コンテンツSEOに使いたい!「SEOチェキ!」の検索上位のサイトチェックツール

コンテンツSEOという言葉が主流になってからキーワードを狙って記事をポストするシーンが増えてきましたね。そんなシーンで是非活用したいツールがあったのでご紹介。それが「SEOチェキ!」の検索上位サイトチェックツールです。

狙っているキーワードで上位表示されているサイトを調べる時に便利。重宝します。

スポンサー:1日たった2時間月30万円を稼ぐ方法

パソコン初心者でも1日たった2時間で月30万円稼げる方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

期間限定の企画ですので、是非早めのチェックをオススメします。
■無料:1日たった2時間で月30万円稼げる方法

検索上位サイトをチェックする意味

まずは基本的なことから説明していきます。

なぜ狙ったキーワードで検索上位のサイトをチェックしなければいけないのか?というと、Googleが「よりキーワードにマッチしているページを上位表示する」という仕組みを使用しているからです。上位表示を狙うために、既にマッチしているページを研究するためにチェックするわけですね。

この時にGoogleがどういう指針(アルゴリズム)で上位表示を行うかというと、正確には公表されていません。しかし、一般的に言われているのは

  • 検索ページでのクリック率
  • 平均ページ滞在時間
  • 同サイトの2ページ目を読みに行く回数
  • 被リンク
  • 内部リンク

などが良く議題に上げられています。これらのスコア(数値)が高ければ高いほどGoogleに良いサイトと判断され、検索結果でも上位に表示されるという仕組みです。

つまり、検索上位サイトをチェックする意味とは、

「狙ったキーワードでの検索上位サイトの品質をチェックする」

そのために行うわけです。

“敵を知り己を知れば百戦危うからず”という名言は孫氏の有名な言葉ですが、これと同じです。ライバルサイトと自サイトとの差を知るために検索上位サイトをチェックするわけですね。

 

手作業で一つ一つ調べていくのはとても面倒…

しかし、ライバルサイトのリサーチはやってみるとわかりますが面倒です。狙ったキーワードで検索する、上位に表示されているサイトを「新しいタブで開く」などをしてとにかく開く、各ページで書かれている内容と、各ページのSEOスコアをチェックする…というこの作業は本当に面倒です。

そこでこのストレスを解消するために使いたいのがSEOチェキ!の「検索上位サイトチェックツール」なのです。

 

検索上位サイトチェックツールとは?

こちらが検索上位サイトチェックツールです。

2014-04-01_11h42_15

このツールがあれば、検索窓に狙ったキーワードを入力するだけで検索上位サイトのリサーチが可能です。試しにアフィリエイトと入れた場合、このように表示されます。

Googleページランク、Yahoo!カテゴリの登録の有無がスグにわかり、ご親切にSEOチェキでチェックするためのリンクも用意されています。

2014-04-01_11h43_49

最近GooglePRは更新されていないので、その信ぴょう性は若干あやふやです。ですが、過去の実績として判断の指針にはなると思います。

また、ライバルサイトをSEOチェキでチェックする作業も簡単で良いですね。今後キーワードで上位表示を狙いたい場合、SEOチェキの検索上位サイトチェックツールを活用するのも一つの方法と思いました。

 

まとめ

こういう便利なツールは良いですね。もっとたくさん欲しいです。

オススメなのはこのページはブックマークしておき、いつでも開けるようにしておくことです。するとふと思いたった時にスグに調べられるので便利です。

とりあえず、まずはこのツールを使ってみてください。その素晴らしさにきっと驚くはずです。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。19歳の頃に起業を目指し、営業会社を3社経験。その後フリーのコピーライターとして活動し、セールスレターは年間40件、メールマガジンは100件超を担当。前職はインフォ業界のトップ5に入る会社にて取締役営業統括本部として活動。Webマーケティングの中でもダイレクト・レスポンス・マーケティングやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチフォーミュラに精通。2013年5月に同社退職。同年6月より長年の夢だった独立を果たし、マーケターとして活動をしている。