大量のタイトルタグ重複を生み出す悪の枢軸「?img=link」の正体とは?

GoogleのWebマスターツールで「タイトルタグの重複」が240件あることが発覚しました!

タイトルタグの重複はペナルティの対象項目です。それが240件もあるとすれば、それはいつGoogle8分が起きてもおかしくない状況です。

リサーチを重ねた結果、原因と対策がわかりましたので、この記事でシェアします。

これは誰にでも起こりえることですから、是非これを機にWebマスターツールのタイトルタグ重複をチェックしてみてください。

(photo credit: Alex E. Proimos via photopin cc)

スポンサー:1日たった2時間月30万円を稼ぐ方法

パソコン初心者でも1日たった2時間で月30万円稼げる方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

期間限定の企画ですので、是非早めのチェックをオススメします。
■無料:1日たった2時間で月30万円稼げる方法

タイトルタグの重複が240件…。

まずはこちらを御覧ください。

20131119
タイトルタグの重複、240件とあります。

これを見てヒヤリ…とした人はGoogleのことをかなり勉強していると思います。私はこの数字を見て冷や汗どころか、心臓をドキドキさせながら対策を探したほどです。

この数字が良いのか、悪いのか…でいうと、“最悪”の部類に入ります。

なぜ最悪なのかというと、タイトルタグの重複はGoogleガイドラインでも良くないとされていて、いつ、どのタイミングでペナルティを受けてもおかしくない状況なんですね。

■Googleガイドラインより引用

『同じタイトルや定型文を使用したタイトルは避ける。サイトのそれぞれのページに異なる具体的なタイトルを付けることが重要です』

ただ、不思議なのが、これだけ毎記事タイトルを考えて作っているのに、なぜ240件も重複するのか?ということです。

普通に考えたらありえないことです。

アフィリエイトJAPANの記事数は間もなく、350件を迎えるわけですが、その内240記事のタイトルが重複。これはありえませんよね?

…ということは何か他のシステムエラーが起きていると考えるのがベターです。

そして調べてみると、タイトルが重複しているURLにはある決まった共通点がありました。

 

タイトルが重複しているURLのある共通点とは?

それがこちらです。

20131119-2
この画像を見ると、どういう重複を起こしているかがわかります。

本来のページURLが、

  • /archives/1000

なのに、なぜか、

  • /archives/1000?img=link

このURLが勝手に生成されており、「?img=link」付きのURLがタイトル重複を起こしていたという状況だったのです。

つまり、悪さをしているのは、「?img=link」。これで断定です。

原因がある程度見えたら、後は簡単です。「?img=link」がどこからきたものかを探せばOKです。

こちらの記事が参考になりました。

URL末尾に「?img=link」、Googleが重複インデックス

ところで「?img=link」の原因なんですけど、WordPressで作ったサイトにケータイ表示用のプラグインを入れていると付与されるパラメータみたいでした。

ということで、探してみたところ、Wordpressプラグインの「Ktai Style」が原因だと判明。

Ktai Styleはガラパゴス携帯でもブログを見やすいように表示を適切に変えてくれるプラグインです。

でも最近、ガラパゴスの人は本当に少ないですし、ガラパゴス経由のアクセスって本当に皆無なんです。なので不要!と判断しました。早速このプラグインを削除。これで問題解消です。

後はクローラーに読み込まれるまで待機です。これでほぼ全てのタイトル重複は防げるはずです。

とりあえず1,2週間待って、改善されたかどうかをチェックすることにします。

 

その後、3日経過…。

3日が経過しました。おぉ!タイトルタグの重複が減り始めています!

20131122

 

その後、一週間経過…。

順調にタイトルタグの重複が減り続けていますね。

20131127

 

その後、12日間経過…。

2013-12-06_09h17_48

「Ktai Style」の削除は対策としてバッチリだったようです。

 

WordPressはたまにこういうことがあるらしい…

WordPressはリンクが自動生成されるシステムなので、プラグインを活用することで意味不明なパーマリンクを出すことが稀にあるようです。

記事を一つポストすれば、自動で様々なシステムが動き出して、勝手にブログが構造化されていくというそのWordpressの動きは凄いです。

ですが、その分タイトル重複とか、意味不明なURLを吐き出していないかとか、そういう部分は定期的にチェックが必要ですね。ペナルティを受けてからでは遅いですからね。注意しましょう。

最近のGoogleはシステム上生成された重複リンクを認識するようで、大した問題では無いという見解もあるようですが、やはり管理画面で「タイトルタグ重複○○○件」と書かれると不安になります。重複はダメよとガイドラインでも書かれていますし。

もし、私と同じ問題を抱えている人がいたら、今回の対策を試してみてください。

きっと役に立つはずです。

また、念のため、初心者向けにタイトルタグの重複チェックの仕方を掲載しておきます。是非参考にしてください。

 

タイトルタグの重複はどこでわかるのか?

タイトルタグの重複の数を把握するためには、GoogleのWebマスターツールにサイト(またはブログ)を登録しておく必要があります。

まずはこちらから登録しておきましょう。

Google Webマスターツール

Google Webマスターツールに登録すると、WebページがGoogleにどのような評価を受けているかわかるようになります。また、インデックスをこちらからプッシュすることが出来たり、不要なページのインデックス削除依頼を行うことも出来るため、登録は必須です。

登録したばかりのWebページは、状態が反映されるまで3日~10日程かかります。タイムラグがあるので反映されるまで待ちましょう。

登録が済んで、状態が反映されたら、タイトルタグをチェックしにいきます。

 

1.調べたいWebページを選択する

Webマスターツールには複数のWebページを登録出来ます。まずは調べたいWebページを選択することからです。

2013-11-27_09h46_32

 

2.検索デザイン>HTMLの改善の順番でクリック

左メニュー「検索デザイン」をクリックした後、「HTMLの改善」を選択します。

2013-11-27_09h51_41

 

3.「タイトルタグの重複」をチェックする

「HTMLの改善」をクリックした後、表示されたページで「タイトルタグの重複」をチェックできます。こちらです。

2013-11-27_09h54_36

現在144件と表示されていることがわかります。

 

まとめ

WebマスターツールはWebサイトの診断表と捉えるとわかりやすいです。

問題があれば該当箇所の数値が増え、対策をすれば該当箇所の数値が減ります。お酒を飲めば尿酸が上がり、禁酒すれば下がるのと一緒ですね。

私は基本毎日アクセスし、主要データは常にチェックするようにしています。

特にチェックが必要なのは、

  1. HTMLの改善(エラー発見に役立つ)
  2. 手動による対策(気づかぬ内にスパムSEOをしていないかチェック出来る)
  3. クロールの統計情報(クローラーの情報を入手出来る)
  4. 検索クエリ(検索エンジンで表示された回数がわかる)
  5. サイトマップ(インデックス数がわかる)

これら5つですね。常時チェックしておいた方が良いです。

どこかおかしければ、すぐに対策を探し、対処するようにするようにしましょう。上手に活用することでアクセスもスムーズに伸びていくはずです。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。19歳の頃に起業を目指し、営業会社を3社経験。その後フリーのコピーライターとして活動し、セールスレターは年間40件、メールマガジンは100件超を担当。前職はインフォ業界のトップ5に入る会社にて取締役営業統括本部として活動。Webマーケティングの中でもダイレクト・レスポンス・マーケティングやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチフォーミュラに精通。2013年5月に同社退職。同年6月より長年の夢だった独立を果たし、マーケターとして活動をしている。