アフィリエイトの種類と自分に合った稼ぎやすい手法の選び方

アフィリエイトの種類がたくさんあって、どう違うのかがよく分からない。そう感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アフィリエイトの種類や手法を分かりやすくまとめました。

また、自分に合ったアフィリエイト手法の選び方や初心者でも稼ぎやすいアフィリエイトはどれか?といった実際の稼ぎに直結する部分まで詳しくお伝えしていきます。

この記事を読むと分かること

  • アフィリエイトにはどんな種類や手法があるの?
  • 自分に合ったアフィリエイトの選び方とは?
  • 初心者が一番稼ぎやすいアフィリエイトはどれ?


[ノウハウ]たった1記事で20,000いいね&51万PVを集めた方法公開

立ち上げから7年。長年蓄積し続けたアフィリエイトJAPANのメディア運営ノウハウを全て公開します。
  1. 好きな事×メディア運営で月20万円稼ぐ仕組み
  2. たった1記事で2万いいね&51万PV集めた方法
  3. Youtubeチャンネル登録者数5万を得るステップ
  4. Twitter1万フォロワー獲得のやり方
ツール無し、裏技無し。数字がぐんぐん伸びるメディア運用ノウハウ全て公開。
■無料:たった1記事で2万いいね&51万PVを集めた方法公開

アフィリエイトの「種類」は大きくは2つに分類される

「〇〇アフィリエイト」という言葉だけを見ると、無数に種類があるように感じますが、実は手法や、使う媒体によって、様々な呼ばれ方をしているだけなんです。

分かりやすくするために「種類」と「手法」とに分けて解説して行きます。

まずは、種類から。アフィリエイトの種類は大きくは次の2つの種類に分けられます。

アフィリエイトの種類

  • クリック課金型・インプレッション課金型(Googleアドセンス等)
  • 成果報酬型(ASPアフィリエイト・楽天アフィリ・Amazonアソシエイト等)

それでは、それぞれどう違うのか?何が違うのか?を分かりやすく解説していきます。

クリック課金・インプレッション課金型アフィリエイト

クリック課金

もっとも有名なのがGoogleアドセンス。あとは忍者AdMaxというサービスも耳にしたことがあるかもしれませんね。

このタイプのアフィリエイトは、自分のブログやYouTubeなどに表示した広告を、読者がクリックするだけ(もしくは閲覧するだけ)で報酬が発生するというアフィリエイトです。

広告の内容は、GoogleアドセンスならGoogle側で訪問者の興味に合わせて自動で広告を選んで表示してくれるので、私たちは、自分の記事を書くことに集中すればいいのでとても簡単に報酬があがる仕組みです。

クリック課金とインプレッション課金の違いは?

  • クリック課金:掲載した広告がクリックされるだけで報酬が発生する
  • インプレッション課金:掲載した広告の表示回数に応じて報酬が発生する

つまり、クリック(インプレッション)課金型は、読者のクリックや閲覧で報酬が発生するアフィリエイトなので、商品を販売したり、おススメしたりと言った「セールス」が一切不要。

1クリック毎の報酬額はさほど高くはないものの、初めてアフィリエイトにチャレンジする方でも「商品知識」は不要で、「セールス記事」が書けなくても報酬が発生するのでハードルはかなり低め。取り組みやすいアフィリエイトです。

成果報酬型アフィリエイト

成果報酬型

一般的に「アフィリエイト」というと、こちらの成果報酬型を指すことが多いです。

成果報酬型は、ASP・楽天・Amazonなどの案件(商品)を自分のブログやサイト、メルマガなどで紹介して読者に興味を持ってもらい、設置したアフィリエイトリンクから購入に至ると成果が発生するというアフィリエイト。

読者が「購入」に至らなければ報酬は発生しないので「成果報酬型」と呼ばれています。

読者に欲しいと思ってもらえるような商品紹介のライティングスキルが必要なので初心者には少しハードルが高め。ただし、設定されている報酬額は高額なものが多く、大きく稼げるアフィリエイトと言えます。

アフィリエイトを「種類」で分ければ、実はこの2つしかないんです。

クリックされるだけ、表示されるだけで報酬が発生するのか、商品が売れたときにその成果として報酬が発生するのかの2つです。

では、これをどんな媒体を使ってどのように運用していくのか?がアフィリエイトの「手法」になります。

アフィリエイトの手法(運用方法)はたくさんある!

種類は2つですが、その手法・運用方法は多岐に渡ります。この手法ごとに〇〇アフィリエイトと呼ばれているので、混乱してしまいますよね。上記の種類に分けて、分かりやすく並べてみました。

クリック課金・インプレッション課金型のアフィリエイト手法

クリック課金・インプレッション課金型のアフィリエイト手法

  • ブログアフィリエイト
  • YouTubeアフィリエイト

使う媒体によって呼び名が変わりますが、基本的にクリック・インプレッション課金型のGoogleアドセンスを使っている場合が圧倒的に多いです。

無料ブログやWordPressのようなブログを使えばブログアフィリエイトと呼ばれます。

これを更に細分化していくと

  • トレンドアフィリエイト:ニュースや最新情報などを扱ったブログを運営する。
  • 特化型アフィリエイト:ダイエット・美容・子育てなどの悩み系や釣り・車・アート・食べ歩きなどの趣味に特化したブログを運営する。


などと呼ばれています。

YouTubeアフィリエイトは、今注目を集めているYouTuberが運営している動画の中でGoogleアドセンスの広告を表示させてクリック課金で報酬を得る仕組みです。

成果報酬型のアフィリエイト手法

成果報酬型のアフィリエイト手法

  • ブログアフィリエイト
  • サイトアフィリエイト
  • PPCアフィリエイト(リスティング)
  • メルマガアフィリエイト
  • YDN
  • GDN
  • Facebook広告
  • TicTok広告
  • BazzVideo

ざっと思いつくだけでも、これぐらい手法があります。概ね「どんな媒体を使うか?」という分け方ですね。

ASPが扱う案件(商品やサービス)をそれぞれの媒体で紹介し、購入に至れば成果報酬が発生するアフィリエイト手法です。

ブログアフィリエイト・サイトアフィリエイト

ブログやHTMLサイトで商品やサービスを紹介して、読者が購入することで報酬を得る手法です。上記のクリック課金型のGoogleアドセンスと併用することも可能です。

またブログでAmazonや楽天の商品を扱う時に、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイトと呼ぶこともあります。ただし、1ブログが全て楽天商品という訳ではなく、ASPの商品も紹介する場合も多いですから、ブログを使うのでブログアフィリエイトだと考えれば良いでしょう。

PPCアフィリエイト

いわゆるリスティングと呼ばれるアフィリエイトでGoogleやYahoo!の検索結果の最上部と最下部に広告費を払って広告文を掲載する手法です。

リスティング広告

上記の図を見て頂くと分かるように、1例として「車売りたい」と検索するとPPCアフィリエイトの記事が検索結果に「広告」と表示されています。

ブログアフィリエイトやサイトアフィリエイトと同様に、検索結果に表示された広告文から、自分のサイト(1ページもののペラサイト)へ誘導して商品の紹介を行います。PPCアフィリエイトは、この広告文がクリックされる毎に、広告費が発生する手法です。

メルマガアフィリエイト

自分のメルマガ読者に向けて、情報提供しながら、商品やサービスを紹介していく手法です。特に自分と読者の間に信頼関係を築いていくので、高額商品を売ることが可能。

ライティングスキルを必要とする手法ですが、稼げる額は大きいです。

YDN・GDN・Facebook広告などの広告を使った手法

広告を使ったアフィリエイトは、広告がクリックされると広告費がかかる手法です。

ここで紹介するYDN・GDN・Facebook広告は、同じ広告費がかかるアフィリエイトでも、検索結果に表示される「PPC=検索連動型の広告」とは異なり、コンテンツやニュースなどを読んでいる読者に向けて、広告を配信する手法です。

YDN

上記の図で赤枠で囲った部分が、Yahoo!ニュースの画面に広告配信されているYDN広告です。

非常に爆発力があり、成功すれば個人のアフィリエイターでも月に1千万円以上を超える報酬が得られる手法です。

ですが、その分報酬よりも先払いで広告費が必要なので、資金力と広告費を回収できる販売力(ライティングスキル)が求められる手法です。

広告を使ったアフィリエイトでの利益率はだいたい50%前後。具体例を挙げると「100万円の報酬を得るには、50万円の広告費がかかる」という手法になります。

自分に合ったアフィリエイトを見つけるには?

自分に合ったアフィリエイトを見つけることは、とても大切です。どの手法にチャレンジするにしても、「継続」していかなければ、報酬を得ることは難しいでしょう。

自分に合ったアフィリエイトを選ぶポイントは次の2つを参考にすると良いです。

自分に合ったアフィリエイトを選ぶポイント

  • 楽しみながら継続できる手法を選ぶ
  • 自己資金を考慮し、無理なく継続できる手法を選ぶ

自分の好きなこと、得意なことから始めることをおススメします。その理由は元々苦手な手法に取り組むのでは苦痛しかありませんし、無理をすると結局続かずに挫折してしまうことが多いからです。

  • 話すのは楽しいけど記事を書くのが苦手⇒YouTubeを使ったアフィリエイト
  • 文章を書くことが好きだけど、話すのは苦手⇒ブログアフィリエイト
  • 昔から手紙やメールが好き⇒メルマガアフィリエイト

最初はこのぐらいシンプルに考えて良いです。

得意なこと苦手なこと

また、金銭面も非常に重要です。全く資金がない状態の人が、PPCや広告配信系のアフィリエイトから始めるのは、おススメできません。スキルアップして稼げるようになる前に、赤字になってしまうケースが多く、広告費が支払えずに挫折してしまうからです。

逆に、ある程度ブログを作ってきた経験がある方で、広告費を投入できる資金にゆとりがあるのなら、積極的に広告系のアフィリエイトにも挑戦してみると良いでしょう。

投資できる資金も視野に入れつつ、まずは得意なこと、好きなことから始めてみる。アフィリエイト選びはシンプルに考えた方が良いです。

初心者が一番稼ぎやすいアフィリエイトは?

ズバリ、ブログを使ったアドセンスから始めることをおススメします。初めてアフィリエイトに取り組むのであれば、「記事を書く」というだけでも、ひと苦労ですから。

初めての方は自分の興味のあることを楽しみながら記事に書いて、Googleアドセンス広告をブログ内に掲載するところから始めてみましょう。Googleアドセンスなら、トレンド情報ブログ・趣味のブログ・子育ての悩みブログなど幅広いブログ内容に対応できます。

GoogleアドセンスGoogleアドセンス

ブログを続けていけば、徐々にアクセスも増え、読者にアドセンス広告をクリックしてもらえるようになり、報酬が発生します。

記事を書くことに慣れてきたら、成果報酬型のアフィリエイトを取り入れていきましょう。無理なくライティングスキルも身に付き、徐々に報酬額は増えていきますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

アフィリエイトは種類で分けたら、実はシンプル。クリック(インプレッション)課金型と成果報酬型のふたつだったんですね。しかし手法はとてもたくさんの手法があるという事がお分かりいただけたかと思います。

アフィリエイトはビジネスである以上「楽して」「簡単に」というわけにはいきません。スキルアップして稼げるようになるまでには、当然壁にぶつかることもあります。

初めてのアフィリエイトなら、好きなこと、得意なことから始めた方が成功率は高いです。ぜひ、楽しみながらアフィリエイトにチャレンジしてほしいですね。

たった1記事で20,000いいね&51万PVを集めた方法公開

立ち上げから7年。長年蓄積し続けたアフィリエイトJAPANのメディア運営ノウハウを全て公開します。今の時代はメディアMIXでの集客がベストです。次の一手に是非使ってください。



  1. ■好きな事×メディア運営で月20万円稼ぐ仕組み
  2. ■たった1記事で2万いいね&51万PVあつめた方法
  3. ■Youtubeチャンネル登録者数5万を得るステップ
  4. ■Twitter1万フォロワー獲得のやり方
  5. ■メディアを活用して知名度を爆発的に高める方法
  6. ■0からメディア運用→書籍出版の実績
ツール無し、裏技無し。メディア運用ノウハウ全て公開します。

WordpressやるならXサーバーがオススメ!

当サイトはWordpressで運用しています。いくつかサーバーを利用してみた結果Xサーバーにたどり着き、すでに5年以上使い続けています。 スピード、セキュリティ、サポート…どれも最高レベルにも関わらず低コストなところがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の頃に起業を目指す。上場企業を含む営業会社を3社経験、その後マーケティング会社の取締役を経験する。Webマーケティングの中でもDRMやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチに精通し、ローンチ経験は14回、累計の売上高は10億円を大きく越え、現在はそれぞれの手法をMIXして売上を伸ばすことを得意としている。コピーライティングとマーケティングが専門分野。2015年6月株式会社ウェブエンジンを創業。