ボタン生成のことなら「ボタンメーカー」私が長年愛用している理由を公開

どのくらい活用したでしょうか。このサイト、気付けば長年(おそらく5年以上は…)お世話になっています。ボタンメーカーさん、いつもありがとうございます。

アフィリエイターをやっていると「ボタンが欲しい!」っていうシーンが多々あります。「特典請求ボタン」とか、「詳細はこちらをチェック」ボタンとか、「お申込みボタン」とかです。ボタンって簡単に作れそうに見えて何気に難しいパーツです。0から自分で作るには難易度が高いし、でも無料素材だと求めるデザイン(色とか)が無い。

初心者にとって何気に大きな壁になっているのがボタン作成なんです。

昔は良く出来たサイトのボタンを探し出してきて、キャプチャして、無駄な部分を切り取って…なんてやっていたんですけど、今思えばそれ著作権ダメだよね。で!というわけで行き着いたのがこのサイト「ボタンメーカー」さんです。これめちゃ便利なのでご紹介します。

スポンサー:1日たった2時間月30万円を稼ぐ方法

パソコン初心者でも1日たった2時間で月30万円稼げる方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

期間限定の企画ですので、是非早めのチェックをオススメします。
■無料:1日たった2時間で月30万円稼げる方法

ボタン生成サイト「ボタンメーカー」を活用すればボタンそのものはサイト上で超簡単に生成できる!

URL:ボタンメーカー

使い方は至って簡単です。各項目を全部設定してもいいですが、私のおススメはテキストを入れないで背景だけ作るやり方ですね。なので、

  1. サイズ
  2. 背景色
  3. 枠線
  4. 背景ライン
  5. 丸い角

この5つを好みの設定にして「Create」をクリック!すると簡単にこんなボタンが出来上がります。

ちょっとデカすぎw?修正したい場合は各項目の数字を調整して「Create」をクリックしてください。すると新しい設定のボタンが表示されます。いろいろカスタマイズできるのでまずは全設定を触ってみることをおすすめします。

こういったグラデーションを入れることも簡単にできてしまいます!

ボタンのデザインが決まったら次は文字を入れてボタンを完成させよう!

ボタンメーカーだけで全部作ることももちろんできます。こんな感じです。

これだけでも何気にいいんですが、もうちょっとプロっぽくしたいのが本音です。しかしボタンメーカーでは一般的なフォントを選べません(MS Pゴシックやメイリオ、小塚ゴシックなど)。なのでここからは画像編集ソフトを使って画像を作っていきたいと思います。解説はフォトショップCCです。フォトショップは有料のソフトなので、無料でやりたいという方はGIMP2などを使うと良いと思いますよ!

まずはボタンと同じサイズのカンバスサイズ600×80を作ります。

こんな感じですね。そこにボタンと文字を追加。

後はこれをPNGファイルなどで書き出すだけです。書き出したものがこちら。

まぁまぁ綺麗な感じのボタンが出来上がりました。フォントは小塚ゴシック Pro Hで作ってます。もっと完成度にこだわるなら、ここからもう少し素材を追加して…

このようなちょっと手を加えたボタンを作ることも出来ます。非常に簡単ですね。

フォトショップを持っているとこういった細かい加工が簡単にできてしまうのが良い点です。画像素材にこだわる様になるとフリー素材の活用では限界が来ますから、本格的にネットビジネスに取り組むならフォトショップの導入がおススメです。

まとめ

ご覧の通りボタンメーカーを活用するとボタンの制作が驚くほど早く終わります。ボタンメーカーがあればボタンのデザインを決めて生成をクリックするだけで大枠が完成するので使わない手はありません。

あとは画像編集ソフトでフォントを入力するだけで最終完成です。

ボタンの制作を0から行うのは何気に大変ですからね。こういった生成サイトを活用していくと作業スピードが上がるのでおすすめですよ。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。19歳の頃に起業を目指し、営業会社を3社経験。その後フリーのコピーライターとして活動し、セールスレターは年間40件、メールマガジンは100件超を担当。前職はインフォ業界のトップ5に入る会社にて取締役営業統括本部として活動。Webマーケティングの中でもダイレクト・レスポンス・マーケティングやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチフォーミュラに精通。2013年5月に同社退職。同年6月より長年の夢だった独立を果たし、マーケターとして活動をしている。