WordPressのテーマを安全に変更する方法

WordPressは、誰でも簡単にサイトデザインを変更できるのが大きな特徴であり、メリットでもあります。

WordPressは自分の成長に合わせて、それぞれのステップでテーマを変えたくなるものです。もっと自分らしさを表現したいとか、もっと読者に読みやすいブログに手直ししたい等々、好みのテーマに変更したくなった時が新しいテーマへの乗り換え時と言えます。

この記事では、既存のテーマから、既にインストールした別のテーマに変更する方法と、変更前と変更後でそれぞれやっておくべきことを解説していきます。


[ノウハウ]たった1記事で20,000いいね&51万PVを集めた方法公開

立ち上げから7年。長年蓄積し続けたアフィリエイトJAPANのメディア運営ノウハウを全て公開します。
  1. 好きな事×メディア運営で月20万円稼ぐ仕組み
  2. たった1記事で2万いいね&51万PV集めた方法
  3. Youtubeチャンネル登録者数5万を得るステップ
  4. Twitter1万フォロワー獲得のやり方
ツール無し、裏技無し。数字がぐんぐん伸びるメディア運用ノウハウ全て公開。
■無料:たった1記事で2万いいね&51万PVを集めた方法公開

ワードプレステーマ変更手順まとめ

変更は次の6つの手順通りに進めればOKです。

  1. 変更前にバックアップを取っておく
  2. テーマ一覧のページにアクセスする
  3. 事前にインストールしておいた変更したいテーマを選ぶ
  4. ライブプレビューで確認しながら、表示を調整する
  5. 有効化して公開する
  6. 変更後に確認すべきポイントのチェックを行う

それでは早速解説して行きます。

変更前にバックアップをとっておこう

変更前には必ずデータのバックアップをとることをおススメします。

というのも、万が一テーマの変更が原因でWordPressにアクセスができなくなってしまった場合、バックアップデータがあれば元の状態に戻せるからです。

データのバックアップ方法は様々ありますが、プラグインを使う方法なら初心者でも安全・簡単にバックアップが可能です。

プラグイン「Back WP up」を使ってバックアップをとる

バックアップ用のプラグインは「Back WP up 」というプラグインがおススメ。手軽にWordPressのファイルからデータベース上のデータまで、丸ごとバックアップが取れるので、万が一の場合にも対応できます。

「Back WP up」でバックアップをとる具体的な方法は、改めて記事を用意するのでお待ちください。

サーバーを使ってバックアップを取る方法
エックスサーバーを利用していれば、エックスサーバー側で自動的にバックアップを取ってくれているので、こちらも事前に確認しておきましょう。更に確実にテーマの入れ替えを始めることが出来ます。

またエックスサーバー以外にも、さくらサーバーやロリポップサーバーなど、バックアップサービスに対応してくれるサーバー会社があるので、事前に確認しておくと良いです。

テーマ一覧の画面にアクセス

WordPress のダッシュボード(管理画面)の左メニューから「外観 → 「テーマ」をクリックして、テーマ一覧の画面にアクセスしましょう。

上記の画面は既にインストールしているテーマが一覧で表示されいる状態です。テーマの左下に「有効」という表示があるテーマが「現在使用されているテーマ」です。

ここでは1例として現在使用中テーマのTwenty Nineteenから右隣のTwenty Secenteenへ変更する方法をお伝えしていきます。

事前にインストールしておいた変更したいテーマを選ぶ

変更したいテーマの「Twenty Secenteen」にカーソルを当てると「有効化」と「ライブプレビュー」が表示されます。ライブプレビューをクリックして、ライブプレビューを表示します。

ライブプレビューで確認しながら、表示を調整する

ライブプレビューで調整する

①のカスタマイズエリアにある各項目を、右側のプレビューを見ながら調整していきましょう。

有効化して公開する

カスタマイズを有効化する

調整し終えたら、①の「有効化して公開」ボタンをクリックし、②の×ボタンをクリックすればテーマの変更は完了です。

テーマの変更完了

変更したテーマが左上に表示され、「有効」の表示が出ていることを確認して、テーマの変更は完了です。

変更後に確認すべきポイントのチェックを行う

テーマの変更後に確認すべきポイントは3つあります。

  • アクセス解析等の計測ツールが正しく稼働しているか
  • CSSをカスタマイズしていた場合は再カスタマイズ
  • 不要になったプラグインの確認と削除

では、それぞれの詳細を解説していきます。

アクセス解析等の計測ツールが正しく稼働しているか

Googleアナリティクス、SearchConsole、GoogleAdSense等が正常に稼働しているか、確認しましょう。テーマを変更すると、稼働しなくなってしまう場合がありますので、もし正常に稼働していないようなら、再度設定を行ってください。

また、AdSenseはテーマによって設置場所が異なりますので、新しいテーマの設置場所を確認し、必要に応じて再設定しましょう。

CSSをカスタマイズしていた場合は再カスタマイズ

CSSを独自にカスタマイズしていた場合は、テーマを変更すると、変更したカスタマイズは引き継がれないので、必要に応じてカスタマイズし直す必要があります。

ダッシュボードの左側メニューの「外観」⇒「テーマの編集」から、CSSの再設定を行ってください。

不要になったプラグインの確認と削除

テーマの変更に伴って、以前使用していたプラグインが新しいテーマではもともと実装しているケースがあります。

このような場合は、放置せずに、不要なプラグインは削除するのがおススメ。無駄に動作が重たくなったり、誤作動によるトラブルを防ぐためにも、プラグインは必要最低限で使用するのが良いです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

WordPressの魅力は難しいコードが書けなくても、手軽に様々テーマに変更できるところにあります。この記事の手順に沿って進めていけば特に難しい技術も必要なく、テーマの変更ができるはずです。

またテーマには無料テーマ、有料テーマなど魅力的なテーマが数えきれないほどあります。運営していくうちに、自分自身のスキルアップに伴い、違うテーマを使ってみたくなるのが自然な流れとも言えます。

自分のお気に入りのテーマを見つけて、更に楽しみながらメディア運用を進めていきましょう。

こちらの記事もご確認ください。

WordPress テーマのインストール方法

2020/02/03

WordPressテーマを安全に更新する方法

2020/03/06

たった1記事で20,000いいね&51万PVを集めた方法公開

立ち上げから7年。長年蓄積し続けたアフィリエイトJAPANのメディア運営ノウハウを全て公開します。今の時代はメディアMIXでの集客がベストです。次の一手に是非使ってください。



  1. ■好きな事×メディア運営で月20万円稼ぐ仕組み
  2. ■たった1記事で2万いいね&51万PVあつめた方法
  3. ■Youtubeチャンネル登録者数5万を得るステップ
  4. ■Twitter1万フォロワー獲得のやり方
  5. ■メディアを活用して知名度を爆発的に高める方法
  6. ■0からメディア運用→書籍出版の実績
ツール無し、裏技無し。メディア運用ノウハウ全て公開します。

WordpressやるならXサーバーがオススメ!

当サイトはWordpressで運用しています。いくつかサーバーを利用してみた結果Xサーバーにたどり着き、すでに5年以上使い続けています。 スピード、セキュリティ、サポート…どれも最高レベルにも関わらず低コストなところがオススメです。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    19歳の頃に起業を目指す。上場企業を含む営業会社を3社経験、その後マーケティング会社の取締役を経験する。Webマーケティングの中でもDRMやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチに精通し、ローンチ経験は14回、累計の売上高は10億円を大きく越え、現在はそれぞれの手法をMIXして売上を伸ばすことを得意としている。コピーライティングとマーケティングが専門分野。2015年6月株式会社ウェブエンジンを創業。