LINE@でアプリからメッセージを配信する手順

最近、アフィリエイトや情報ビジネスで積極的に活用されているツールが「LINE@」です。先日もLINE@については記事を書かせて頂いたので、まだアカウント開設が済んでいない方は是非こちらもご覧ください。

最近流行りのLINE@って何?アカウントの作り方から使い方まで順番に解説します!

2017.05.08

LINE@はネットビジネスで今後ますます活用されていくであろう伸びのあるメディアです。もうアカウントは作りましたか?まだだったら早い開設がオススメですよ!

さて、そんなLINE@ですが、メールマガジンの配信とは違い、LINE@はスマホで片手間でメッセージを一斉配信することが出来ます。メールマガジンの場合はメモ帳などを使わないと難しいですが、LINE@なら可能です。気楽にメッセージを配信出来るのもLINE@の強みの一つですよね。

そこで今回の記事では、LINE@でメッセージを配信する手順について解説していきますね。最初はわかりづらいと思うので是非この記事を活用して配信してみてください。

スポンサー:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

パソコン初心者でも最短30分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当の教材が今回無料とのことですので、これは貰わないと損です。
■無料:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

メッセージ配信するまでの3つのステップと応用編

では早速、LINE@のアプリからメッセージを配信する手順と、便利な応用編について解説していきますので、参考にしてください。

ステップ1:メッセージ配信の画面を開く

まずLINE@アプリを開いて「管理」のタブを押すと、真ん中に「メッセージ」という項目が出てきます。

LINE@アプリでメッセージを配信する

こちらです。この「メッセージ」をタップしてください。

ステップ2:新規メッセージを作成する

すると以下の画面が出てきます。

新規メッセージ

この画面に出てくる「+新規メッセージ作成」を選択しましょう。すると…以下の画面が出てきます。

メッセージをタップ

上記の画面にある「メッセージ」を選択しましょう。

ここにメッセージを入力する

次にメッセージを打ち込める画面が出てきますので、通常のLINEのように入力して「送信」を押しましょう。メッセージの入力が終わったら、右上の「完了」を押すと前の画面に戻ります。

「LINE@ならスマホだけで一斉配信が出来てしまう」がこの記事の趣旨ですが、慣れるまではパソコンのメモ帳などで原稿を作って、それをコピペした方が確実で良いと思います。ただ、ここでパソコンが登場するならパソコン側のLINE@マネージャーを使った方が良いという話になりそうですが…(笑

ステップ3:メッセージを送信する

送信しても良ければ、一番下の「送信」を押しましょう。

メッセージを送信する

ここで「送信」をタップするとフォロワーにメッセージが送信されます。予約設定をしていない場合は即時配信されるのでご注意下さい。

応用編:予約配信をする

もし予約配信をしたい場合は、最初に「送信時間の予約」をONにしておきましょう。

送信時間の予約

この画面で「送信時間の予約」をONにします。

LINE@の配信時間を設定する

すると、日付・時間を設定する項目が出てきますので選択してください。

任意の時間を設定する

時間を設定する画面になりますので、希望の配信時間を設定して「保存」してください。

保存で予約配信を完了させる

「保存」を押すと前の画面に戻りますので、設定を確定させる場合は「送信」を選択します。

以上で予約配信の設定は完了です。メッセージ配信で難しい操作はありませんから、誰にでも活用できます。まずは実際に操作してみて、手順を確認してみてください。

LINE@でメッセージ配信をする注意点

メッセージ配信をする際の注意点があります。注意点を理解していた方がスムーズにメッセージ配信もできますし、後々のリスクも回避できますから必ずご確認ください。

メッセージは500文字以内を3つまで

LINE@で送れるメッセージは「500文字以内を3つまで」となっています。ですから、あまりに長文になり過ぎると文章を削らなければいけません。作り終わった後で文章を削るのは大変ですから、予め「500文字以内を3つまで」と理解した上で文章を作りましょう。

スタンプや画像もメッセージの一つとしてカウントされるので要注意

無料プランは1000通が上限

LINE@を無料で利用する場合は、メッセージ配信は月1000通までと決まっています。例えば10人登録者がいるとして、1回送信すると10通送られたというカウントになります。ですから、登録者が10人いる場合は100回の送信が上限です。送信回数も間違えないように気をつけましょう。

ユーザー数や配信数を増やしたい場合は有料プランを契約することをオススメします。

規約違反にならないように気をつける

LINE@で最も怖いのが、規約違反でアカウントが停止されてしまうことです。

規約違反でアカウントが停止されれば、せっかく積み上げてきたものが一気にパァーになってしまいます。規約違反を犯さないように、十分注意を払いながら運用していかなければいけません。

最も犯してしまうミスとしては、メッセージ内にアフィリエイトURLを入れてしまうことです。これは「第三者のための広告媒体として利用する行為」と見なされて、アカウント停止の対象となりますので注意してください。

他にも「なりすまし」などの不正な使い方をすると、アカウント停止の対象になります。規約を守った使い方をしていきましょう。

今のところアフィリエイトをしてアカウントを停止されたという事例は耳にしてないです(2017.05.20時点)。ただ、違反していると過去の経験からまぐまぐやアメブロのように突如削除される可能性が高いと思います。なのでアフィリエイトはしないことをオススメしたいですね。ホント要注意です。

まとめ

今回は、LINE@でのメッセージ配信の手順について解説しました。

お気づきの方もいるかもしれませんが、最近LINE@の記事を書いているのは、それだけビジネスシーンで活用できる有効なツールだからです。実際、LINE@をメイン媒体にして稼いでいるアフィリエイターもいるくらいですから、まだアカウントをもっていない方は早めの作成をオススメします。

これからの時流を考えると、メルマガとLINE@の両方を使いこなすことが、ビジネスをする上で非常に重要になってきます。ぜひLINE@を情報発信に活用して頂けたらと思います。

【アフィリのプロ大田賢二×アフィリエイトJAPAN】
SNSで日給3万円稼ぐ方法を期間限定無料公開中

資金、人脈、経験、全て0でもSNSを上手に使えば日給3万円を楽々稼げてしまうということを知ってましたか?今回特別企画としてそのやり方を全て“無料”で公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。19歳の頃に起業を目指し、営業会社を3社経験。その後フリーのコピーライターとして活動し、セールスレターは年間40件、メールマガジンは100件超を担当。前職はインフォ業界のトップ5に入る会社にて取締役営業統括本部として活動。Webマーケティングの中でもダイレクト・レスポンス・マーケティングやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチフォーミュラに精通。2013年5月に同社退職。同年6月より長年の夢だった独立を果たし、マーケターとして活動をしている。