アフィリエイトブロガーにオススメ!商用利用可の無料画像集サイト「pixabay」

より多いアクセス数を集めるため、より高いコンバージョン率を狙うため、また、より多くのファンを集めるためにはブログの各所に高品質の画像を掲載したいものですよね。そこで今日は完全無料、しかも商用利用も可能なハイクオリティー画像ばかりを集めたサイト「pixabay」をご紹介します。

アフィリエイトブログを運営しているとどうしても写真や画像が欲しい時ってありますよね。

ここで快晴の写真を掲載したい!とか、この記事にはキーボードの写真が最適だ!とか…その使いたいシーンは豊富にあると思います。

実は私も同じです^^;

画像があるだけでブログのクオリティーが全然変わりますし、反応も変化します。アフィリエイトブログを運営するからにはコンバージョンが最も重要ですからね。素材一つ一つにこだわるのも当たり前だと思います。

それで私も常に色々な素材集を探しまわっているわけですが、中でも今日ご紹介する「pixabay」は凄くオススメです。

スポンサー:1日たった2時間月30万円を稼ぐ方法

パソコン初心者でも1日たった2時間で月30万円稼げる方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

期間限定の企画ですので、是非早めのチェックをオススメします。
■無料:1日たった2時間で月30万円稼げる方法

「pixabay」はどんなサイト?

pixabayは完全フリーの素材配布サイトです。

■pixabay

pixaboy

その写真のクオリティーは半端じゃなく高いですよ。

ここまでハイクオリティーで無料配布しているサイトは見たこと無いです。無料配布しているサイトって大体は素人カメラマンの趣味とか、そういうのが多いんですよね。なので写真としてビシっとしていないことが多くて…m(_ _)m

でもこのサイトなら安心です。

 

「pixabay」は商用利用も可能なのか?

実はトップページの真ん中右あたりにある「詳細情報…」という部分をクリックすると、こんな画面が出てきます。

2013-09-04_09h05_56

ちょっと見づらいので、そのまま引用しますね。以下引用です。

完全に無料で、しかも高画質の写真 をウェブ上で見つけることのは骨の折れる仕事です。その主な理由は著作権や知的財産権の帰属問題のため、または単に写真の画質が不十分なためです。 そこで私たちはPixabay – 超高画質なパブリックドメイン画像のリポジトリ -を作成することにしました。

このサイトのすべての画像はデジタル画像、あるいは印刷用として、個人的にだけではなく商業利用にもオリジナル製作者の知的財産権の帰属を気にすることなく使用することができます。

つまり、商用利用可能です!

 

ただ、ここでいくつか意味不明な単語が出てきたので、解説も入れておきますね。

  • パブリック・ドメインとは…元々は著作権のあるもので、今は知的財産権の権利が発生していない、または消滅した状態のもの。
  • リポジトリとは…一元的な貯蔵庫のこと。データベースと言っても良い。

なのでpixabayは著作権切れの画像だけを大量に集めたサイトということになります。

だから商用利用も可能ということですね。

まずは一度pixabayの写真達を実際に見て頂きたいと思います。きっとそのクオリティーの高さに驚くと思いますよ^^

 

パブリック・ドメイン画像のことをもっと知りたい?

ではここで、パブリック・ドメイン画像のことをもっと深く説明しておきたいと思います。

パブリックドメイン画像は基本、商用でも、加工しても、どんな目的で使用しても誰にも何も文句言われない状態の画像を指します。なのでブロガーやアフィリエイターにとっては超最高な画像ということですね。

ちなみにパブリックドメインという言葉は画像だけではなくて、小説とか、音楽、楽曲、絵画、動画、色々なジャンルで使われるキーワードです。本来著作権などの知的財産権を持っているものが、その権利を放棄したり、権利が消滅したり、失効すれば、それはパブリックドメインになるというわけです。

例えばベートベンやモーツァルトなどのクラシック系は結構パブリックに使われていますよね。TUTAYAとかいっても50曲まとめCDとか見たことありますし…。細かいところはここでは判断出来ませんが、かなり自由な使用が出来るということは間違いありません。

 

パブリック・ドメイン画像はアフィリエイト特典として配布してもいいのか?

「どんな目的でも使用可能」と言われると、真っ先に『ではアフィリエイト特典での使用も可能なのか…?』と思わず考えてしまいます。

ただ、これは確認がとれていないので現段階では不明です。

でも先ほどお話したクラシックまとめCDとかは売れた分を作曲者に収めているのか?というとそうではないことが多いようです。でもベートベンやそれくらい著名な音楽家は楽譜の著作権を音楽出版業者に売っていたとか、そういう話もネット上に落ちていました。

じゃあクラシックまとめCDの売上は、著作権を買い取った会社に入るのか…?

…という感じでかなり内部に潜入しないと解消出来ない疑問にぶつかっていきます^^;なので特典配布していいかどうかの断言は出来ないです。現段階ではアフィリエイト特典での利用はやめた方が得策だと思いました。

 

まとめ

パブリックドメイン画像は最高に便利ですので是非使ってみて下さい。

但し現段階ではいくつかの謎が解明されていないので、一次利用のみとした方が良いです。配布したり、特典提供などはしない方が良いと思います^^;

でもそもそも無料なのですから特典配布するとか、販売するとか、それ以前に欲しい人がいたらpixabayなどのサイトを教えてあげるだけでいいんですけどね(笑

いずれにしてもpixabayはオススメです。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1984年生まれ。19歳の頃に起業を目指し、営業会社を3社経験。その後フリーのコピーライターとして活動し、セールスレターは年間40件、メールマガジンは100件超を担当。前職はインフォ業界のトップ5に入る会社にて取締役営業統括本部として活動。Webマーケティングの中でもダイレクト・レスポンス・マーケティングやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチフォーミュラに精通。2013年5月に同社退職。同年6月より長年の夢だった独立を果たし、マーケターとして活動をしている。