な前置き」になってしまう場合があります。

文章の書き出しにベストな文字数はだいたい150文字から250文字、長くても300文字程度です。300文字以上になってしまう場合は、余計な情報が入っていないか、回りくどい表現や言い回しになっていないかをしっかり確認しましょう。

書き出しで意識したい3つのポイント

  1. 得られる情報を明確にする
  2. 結論や要点を書き出す
  3. 長くても300文字以内にまとめる

文章の書き出しに使えるテクニック4例

冒頭文を作成する際に役立つ文章の書き出しのテクニックを、かんたんな例文をあげながら4つご紹介します。

1.「得られる情報」をシンプルに伝える

おすすめの無料画像ソフトを紹介する記事
解像度の変更や色調補正など、画像にちょっとした手を加えることができる画像編集ソフト。最近では高価な有償画像編集ソフトPhotoshopに引けを取らない機能を持った無料ツールやソフトが次々に開発されています。

無料画像ソフトを探している人のために、おすすめの無料画像編集ソフトを6つ厳選しました。使いやすく高機能なものを動作環境別に紹介していますので、是非参考にしてください。

おすすめ◯選やランキング形式の記事によく使われる、オーソドックスな文章の書き出しです。

無料の画像ソフトを探している人に、「どんな無料画像ソフトを」「どのような形式で」紹介しているかを明記し、ユーザーの関心を引きます。

2.問題提起から入る書き出し

新しい洗濯洗剤を紹介する記事
「食べこぼしで付いた油汚れ、つけ置きしたあと洗濯機で洗ってみたけど、シミが残ったまま…そんな経験ありませんか? 衣服についた油汚れを落とすには丁寧なシミ抜きが必要ですが、忙しい時はなかなか大変ですよね。

そこで活躍するのが、今回ご紹介する洗濯洗剤です。新開発の洗浄成分がガンコな油汚れに密着し、すっきりと洗い流してくれます。

問題提起から入る書き出しは、WEBライティングでよく使われるテクニックです。

体験談をベースにした問題提起から、同じ悩みを持つユーザーへの同調、そして記事で紹介する商品によって問題を解決できることを簡潔にアピールします。衣服の油汚れに困っているユーザーは、「なぜ油汚れに強いのか」「価格はどれくらい?」など、この商品への関心が高まるはずです。

3. ユーザーの声を代弁するようなセリフで記事に親しみを

副鼻腔炎の日帰り手術が可能な耳鼻咽喉科を紹介する記事
「副鼻腔炎の手術をしたいけど、忙しくて入院できない…」

そんな理由から、副鼻腔炎の手術を諦めている人はいませんか?かつては入院が必要だった副鼻腔炎の手術ですが、医療機器や技術の発達により、日帰りでの手術が可能になりました。

今回は、副鼻腔炎の日帰り手術ができる耳鼻咽喉科を東京・大阪・福岡の3都道府県別に3件ずつご紹介します。

問題提起から入る冒頭文のバリエーションのひとつとして、ときには問いかけの前にユーザーの声を代弁するようなセリフから書き出すのも効果的です。

記事に親しみやすい印象を与え、ユーザーがスムーズに入り込むことができます。

4.一般的な認識を覆す情報を盛り込む

格安で全身脱毛ができる美容脱毛エステを紹介する記事
毛深いことが悩みだけど、全身脱毛は高額で手が出ない…と諦めていませんか?確かに、以前は40万〜50万円と高額だった全身脱毛。

しかし現在では20万円前後で全身ツルツルにできる脱毛サロンが増えているんですよ!

「一般的には◯◯と思われがちだが、実は●●である」といった、一般的な認識、常識を覆す書き出しから始まる冒頭文です。具体的な料金を示すことで「ほんとうにそんな値段で全身脱毛できるの?」と、ユーザーの興味をひきます。

まとめ

記事が読まれるか読まれないかは「書き出しで全て決まる」と言っても過言ではありません。

今回は文章の書き出しで気を付けなければいけない3つのポイントと、すぐにでも使える簡単なテクニック4例と基本的なことをご紹介しましたが、書き出しはアイデア次第で色々な工夫をすることが出来ます。文字を大きくする、印象的な画像を使う、装飾を入れるなど、幅は広いです。

こうじゃなければいけないというルールはありませんので、是非一度「どうすれば興味を持ってもらえるのかな?」と自分自身でも考えてみて下さい。

記事の主旨・得られる結果を明確かつ簡潔に示した書き出しで、ユーザーの心を掴む「読みたい記事」を意識することが大切ですね。

最短で月100万円を稼ぐアフィリエイト成功法5ステップ

資金、人脈、経験、全て0からアフィリエイトに取り組み、瞬く間に月100万円の報酬を獲得した稼ぐために必要な作業工程を5つのステップに分けて全て“無料”で公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の頃に起業を目指す。上場企業を含む営業会社を3社経験、その後マーケティング会社の取締役を経験する。Webマーケティングの中でもDRMやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチに精通し、ローンチ経験は14回、累計の売上高は10億円を大きく越え、現在はそれぞれの手法をMIXして売上を伸ばすことを得意としている。コピーライティングとマーケティングが専門分野。2015年6月株式会社ウェブエンジンを創業。