アフィリエイターの皆さん、ふるさと納税って知ってますか?私は今年から始めてみました。その結果→この制度は凄い。

アフィリエイターの皆さん、ふるさと納税って知ってますか?

この制度、賛否両論色々ありますけど、個人的には「納税者側にはメリットしかない」と思っています。ただ、そのことに気づいたのが今年の9月、税理士さんに色々吹き込まれてそうなりました(笑 「絶対やった方がいいですよ」「やらないと損だと思いますよ」など、去年から聞いていたのでさすがにね…という感じだったので、ようやく始めた次第です。

結果、なんでもっと前からやらなかったんだろう…と今思っています…。

では今年はどんな感じで納税したのか?ふるさと納税にはどんなメリットがあるのか?をこの記事で書きたいと思います。

スポンサー:アフィリで最短30分で報酬を稼ぐ方法

パソコン初心者でも最短30分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当の教材が今回無料とのことですので、これはチェックをオススメします。
■無料:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

ふるさと納税とは?どんな仕組みなのか?

ふるさと納税って言葉は聞いたことあるけど、やったこと無い、メリットもよくわかないという人結構多いと思います。

ふるさと納税は地方の自治体に寄付することで、その寄付した分だけ翌年にやって来る税金、詳しくは所得税と住民税の還付&減額が出来るようになるそんな仕組みになってます。イメージとしては税金前払いという感じです。

実質の自己負担額は2000円。その代わり寄付した額に応じて地方の自治体からお礼品を頂くことが出来ます。

つまりこういうことです。例えば、、、

10万円分のふるさと納税をすれば、翌年10万円分から2000円(若干誤差はある)を引いた額の所得税と住民税を払わなくていい。でもお礼品は貰える。

お礼品が丸まるお得になるので、やらない理由が無いですね!

このページが仕組みを理解するのにオススメです。図解でかなりわかりやすいですよ。

確定申告が手間という人はワンストップ特例を使えばOK

ふるさと納税をやっていない人の中には「ふるさと納税をすると確定申告しなければいけないから」という理由で重い腰を上げていないという人も多いはず。

私の場合は2018年は確定申告をする予定だったので、メリットしかなかったんですけど。確定申告をする予定が無い人だと確かにふるさと納税=確定申告となり、気持ちが乗ってこないのはわかります。面倒ですよね。どう考えたって。税務署行きたくないし。なんかあそこの雰囲気苦手って人多いと思います(笑

しかしそんな人のためにふるさと納税には便利な制度があります。それが「ワンストップ特例」という仕組みです。

手続きは簡単でふるさと納税の納付先自治体に「ワンストップ特例を希望する」として申込んだあと、自治体からワンストップ特例申請書が送られてくるので、その書類+マイナンバー提供に必要な本人確認資料を郵送するだけでOK。すると納付先の地方の自治体から今暮らしている自治体に情報が届き、確定申告が不要になります!便利!

ただし、ふるさと納税のワンストップ特例を使える人は以下の条件に合致している必要があります。

ワンストップ特例を受けられる人

  1. 寄付を行った年分の確定申告をしなくてもいい人
  2. 1年間のふるさと納税の納付先が5箇所以内の人

給与所得のみの方で、住宅ローン控除や医療費控除を受ける予定の無い方(確定申告不要の方)はこの制度を使うと楽なのでオススメですね。ただ5つ以上の自治体からお礼品を受け取りたい方は静かに確定申告をやりましょう!手間はかかりますが、やってみると意外と簡単ですよ^^

会社をやっている人や、自営業の方は税理士に丸投げがオススメ。これが一番オススメ(笑

ふるさと納税するなら「ふるさとチョイス」がオススメ!

URL:https://www.furusato-tax.jp/

使ってみるとめちゃくちゃ簡単。楽天やAmazonで商品をオーダーするようなイメージで申込が出来ます。

あとは自分の収入に応じて控除を受けられる限度額まで好きなお礼品を用意している自治体に依頼をかけていきます。

自分の還付&控除限度額を知るには?

自分の還付&控除限度額を知るには、上のサイトふるさとチョイスで用意している「ふるさと納税」還付・控除限度額計算シュミレーションを使うのがオススメです。

URL:https://www.furusato-tax.jp/example.html?center_top_click

これで金額を計算して、いくらまでふるさとに納税していいかを把握しておきましょう!金額がわかればお礼品を見て、納付先を選んでいくだけです!もちろんお礼品度外視で理念で選んで納付するのもOKです!

ふるさと納税を利用して頂いたお礼品紹介します!

ではここから先は私が選んだ納付先をご紹介します^^

まだ届いていないものもあるので、一部ですが掲載していきます。

香川県高松市三木町:お米20kg

宮崎県都城市:赤霧島900ml×6本

北海道根室市:北海道産紅ズワイガニむき身1kg

北海道古平群平町:辛子明太子2kg

北海道えりも町:松前漬け(カニ、ホタテ、数の子3種各1個)×2箱

和歌山県北山村:プレミアムモルツ1箱(350ml×24本)

和歌山県北山村:エビスビール1箱(350ml×24本)

和歌山県有田市:有田みかんてんこもり1箱10kg

宮崎県宮崎市都農町:黒毛和牛小間切れ1.65kg

私は各自治体1万円~2万円で申込をしました^^

こうやって見ると何気に1つ1つにボリュームがあって凄い特典だなと思います。本来ただ黙って涙を拭いながら納めるはずの税金の一部をふるさと納税にまわすだけで、これだけの品物を頂けるのは本当に便利というかいい制度だと思います。

SHO
まだ全部届いてないので、届き次第記事に追加していきます。これからイチゴ、ぶどう、ハム、ソーセージが届く予定です^^年末年始に向けた準備ばっちり(笑

国に納税しても何に使われているのか全くわかりませんけど、地方自治体なら教育やインフラ、何に使われるかハッキリ分かりますし(ふるさとチョイスで申込をする時に用途の希望を出せる)、ただ納めるより意味がありますよね。

まとめ

今年からふるさと納税をしている人はお急ぎ下さい!ふるさと納税は納付日で起算するので来年の控除を受けたい場合は年内に納付する必要があります。どこの自治体も1週間あれば納付書が届いたり、銀行振込で対応してくれたりするので、2017年も残り半月になった今、早めの行動が大切です。

アフィリエイトで最短30分で報酬を稼ぐ方法

パソコン初心者でも最短30分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当の教材が今回無料とのことですので、これはチェックをオススメします。

WordpressやるならXサーバーがオススメ!

当サイトはWordpressで運用しています。いくつかサーバーを利用してみた結果Xサーバーにたどり着き、すでに3年以上使い続けています。 スピード、セキュリティ、サポート…どれも最高レベルにも関わらず低コストなところがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の頃に起業を目指す。上場企業を含む営業会社を3社経験、その後マーケティング会社の取締役を経験する。Webマーケティングの中でもDRMやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチに精通し、ローンチ経験は14回、累計の売上高は10億円を大きく越え、現在はそれぞれの手法をMIXして売上を伸ばすことを得意としている。コピーライティングとマーケティングが専門分野。2015年6月株式会社ウェブエンジンを創業。