最近流行りのLINE@って何?アカウントの作り方から使い方まで順番に解説します!

LINE@を知ってますか?

LINE@は多数のLINEユーザーにメッセージを一斉配信出来る配信ツールです。メールマガジンのLINE版と言えばイメージしやすいかもしれません。名前は似ていますが、「LINE@」と「LINE」は異なるアプリでありツールです。念のため。LINEは友達や家族とのコミュニケーションツール。LINE@はメッセージ一斉配信ツールです。

そこで今回の記事では、最近ネットビジネスでも活用され始めているLINE@について、初心者向けに丁寧に解説していきたいと思います。今LINE@はネットビジネスに限らず、様々なビジネスで活用され始めているツールですから、ぜひ活用することをオススメします。

スポンサー:98,000円相当の月収30万円キットが無料

パソコン初心者でも最短30分で初報酬が発生し、1日たった2時間で月30万円稼げる方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当のものが無料ですので、是非早めのチェックをオススメします。
■無料:98,000円相当の月収30万円キットが無料

LINE@ってなに?話題のLINE@を徹底解説!

繰り返しになりますが、LINE@は登録してくれた方のLINEに、メッセージを一斉配信することができるアプリです。

LINE@にはステップメールのような機能はありません。

基本的にはメッセージを一斉に配信したり、ホームに記事を投函して登録者に見てもらうのが基本的な使い方になります。主に自社商品の告知やイベントの告知に利用します。ブログを運営している方は新記事アップのお知らせなどにも活用出来ますね。

LINE@のメリット

なぜ今LINE@を取り入れた方がいいかというと、LINEユーザーの急激な増加が背景にあるためです。今までは攻め型のメディアはメールマガジンだけでしたし、多くの方がメールをコミュニケーションツールとして愛用していました。しかし今はメールは少数派となり、手軽なLINEにみんな移っている状況です。

そのため、これからはメールマガジンとLINE@のダブル活用が定番になると考えた方が良いです。

また、LINE@はメールマガジンには無い強烈なメリットがあるため、活用しない手は無いわけです。以下順番に解説していきましょう。

ユーザーへの到達率が基本100%

LINE@のメリットの1つ目は「到達率」が高いことです。

ブロックされない限り100%届きます。

メールアドレスと違い、迷惑メールフォルダに振り分けられることもありません。届かないということがまずないのです(もちろんブロックされたら届きませんが)。メルマガを発行する際は、どんなに到達率が高くても100%ということはありません。しかも配信すればするほどフィルターが強くかかり、到達率はどんどん下がっていくのが普通です。

全員にメールが届いてほしいものですが、技術的に難しいのです。

なので到達率で考えると、LINE@はメールマガジンの圧倒的上を行くツールと言えます。

開封率が圧倒的に高い

LINE@のメリットの2つ目は「開封率が高いこと」です。一部のデータでは、メッセージ開封率が60%以上。さらにメッセージ内のURLをクリックしてくれる確率が25%以上。このようなデータもあります。これはメルマガと比べても圧倒的な高さです。

元々LINEはコミュニケーションツールとして使われていますから、LINEにメッセージが届くとユーザーもつい開封してしまうのです。開封率が高いということは、こちらのメッセージを読んでくれる確率が高いということになります。これはビジネス展開をしていく上で、非常に有利になるのは言うまでもありませんね。

0円からスタートできる

初心者にも嬉しいのが、LINE@は無料で始めることができます。メルマガの配信スタンドのように、有料のものでなくても十分にビジネスはスタートできます。月に1000通までは無料です。

LINE@のデメリット

では反対にLINE@のデメリットもチェックしておきましょう!全部が全部良い訳ではないので、要注意です!

無料の場合は配信数に上限がある

気をつけたいのが、無料でLINE@を使用している場合は、配信数に上限があるということです。1ヶ月で1,000通までが上限で、ホームへの投函も月4回までと制限があります。

例えば100人がLINE@に登録してくれていたとしたら、1回メッセージを送ると100通配信したとカウントされます。つまり100人の登録者がいると、実質月10回しか送れないということですね。誤解されやすいところなので、間違えないようにしましょう。

ちなみにLINE@の料金はこのようになっています。

LINE@の料金体系
  • フリープラン:月1000通まで0円
  • ベーシックプラン:配信数無制限フォロワー5,000人まで
  • プロプラン配信数無制限フォロワー10,000人まで(追加機能あり)
  • プロ(API)プラン配信数無制限フォロワー10,000人まで(追加機能あり)

このように区分けされていますので、1000通までは無料で試してみて、良ければベーシックに乗り換え、さらによければプロに乗り換えというイメージで進んでいくと良いと思います。私の情報では最後のプロ(API)だけがステップ配信システムに対応していたと思います…が、現在確認中です。

ブロックされやすい

LINE@のデメリットの2つ目は「ブロックされやすい」ということです。

コミュニケーションツールとして活用している性質上、頻繁にメッセージを送り過ぎると「うざい」と感じられて即ブロックの対象になります。LINEの場合は、ユーザーが簡単にブロックできてしまいますからメルマガとは性質が違うことを理解しなければいけません。

また、一度ブロックされたら基本的には二度と解除はされないと考えた方が良いです。

LINE@は何ができるのか?代表的機能を解説

以下は、LINE@で出来る代表的な機能の一覧です。

一括メッセージ送信

一斉配信

(これはLINE@のPC管理画面です)

通常のLINEではグループを作らないと、大勢に対して一斉での配信はできません。しかしLINE@ではグループをわざわざ作らなくても、友だち登録してくれている方全員にメッセージを届けることができます。

また予約投函もできますから、リアルタイムで送信する手間も省けるので便利です。

友だち登録してくれたユーザーとの1対1のトーク

ユーザーとトークが出来る

(これはLINE@のPC管理画面です)

LINE@では通常のLINEと同じように、友だち登録をしてくれた方と1対1のトークを行うことができます。1対1のトークを使うと、より信頼関係を築きやすくなります。

しかし、1対1のトークは当然返信の手間がかかりますから、ビジネス戦略上使わない方も多いです。1対1のトークを行わない場合は、設定の「応答モード」にある「1:1トーク」をOFFにしておけばOKです。

友だち登録時の自動返信メッセージの設定

自動返信メッセージ

LINE@に登録してくださった方に、自動でメッセージを送ることができます。重要な部分ですから、詳しくはLINE@の使い方で説明しますね。

タイムライン投函

タイムライン投稿

通常のLINEと同じように、タイムラインに投函する機能があります。メッセージでは送りきれないような長文を書きたい場合は、非常に役立ちます。

LINE@を立ち上げると、下にホームという項目があります。クリックすると投函画面が出てきますので、そこからタイムラインに投函することができます。

クーポンの発行

クーポン発行

LINE@では、管理画面から「クーポン」を発行することができます。飲食店や店舗系のビジネスをしている方にとっては、重宝する機能と言えるでしょうね。

LINE@の使い方(スマホから登録する場合)

それでは、具体的なLINE@の使い方について解説していきます。業種などによっても使い方は様々ですので、ご自身のビジネスに合った活用をしてくださいね。

(※1:以下はスマホアプリからLINE@を導入する手順です。同様の流れでパソコン側からも登録することが出来ます)

(※2:LINEアカウントを持っていない方は、このステップに入る前に個人のLINEアカウントを作成しておく必要があります)

1.LINE@をインストールする

LINE@を始めるためには、LINEとは別に「LINE@のアプリ」をインストールする必要があります。ですから、まずはじめにLINE@をインストールしましょう。Google PlayまたはAPP Storeで「LINE@」「LINEat」と検索するとLINE@のアプリが出てきます。

では、LINE@をインストールしましょう。「入手」を押すと「インストール」にボタンが変わるので、インストールを押してください。

アプリをインストールする

2.アカウントを作成する

インストールが終わったら、早速LINE@のアプリを開いてみましょう。アプリを起動すると最初の画面で「ようこそ」と出てきます。

LINE@へようこそ

開くと画面を右側にスライドしてください、すると画面が切り替わります。

友達を追加 1:1トーク メッセージの送信

「LINE@を開始する」という画面が出てきたら、クリックしてください、

LINE@を開始する

すると「LINE 始める」という項目と「LINEログイン」という項目が出てきます。

LINEを始める LINEログイン

LINEアカウントがある方がほとんどだと思いますので、ここでは「LINEログイン」を選択します。LINEログイン画面が出てきますので、今お持ちのLINEに登録しているメールアドレスとパスワードを入力してください。すでにログイン済みの状態にある方は上の「LINE始める」でOKです。

LINEアカウントを持っていない方は、このステップの前にLINEアカウントを作成しておく必要があります。

LINEログイン

次の画面では、LINE@の注意事項に同意を求められます。注意事項を読んで問題なければ「同意する」を押してください。

LINE@の利用規約

同意するを押すと「年齢確証」の画面が出てきます。契約しているキャリアの名前が出てきますので、そこから年齢確証を行ってください。キャリアがNTT docomoの場合はこのような画面になります。

NTTドコモの場合の年齢認証

次はプロフィール画面です。名前、画像、主業種、副業種の4項目は、すべて入力必須になっています。入力が済んだら「登録」をタップしてください。

業種を選択

全ての項目を入力すると、このようになります。入力が終わったら「アカウント作成」を押してください。

LINE@ アフィリエイトJAPAN

利用規約への同意が求められますので、左側のチェックを押してください。

利用規約とガイドライン 利用規約とガイドライン

以下の管理画面が出てきたら、登録作業は完了です。

LINE@管理画面

3.管理画面からプロフィールを設定する

ビジネスで本格的に活用していくのであれば、管理画面からより細かくプロフィールを設定していきましょう。ステータスメッセージやホーム画面の写真などですね。設定する写真もちゃんとしたものを用意すると、登録者に対しての信用度がアップするのでオススメです。

当サイトもこれからLINE@専用の素材を用意して、設置する予定です。

4.友だち追加時あいさつを変更する

LINE@への登録者に、自動的に送られるメッセージが「友だち追加時あいさつ」です。メルマガで言うと、登録時の自動返信文ですね。

変更しなければ、初期で設定していたメッセージが自動的に送られる仕組みです。

これは非常に重要な項目ですから、ご自身のビジネスに適したメッセージに変更しましょう。変更方法は「管理」のタブから「プロフィール」を選ぶと「友だち追加時あいさつ」という項目が出てきますから、そこから変更が可能です。

友達追加時あいさつ

こちらが「友だち追加時あいさつ」の初期画面です。以下のメッセージが友だち登録時に送られるようになっています。

友達追加時あいさつ

メッセージを長押しタップすると、削除という項目が出てきます。そこからメッセージを削除できます。好きなメッセージに変更しましょう。通常のLINEのようにメッセージを打ち込んで「送信」を押し、最後に右上の「完了」を押せば登録できます。

「友だち追加時あいさつ」では、1度に最大5つまでメッセージを送ることができます。1つのメッセージの上限は500文字まで。文章量には気をつけましょう。

さらに文章以外にも写真や画像、クーポンなどを送ることもできます。最大5つまでメッセージが送れると言いましたが、写真、画像、クーポンなども1つにカウントされるので注意してください。

使い方を考えて、どのようなメッセージや画像を送るのかを決めていきたいところですね。

5.LINE@への登録者を増やす

各種設定が済んだら、LINE@への登録者を増やしていきましょう。

LINE@への登録者を増やす方法は、大きく分けると3つあります。

  1. 発行したQRコードをスマホのカメラで読み込んで友だち追加してもらう。
  2. 友だち追加用のURLを発行し、そのURLをクリックしてもらい友だち追加してもらう。
  3. LINE@のIDを検索してもらい友だち追加してもらう。

この3つの方法になります。QRコードやURL、IDの確認方法は左下の「友だち」をクリックしてください。各項目が表示されます。

QRコード

使い方としては、ブログやメルマガに登録用のURLを貼ってもいいですし、ブログにQRコードを貼って読み込んでもらってもOKです。

最近では、SNSにLINE@の登録URLやIDを貼って、LINE@へ誘導しているアフィリエイターも増えていますね。TwitterやYouTube、Facebookなどでよく見かける光景になりました。

6.登録者へ情報発信する

次のステップでは、いよいよ登録者に対して情報発信を行っていきます。メッセージの配信は文字制限がありますので、長文になるようでしたらホームへの投函もうまく活用すると良いでしょう。

メッセージ配信では簡単な説明だけにして、そこからホーム投函した記事に誘導するのも一つの手です。色々な使い方ができますし、テストして自分に合ったやり方を見つけていくことをオススメします。最近では、メルマガをやらずにLINE@中心にビジネス展開しているアフィリエイターも出てきているくらいです。私はLINE@だけに頼るやり方は推奨していませんが、プラスαでLINE@を活用するのは効果的だと考えています。

LINE@を使う際の注意点

LINE@を使う際に注意したいのが“規約違反”です。

ネットビジネスでも有効活用できるLINE@ですが、規約違反をしてしまうとアカウント停止処分になる可能性もありますから注意が必要です。アカウント停止になると、大惨事です。

色々な規約違反がある中で、最もやってしまいがちなのが「第三者のための広告媒体として利用する行為」です。つまり第三者の商品やサービスをLINE@で宣伝してしまうと規約違反になってしまい、アカウントが停止されてしまいます。

ですからLINE@に直接アフィリエイトリンクを貼るのはアウトということですね。規約は一度目を通して、規約違反にならない運用を心掛けましょう。

メルマガ登録者も同時に増やすことを忘れない

LINE@が規約違反や規約変更によって使えなくなった場合を想定して、メルマガ登録者も同時に増やすことを忘れないようにしましょう。メルマガに登録してもらっている読者に関しては、規約違反などで配信ができなくなることはありません。メルマガリストを持っていることで、リスクヘッジにも繋がります。

これらの理由から、私はLINE@だけでビジネス活動をするのはオススメしていません。リスクが高過ぎるからです。

LINE@を上手に活用しているアフィリエイターは、そのこともよく理解しているので、メルマガ読者を増やす努力も怠りません。LINE@の良い面だけではなく、リスク面も把握した上で活用するようにしましょうね。

アフィリエイトJAPANもLINE@を作成しました!最新情報をお届けしていくので是非ご登録下さい!

友だち追加

QRコードでの読み込みが便利です!

まとめ

以上が最近注目を浴びているLINE@の使い方です。LINE@を上手に使えると、ビジネス展開に有利に働くのは言うまでもありません。

近年では、プロダクトローンチを行う際もLINE@に登録してもらい、成約率をアップさせるのが主流のやり方になってきました。それだけLINE@を使った方法は、効果があるということです。ぜひ、これからのアフィリエイト活動にも有効活用してくださいね。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。19歳の頃に起業を目指し、営業会社を3社経験。その後フリーのコピーライターとして活動し、セールスレターは年間40件、メールマガジンは100件超を担当。前職はインフォ業界のトップ5に入る会社にて取締役営業統括本部として活動。Webマーケティングの中でもダイレクト・レスポンス・マーケティングやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチフォーミュラに精通。2013年5月に同社退職。同年6月より長年の夢だった独立を果たし、マーケターとして活動をしている。