アフィリエイトJAPAN

私がインフォ業界系ASPでVIP報酬(SVIP含む)を貰うために行った5つの手順

私がインフォ業界系ASPでVIP報酬(SVIP含む)を貰うために行った5つの手順

アフィリエイトで売上を数倍に伸ばせるタイミングの一つは「VIP単価を貰えた時」です。

「VIP単価」とは販売者や企画主催者が、成果を出しているアフィリエイターさんだけに提供する特別待遇です。VIP単価を設定してもらえると当然のことながら通常より多い金額を稼ぐことが出来ます。かける労力は同じなのに、報酬が増える。これは狙わない方がもったいないです。

そういうわけで、私がインフォ業界系ASPでVIP報酬(SVIPを含む)を貰うために行った5つの手順を今日は公開しようと思います。普段なら絶対に話さない内容なので、是非チェックしてみてください。

[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

このやり方を実践すると、自分が何もしなくても収入が発生し、ただ見ているだけでキャッシュを手にできるとのことで、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。ノウハウは王道に近いので、 継続的に、安定的にアフィリエイト収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト

VIP報酬ってどれくらい凄いの?

まずVIP報酬の有無がアフィリエイト報酬にどれくらいの影響を与えるのかをお話します。

例えば成約報酬1件10,000円の商品があるとして、月20本売るアフィリエイターさんがいたとします。そのアフィリエイターがある時VIP単価を貰い、1件15,000円の報酬を貰う事が出来たとしましょう。この時、VIP設定を貰う前と後で月の報酬額にはどれくらいの差が出ると思いますか?

  • 通常報酬の場合:報酬10,000円×20本=200,000円
  • VIP報酬の場合:報酬15,000円×20本=300,000円

その差なんと10万円!!

先月通常報酬。今月VIP報酬。売れた本数は同じ。もしこの状況が生まれた場合10万円もの大きな差が出てしまいます。今回は10,000円→15,000円の話ですが、これは一例にすぎなくて世の中の案件には10,000円が20,000円にアップすることもあれば、30,000円にアップすることもあるんです。これは何も特別な話じゃないです。

売ってくれるアフィリエイターにはより多くの報酬を渡して本数を捌いてもらった方が良い。これが販売者、企画主催者の普通の考え方です。そしてVIP設定を貰えるアフィリエイターも、VIP設定を貰うために行動し、有利な条件で紹介しようとするのが当たり前、VIPアフィリエイターの一般常識となっています。

これがもし無料オプトインアフィリエイトの場合。無料登録1件あたり500円の報酬のものが1200円や1500円となる企画もあります。その場合どうなるかというと…。200件紹介した場合で考えてみましょう。

  • 通常報酬の場合:報酬1件500円×200件=100,000円
  • VIP報酬の場合:報酬1件1500円×200件=300,000円

その差なんと20万円!!

ただし、無料オプトインで200件も紹介出来る人はVIPかSVIP設定を受けるのが普通です。なので上記のような条件で比較できることはまずありません。とにかくこれでVIP報酬の有無がこれくらいの差を生み出すということが理解できると思います。本当に大きな差になりますからね。

無料オプトインで200件の実例を公開しておきます

こんな記事を書いているのに、当の本人がVIP単価を貰っていなかったら嘘になりますよね…。なので念のためキャプチャ画像を貼っておきます。これは最近行われた無料オプトインキャンペーンで、私が紹介した件数です。キャンペーン期間はおよそ10日間ほどだったと思います。

10日間で無料オプトイン268件獲得

268件の335,100円の報酬です。

ランキングもなんとか10位以内に入ることが出来ました。

ランキング10位獲得

私の場合でいうと、無料オプトインアフィリエイトの分野では最近ようやくトップ10に顔を出せるようになりました。昨年10月のキャンペーンでは350件獲得で3位。9月のクローズド案件では640件を獲得した実績もあります(画像も公開できますが、すいません。控えます)。そしてそれが1キャンペーンという括りでは最高獲得件数です。

実績はまだありますが、このような感じで成果を上げています。仮に268件が一般単価だったら、それ相応の損失になります。アフィリエイトで成果を上げるためにはVIP単価を設定してもらえるか、もらえないかはもはや死活問題と言ってもいいくらいです。

年単位で換算すれば社員を3人増やせるくらいの差がでますからね。すごく重要な話だと思います。

具体的にどうすればVIP報酬を設定してもらえるのか?

私は今でこそ無料オプトインアフィリエイトで1キャンペーンあたり100件~最大600件ほど紹介出来るようになりました。多くの人はこの数字を見てきっと「こんだけ紹介出来れば誰だってVIP単価貰えるよ」と思うと思います。

しかし私は1キャンペーンあたり50件紹介が限界だった頃からVIP単価を貰っていました。逆を言うと、独立当初。メディア力もゼロに近い状態なのにVIP単価を貰っていたことになります。VIP単価はやり方次第でメディアが弱い状態でも貰えます。

では具体的にどうやってメディア力ゼロに近い状態でVIP単価を貰っていたのか?そのやり方をご紹介していきましょう。

手順1.媒体などの素材を完璧に揃え、真面目な活動をしていることを証明する

各ASPが何を見てVIP単価の設定を決めるか知っていますか?それは「人柄」と「メディア力」の2つです。

真面目

企画主催者側としては濃い見込み客が欲しいわけですから、濃い見込み客を紹介出来る証明さえ出来ればただそれだけでもVIP単価は貰えます。なので、最初はその証明が出来るように媒体づくりに時間を使いましょう。ブログ、メルマガ、Facebook、Twitter、最近はインスタグラムも入れても良いですね。各メディアで真面目に活動している事が分かる様にします。

具体的にはどのメディアでも毎日更新したり、有益なコンテンツを配信したり、顔を出したりします。そして出来ることならブログのPV数データなども用意出来るレベルまで大きく出来たら好ましいです。月3万PVくらいで、VIP単価貰えるかどうかギリギリのラインだと思います。

とにかく濃いリストを紹介出来ること、売れることが重要ですのでそこに注力してください。

また、VIP単価を貰うために一番手間がかかるのがこの手順1の媒体を揃えるということです。このステップが最も時間を取られますのでそのつもりで取り組んでください。

手順2.一つのキャンペーンで最低でも50件紹介出来るようになる

媒体が揃ったら次はキャンペーンの紹介に移ります。このステップに入ると自分の媒体がどれくらい影響力を持っているかが分かります。全媒体を動員して紹介してください。

50件紹介が一つのキモ

コツはあれこれ紹介せず、一つに絞ることです。また、手順3のことを考えて企画量の多いASPを選ぶことが大切です。そして50件。可能なら100件以上を目標に紹介してください。ここでの実績が今後の足がかりとなります。

仮に50件行かないようなら媒体力が弱いと判断します。その場合は媒体を強化しないとダメです。50件をオーバーするまでは次の手順へは進めないと考えておきましょう。また、この時点では一般単価で、報酬のことは気にせずに紹介します。考えるべきは紹介件数だけです。クリアした段階で手順3に進みます。

手順3.企画主催者にVIP設定依頼の連絡をする

一度50件以上紹介することが出来たら、このステップです。同じASPか、同系列のASPで次のキャンペーンが開催される時に(企画スタートのメールは要チェック!)事前にVIP設定依頼をしておきます。メールでOKです。

お願い

この時に大切なことは以下の3点の情報をキチンと伝えることです。

  1. 前回の企画で50件以上紹介していること(実績証明)
  2. メディア情報(URL、バックナンバー、SNSならページURLかID、PV数のキャプチャなど)
  3. 次は100件を狙えること(意気込み)

この3点を確実に伝えてください。企画主催者は過去のデータを見て、紹介したリストの濃さや、メディア情報をチェックします。手順1と2をきちんとこなしていれば、8割の確率でOKを貰えるはずです。この最初の1件目のVIP設定が今後に繋がります。この1件目を大事にしてください。

そしてめでたくVIP単価を設定してもらえたら手順4に進みます。

手順4.他のASPのキャンペーンでもVIP設定依頼の連絡をする

1つ目のVIP設定を貰う事が出来たら、2つ目はずっと簡単になります。

ステップバイステップ

他社ASPでのキャンペーン開催時に以下の3点の情報を明記して連絡をします。

  1. 他社の企画で50件~100件以上紹介していること(実績)
  2. メディア情報(URL、バックナンバー、SNSならページURLかID、PV数のキャプチャなど)
  3. 他のASPでVIP設定を貰っている事

ここでは3がモノを言います。インフォ業界はせまい業界です。キャンペーン主催者同士繋がっている事がほとんどなのです。なので、例えばAというASPでVIP設定を貰う事が出来ていれば、BというASPの担当者はそのVIP設定を信頼してくれる可能性が高いというわけです。主催者はそのASPの運営主に電話して確認を取ることもあります。

ここは交渉ですが、腰を低く、謙虚にVIP設定を依頼し、メディアにも力があることを伝えれればVIP設定を断るASPさんはほとんどいなくなるはずです。全ては最初の一件目が大切ですね。

手順5.実績を残しVIPアフィリエイターパーティーに参加する

パーリ―ピーポー

ある程度の成果を残せるようになると、VIPアフィリエイターが集まるパーティーやイベントに招待されるようになります。そうすると横のつながりが出来る上に、そこに参加しているだけでVIP単価を設定してくれる方と出会えるようになります。

このレベルまでくると、ほぼ全てのASPでVIP単価を設定してもらえるはずです。その内のいくつかはSVIP設定をしてくれるケースも出てくるでしょう。

まとめ

最も手間がかかるのは手順1と手順2です。そして最も重要なのも手順1と手順2です。

メディアは嘘をつきません。キャンペーン主催者はメルマガ、ブログ、SNSなどのメディアを見れば、その人がどれくらいの実力を持っているかすぐにわかります。なぜかというと、私も過去何度も無料オプトインキャンペーンを開催し、プロダクトローンチを実践してきたからです。VIP設定をする側だったからです。

同じようにVIP設定の連絡を過去何度も頂きましたが、嘘や誇大を言う人は決まってメディア情報を提供してこないです。そしてそういう人は決まって不正してきます。

なのでメディアをキチンと育てること。URLやメルマガを開示し、過去の実績を公表出来るくらいの実力をつけることが一番大切なことだと思います。

一度VIP設定を貰えたら、次のVIP設定はもっと楽に貰えます。そしてその次はもっと楽になります。その繰り返しで各ASPから好待遇を受けれるようになるので、適当なことはせず、一つ一つのことをきっちりこなしていくことを私はおススメしたいです。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Return Top