アフィリエイト初心者は得意分野で勝負できるGoogleアドセンスを選択するのもあり

「アフィリエイトを始めたいけど何からやればいいかわからない」そのように“初めの一歩”を踏み出すことができずに、アフィリエイトをあきらめてしまう人は多いです。

アフィリエイトというのは本来「誰でも始めることができるビジネス」。まずはやってみることが一番大切で、やってみてわかることって本当に多いです。本当に初心者の方はこちらの記事も参考になるはずなので合わせて読んでみて下さい。

【基礎】アフィリエイト初心者が最初にすべきなのは無料ブログの開設!その3つの理由を解説します。

2016.06.14

そこで今回の記事では、初心者アフィリエイターの入り口としてオススメの「Googleアドセンス」の魅力に迫っていこうと思います。

アフィリエイトを始めたいけどなかなか踏み出せない人必見です。

スポンサー:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

パソコン初心者でも最短30分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当の教材が今回無料とのことですので、これは貰わないと損です。
■無料:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

Googleアドセンスはクリック報酬型!アフィリエイト広告の2つのタイプ

アフィリエイトには以下の2つのタイプがあります。

  1. 成果報酬型
    A8.net、afb(旧:アフィリエイトB)、Amazonアソシエイト等
  2. クリック報酬型
    Googleアドセンス等

1番目の成果報酬型というのは自分で商品・サービスを選択し運営するサイト内などで宣伝することで報酬を得るタイプのアフィリエイトです。サイト訪問者が商品を購入したり、サービスの申し込みを行うことで、アフィリエイターに報酬が発生します。

一方、Googleアドセンスは「2番目のクリック報酬型アフィリエイト」に属します。

クリック報酬型とはサイト内に貼り付けた広告をサイト訪問者がクリックすることによって報酬が発生するアフィリエイトのことです。1クリックあたり〇円というように広告によって決まっています。成果報酬型のように自分で広告選びをする必要がなく、「広告タグを貼り付けたエリアに自動的に広告が表示される」のが最大の特徴です。

「アフェリエイトでの成功=継続力」だからこそのGoogleアドセンス!

「なぜクリック報酬型のGoogleアドセンスが初心者アフィリエイターにオススメなの?」そう疑問に思う人も多いと思います。

結論から言ってしまうとその答えは「自由に自分の好きな内容の記事を書きながらアフィリエイトを楽しめる」からです。この「楽しめる」という点はアフィリエイトにおいて、ものすごく大切になります。

もちろん、成果報酬型アフィリエイトでも楽しめることはできます。しかし、楽しめるところまで到達するのに時間がかかるということと、難易度が比較的高い点がネックです。その理由は成果報酬の2つの特徴を知ればわかると思います。

  1. 自分がアフィリエイトできる商品・サービス(商材)を見つける
  2. 選択したアフィリエイト商材に特化したサイトをつくる

初心者アフィリエイターの段階でこれら2つのポイントをクリアできている人はそう多くないです。

チャレンジしていくことも大切ですが、「継続」できずに途中で挫折してしまっては本末転倒。そのため、商材を見つけて特化したサイトをつくる必要もなく、好きな記事を書いていける、クリック報酬型のGoogleアドセンスの方が、初心者には継続しやすく、オススメなのです。

SHO
1円でも報酬が上がれば、気持ち違いますよね?アドセンスは発生が早いので初心者にオススメ。成果報酬型は力をつけていかないと初報酬まで半年かかったりすることもあります^^;

Googleはサイト訪問者のニーズに合わせた広告を自動で表示してくれる

Googleは以下2つの方法で、「サイト訪問者がクリックしたくなる広告」を判別し、自動的に表示します。

  1. サイトや記事に関連した広告が表示される
  2. サイト訪問者の検索履歴からマッチする広告を検出し表示される

なのでどんなカテゴリでもOKです。

1. サイトや記事に関連した広告が表示される

たとえば、「グルメ系」の記事を中心に運営しているサイトにアドセンス広告を貼るとします。

その場合、アドセンス広告は「無添加野菜の宅配サービス」や「スイーツのお取り寄せ」など食に関連した広告が表示されるようになっています。そのため、サイト訪問者にクリックされる確率は凄く高まります。

この表示方法では、特にGoogleからの検索流入からのアクセスの場合にもっとも効果を発揮します。これが1つ目の表示方法です。

2.サイト訪問者の検索履歴からマッチする広告を検出し表示される

2つ目の表示方法はサイト訪問者の検索履歴をもとに広告を表示する方法です。

「格安航空券 ヨーロッパ」と検索したことがあるユーザーがサイトに訪れたとします。記事内容はまったく格安航空券やヨーロッパと関係がないのにも関わらず、格安航空券検索サイトのアドセンス広告が表示されることがあります。これはGoogleがサイト訪問者の過去の検索履歴を調べて、興味を示す可能性がある広告を表示させているからです。

以上2つの方法で、いつでもサイト訪問者のニーズに合わせたアドセンス広告を表示させることができるのです。

メガネでも、レシピでも、DIYでも、自転車でも、フェス、ライフハック、スマホ、パソコン、音楽、映像、デザイン、会話術、セールス、名言…なんでも対応するので自分が一番好きで興味を持っているジャンルで勝負出来るのは大きなメリットですよね。

読まれる記事をつくるのがGoogleアドセンスの基本

Googleアドセンスのようなクリック報酬型のアフィリエイトで報酬を上げる方法はただひとつ。それは「サイトへのアクセス数を増やすこと」です。簡単にいえば、もしアクセス数があるサイトをすでに運営しているならば、アドセンス広告を貼ればすぐに報酬は発生するということです。(※Googleアドセンスの審査に通ったことを前提にしています)

では、サイトへアクセス数を増やすためには何をすればよいのでしょうか?

それは、「読まれる記事を書くこと」に尽きると思います。

どんなにこだわりを持って記事を書いたとしても、読まれないのであれば情報として価値はないと言えるでしょう。そのため、常に「読まれる内容」を意識しながら記事を作成していくことが大事です。アクセス数を稼げる記事を継続して作成していくことによって、多くの人がサイトへ訪れるようになります。

基本的には、サイトへのアクセス数と比例して、アドセンス広告がクリックされる頻度も多くなります。「アクセス数が増加するほど報酬も上がっていく」ので、それが出来るかどうかがポイントですね。

自分の得意分野と成熟していないニッチな分野でアクセスを稼ごう

読まれる記事とひとことで言っても実際に書くとなると大変だと思います。

特に、初心者アフィリエイターさんの場合はまだウェブライティングスキルの点でも発展途中のため、言い回しや構成など多くの点でつまづいてしまうかもしれません。

しかし、記事は後からでも編集で改善をしていくことができるため、心配はいりません。読まれる記事を作成するためにはもっとも大切なのは以下の2つです。

  1. 自分の得意分野に関する記事を書くこと
  2. 成熟していないニッチな分野の記事を書くこと

1.自分の得意分野に関する記事を書くこと

「この分野に関して誰よりも知っている!」

そのような自信がある分野を持っているならさっそく記事を書いていきましょう。

「誰よりも知っている」とまではいかなくても、ある程度の知識・経験を持っている分野は積極的に活用していきたいところです。なぜなら、0から情報を集めて記事を書くのは挫折しやすいというデメリットがあるからです。すでに知っている分野であれば、価値ある情報が入った記事を早い段階から作成することができます。

また、記事の内容をより深いものにすることが可能になります。記事の分野を決める前に「自分が何を経験していきて何をしっているのか?」ということを一度じっくり考えてみてくださいね。

2.成熟していないニッチな分野の記事を書くこと

もうひとつアクセス数を集めることができる記事を書くコツがあります。

それは「ニッチな分野を探し出すこと」です。アフィリエイトはビジネス。そしてビジネスは競争の世界です。自分からライバルの多いフィールドに出向いて、自分よりレベルの高い相手と勝負する必要はまったくありません。まずはニッチな分野を見つけて、少ないライバルとの競争に勝つことが大切です。

基本的に、アフィリエイターがよく扱う分野(例:美容系やクレジットカードなど)は避けた方がよいでしょう。このようにすでに参入者が多い分野でアクセス数を集めるのは容易ではありません。成果が出るまでに多くの時間と労力が必要になります。

キーワードプランナーはニッチな分野を見つけるのに役に立つ無料ツール

ニッチな分野を見つけるにはGoogleが提供している「キーワードプランナー」というツールを活用するのがオススメ。

キーワードプランナーを使えば「競合が少ないキーワード」を簡単に見つけることができます。最初の登録が少し複雑ですが基本的には無料で使える便利なツールなため、Googleアドセンスをやるなら登録しておきたいツールです。

Googleアドセンスの弱点は「報酬単価が低いこと」

この記事では初心者アフィリエイターさんや、これからアフィリエイトを始める人に向けて、Googleアドセンスの魅力を中心に書いてきました。

しかし、Googleアドセンスにもデメリットはあります。

その中で一番知っておかなくてはいけないのが、成果報酬型のアフィリエイトと比べると「報酬単価が低い」ということです。当たり前と言ってしまえば当たり前かもしれません。なぜなら、クリックされるだけで報酬が入ってくるという仕組みのためです。

クリック単価の低い広告をブロックする方法も

このデメリットは最終的にはアクセス数を伸ばすこと解消できるので大きな心配はいらないのですが、少しでも報酬を増やしたいと考える方には試してみてもらいたい方法があります。

それは、クリック単価の低い広告をブロックする機能を有効化する、という方法です。

Googleアドセンスでは表示される広告によって報酬単価に変動があります。10円や20円のような低クリック単価から1,000円以上の高クリック単価の広告まで本当に千差万別です。初めのうちはクリック単価が低いものでも報酬が入ればとてもうれしいのですが、サイトへのアクセス数が伸びて足かせになってしまうような場合には、このような広告の制限も有効ですね。

SHO
PVを集めないとアドセンスだけで何十万、何百万稼ぐのは難しいです。そういう意味で最初のワンステップとしてアドセンスと考えるのがオススメ。ある程度経験を積んだら成果報酬の方にチャレンジするとスムーズだと思います^^

まとめ

前述したとおり、アドセンスの報酬はPV数と比例するところがあります。なのでPV数を取れないとキツイわけです。

ただ、最初の取り組みとして、波に乗るためのステップとしてはありだと思います。始めてさえしまえばサイトやブログを運営するノウハウも蓄積されていきますし、思考もステップアップしていくはず。その間に報酬が発生すれば文句ありません。

挫折しがちな人ほど入り口はアドセンスにした方が良いかもです。

最短で月100万円を稼ぐアフィリエイト成功法5つのステップ

資金、人脈、経験、全て0からアフィリエイトに取り組み、瞬く間に月100万円の報酬を獲得した稼ぐために必要な作業工程を5つのステップに分けて全て“無料”で公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の頃に起業を目指す。上場企業を含む営業会社を3社経験、その後マーケティング会社の取締役を経験する。Webマーケティングの中でもDRMやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチに精通し、ローンチ経験は14回、累計の売上高は10億円を大きく越え、現在はそれぞれの手法をMIXして売上を伸ばすことを得意としている。コピーライティングとマーケティングが専門分野。2015年6月株式会社ウェブエンジンを創業。