将来を見据えたドメイン取得のコツ5つのパターン

簡単そうに見えて、実はコツが必要なドメイン作成。

ドメインは長く使う場合がほとんど。確定した後は簡単には変えれないことを踏まえて決定することが大切です。数年単位で使っていくつもりで考えておきましょう。

とはいえ、「自分のビジネスが数年先どうなっているかなんてわからないよ」という人がほとんどだと思うので、少しでも参考になるようにドメインのとり方を5つのパターンに分けてご紹介します。今回の記事ではアフィリエイトビジネスに限ってオススメ出来る場合もあれば、その他ビジネスについてもオススメ出来る場合の両方が混在しています。ですので、あくまで参考レベルで見て頂けたら嬉しいです。

スポンサー:1日たった2時間月30万円を稼ぐ方法

パソコン初心者でも1日たった2時間で月30万円稼げる方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

期間限定の企画ですので、是非早めのチェックをオススメします。
■無料:1日たった2時間で月30万円稼げる方法

パターン1:本名またはビジネスネームにする

本名かビジネスネームでドメインを取得するケースは多いです。

例えば以下のようなドメインです。

■ suzuki-taro.com
■ suzuki-taro.jp
■ suzuki-taro.net

これは個人をブランディングしたい場合、名前を売り出したい場合、社長や自営業者、芸能人などのドメインのとり方だと言えます。

トップアフィリエイターのブログやサイトを見に行くとわかりますが、このパターンが多いです。トップアフィリエイターは個人のブランドが非常に重要ですから、早めに取得して、毎日コツコツと育てていきたいところです。

パターン2:屋号、会社名で取るパターン

団体や組織を作って活動をしているアフィリエイターはこのパターンを用います。例えば以下をご確認下さい。

■ affiliate-jpn.com

アフィリエイトJAPANは個人名では無く、「アフィリエイトJAPAN」というブランドを打ち出すためにドメイン名も「アフィリエイトJAPAN」としています。例えば多ブランド展開をしたい場合や、メインブログ、メインサイト一つをブランドに育て上げたい場合はこのパターンを採用することが多いです。

パターン3:戦略的に短くするパターン

アフィリエイトに取り組めば、どこかのタイミングで「短いURLの方がクリック率が高い」ということに気づきます。今後アフィリエイトJAPANではこのURLの長さについての効果の差をデータ計測・検証していこうと考えています。しかし、過去の経験から言っても短いURLの方がクリック率は高い傾向にあります。

以下をご確認下さい。

【1】a.com
【2】ab.com
【3】abc.com

極端ですが、出来ればこれくらい短い方が良いです。しかし、さすがに【1】と【2】は世界の誰かが取得しています。空いている可能性があるのは「a-bc」や「ab-c」などハイフンを入れたケースや「a777」「b11」など数字を入れたケースです。

今後運営していくビジネスと取得出来るドメイン名が合致すれば、短いドメインの方を取得しましょう。

パターン4:商品名をドメインにするパターン

商品販売ページのドメインは、商品名にするケースが多いです。例えば

■ 商品名:賢威 ドメイン名:seo-keni.jp
■ 商品名:LUREA ドメイン名:lurea.net/

などがこのパターンです。

商品販売者として活動をしていく場合は、このパターンでドメインを決めるといいでしょう。

パターン5:パターン1~4を組み合わせる

インフォ業界のドメイン取得パターンの9割は1~4に当てはまります。後は、ビジネス戦略に合わせて組み合わせて使うことがほとんどです。

パターン1、パターン2、パターン4のドメインの3つのドメインを管理している人はたくさんいます。自分のブランドとサイトブランド、商品ブランドを分けたい場合は、やはりドメインは複数取っておきたいところ。複数ドメインをとる場合、サーバーがマルチドメインに対応しているか確認してからにしましょう。対応していないと新たにサーバーを契約することになります。

ドメインについての補足:トップレベルドメインの種類について

「トップレベルドメイン」とは“.com”や“.net”の部分です。これらトップレベルドメインを区分けすると以下の通りです。

  • .com 商品営利組織向け
  • .net ネットワーク関連向け
  • .org 非営利組織向け
  • .info 情報サービス向け
  • .biz ビジネス用途向け
  • .jp 日本国内の営利組織向け

アフィリエイトに使うドメインは「.com」「.net」「.jp」が多いです。あまりシステムに詳しく無い人はまずはこの3つの中で使えるドメインを探しましょう。

まとめ

ドメインは戦略上とても重要です。

ドメインの選定を甘く見ると、後々困る可能性があります。特に戦略が未熟な状態でビジネスをスタートした場合は、ドメインの変更が頻繁に起こったり、または関連性の薄いドメインが増えて行きやすいです。

そうすると管理も大変ですし、SEO的にも良くありません。そのドメインをブログやサイトで活用する場合はドメインを変えれば検索エンジンからの評価は一度0に戻ってしまうのです。それはつまりアクセスも0になるということです。また読者にとっても良いことではありません。

ですので、ドメインは戦略を決めて、どのような目的で使うのかを決めてから取得することをオススメします。そして一度確定したら長く使うとことが大切です。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。19歳の頃に起業を目指し、営業会社を3社経験。その後フリーのコピーライターとして活動し、セールスレターは年間40件、メールマガジンは100件超を担当。前職はインフォ業界のトップ5に入る会社にて取締役営業統括本部として活動。Webマーケティングの中でもダイレクト・レスポンス・マーケティングやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチフォーミュラに精通。2013年5月に同社退職。同年6月より長年の夢だった独立を果たし、マーケターとして活動をしている。