ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)とは?

メルマガアフィリエイトを実践する人にとって「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」は必須の学習項目と言えます。メルマガアフィリエイトとダイレクト・レスポンス・マーケティングの関係は切っても切り離せません。

最初のうちにしっかり理解しておきましょう。

スポンサー:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

パソコン初心者でも最短30分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当の教材が今回無料とのことですので、これは貰わないと損です。
■無料:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)とは

ダイレクト・レスポンス・マーケティングについて、まずはウィキペディアから記事を引用したいと思います。

1961年にレスター・ワンダーマンが、科学的な広告原理に基づき、効率的な販売方法として世界で初めて提唱したもので、従来の広告の目的である伝えることよりも、レスポンス(反応)を獲得することに主眼を置いている。そのため、イメージ広告よりもセールス色が強いと言われており、通信販売業界、金融、IT、自動車業界など元々顧客からの反応を必要とするビジネスに適用されることが多い。

簡単に説明をすると「反応を得やすい広告を作り、見込み客に手を挙げてもらう方法」です。

広告を出し手をあげてもらうのがDRMのスタート

テレビCMで「黒酢にんにくサプリ1袋無料でプレゼント」というようなメッセージを見たことがある人は多いと思います。あのCMはサプリに興味がある人に1袋のサンプルを請求してもらうためのものです。

見込み客に手を挙げてもらう形の販売形態をとっている会社はダイレクト・レスポンス・マーケティングという手法を用いていると考えて間違いありません。

ダイレクトレスポンス マーケティングは個人事業主、中小企業に最適なマーケティング手法

ダイレクト・レスポンス・マーケティングは個人事業主や、中小企業にとって最適なマーケティング手法です。

個人事業主や中小企業は大企業のように広告に多額の資金を使うことが出来ません。少ない予算で堅実な売上を作りたいのが個人事業主や中小企業ですから、直接反応を得るダイレクト・レスポンス・マーケティングは非常に使い勝手が良いのです。

また、ダイレクト・レスポンス・マーケティングは常に反応率を計測することをルールとしています。

例えば新聞広告を出した場合も部数の何%が反応してくれるのか?また、反応してくれた人のうち、何%が商品を購入してくれるのか、常にデータを集め続けるのです。そうするとある時を境目にいくら投資すれば、いくら売上が上がるのかが手に取るようにわかるようになります。

一度この手法をマスターすれば、売上から広告費を捻出し、その広告費でさらに大きな売上を作ることが出来るようになります。そういう意味でも広告予算に限りのある中小企業にとって、この手法は最適です。

また、大企業がテレビCMで使っているようなイメージ優先の広告を「イメージ広告」。反応を得るために作られた広告を「レスポンス広告」と言います。予備知識として覚えておきましょう。

DRMは売上を最大化するマーケティング手法

ダイレクト・レスポンス・マーケティングはとことんデータ主義のマーケティング手法です。

この手法は主に「新規の見込み客獲得」の部分だけにフォーカスが当てられがちですが、実はこの手法が凄いのはその見込み客を集めた後にあります。以下はその凄さを表した図解です。

見込客を分けて別々にアプローチをかける

この図解の通り、ダイレクト・レスポンス・マーケティングを用いると「一見さん」「顧客」「VIP」の3種類に必ず別れます。もちろんVIPは多くの商品を購入してくれ、一見さんは一つの商品を購入して、他の商品は購入してくれません。

覚えておいた方がいいことは、「一見さん」「顧客」「VIP」の比率がどこかのタイミングで安定するということです。

もちろん、販売者側のサービスや商品のクオリティーによっても左右されますが、その比率がある程度一定になるのが興味深いところです。もしあなたが販売者として商品ラインナップを考えなければいけない時が来た場合、この3つのお客様に見合う商品構成を考えることをオススメします。

このような部分まで考えこまれているのがダイレクト・レスポンス・マーケティングですから、これを考えた人はやはり凄いですね。

まとめ

アフィリエイターにとってダイレクト・レスポンス・マーケティングの考え方は必須科目です。

アフィリエイターは少ないコスト、労力、時間で売上を上げることに醍醐味があるビジネスです。ダイレクト・レスポンス・マーケティングはそんなアフィリエイターの味方をしてくれる手法ですから、重要ポイントだけでも学習しておきましょう。

また、ダイレクト・レスポンス・マーケティングを本格的に学習したいという人はダン・S・ケネディ氏が著者の『究極のマーケティングプラン シンプルだけど、一生役に立つ!お客様をトリコにするためのバイブル』がオススメです。

【アフィリで月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料】

パソコン初心者でも最短30分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと慣れると月100万円以上稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当の教材が今回無料とのことですので、これは貰わないと損です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の頃に起業を目指す。上場企業を含む営業会社を3社経験、その後マーケティング会社の取締役を経験する。Webマーケティングの中でもDRMやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチに精通し、ローンチ経験は14回、累計の売上高は10億円を大きく越え、現在はそれぞれの手法をMIXして売上を伸ばすことを得意としている。コピーライティングとマーケティングが専門分野。2015年6月株式会社ウェブエンジンを創業。アフィリエイトJAPANを月間30万PVのメディアに育て上げ、現在年商約4000万円。今は年商1億円突破を目指している。