アフィリエイトJAPAN

アフィリエイトを始める前にチェックしておきたいオススメレンタルサーバー9つ

20141202-2

アフィリエイトを行う上で、真剣に考えなければいけないのが「サーバー選び」です。一口にサーバーと言っても色々な会社がありますし、特徴も様々です。 一度決めたサーバー会社とは長く付き合うわけですから、何気にこの最初の選択は難しいわけです。

特にアフィリエイト初心者は、経験が浅いがゆえに、深く考えずにサーバーを選んでしまう傾向があるので注意が必要です。

例えば、「安ければ何でもいい」 、「無料のサーバーでもいいんじゃないの?」 、「どこも同じようなものでしょう?」なんて考えたことはありませんか?それは要注意です。

どんなサーバーを選んだとしても、アフィリエイトを始めたばかりの時には大きな問題になる事はありません。ですが、ビジネス規模が拡大してきた時に、不便に感じる事が出てくるものなんです(実際に私はそれでサーバーを引っ越しました)。

私のような失敗をしないように、スタートの段階から各会社が用意している「サーバーの特徴」を理解した上で、目標に合ったサーバーを選択することをオススメします。

[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

このやり方を実践すると、自分が何もしなくても収入が発生し、ただ見ているだけでキャッシュを手にできるとのことで、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。ノウハウは王道に近いので、 継続的に、安定的にアフィリエイト収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト


無料サーバーと有料サーバーの違い。ビジネスとしてやるなら、無料サーバーを選択するのはナンセンス。有料サーバーを選ぼう

言うまでも無く、有料サーバーを選ぶべきです。

なぜ有料なのか、簡単に説明すると「自由度の差」が理由の一つ目、そして次に「リスクの違い」が理由の2つ目です。圧倒的に有料サーバーの方が自由度が高く、そしてリスクが低いです。何気に重要なのでここで説明しておきましょう。

■無料レンタルサーバーの特徴

レンタルサーバーを選ぶ上で多くの方が陥る罠が「無料のレンタルサーバーを選択する」という事です。確かに費用が掛からないのであれば、その方がいいように感じてしまいます。しかし、無料レンタルサーバーにはいくつもデメリットがあるんです。

少しくらいのデメリットであれば我慢できるのかもしれませんが、そのデメリットは時として命取りになる可能性もあるので、無料は選ぶべきではありません。

サイトにサーバー運営会社が指定する広告を掲載する義務がある。

例えばヘッダーやフッターなどに広告掲載をしないといけないケースがあります。自分でブログをマネタイズをしたいのに、サーバー会社に収益を献上することになります。それに多くの場合、広告掲載位置は変更出来ないので見た目も凄くダサくなってしまいます。

独自ドメインが使えない。

サイトのブランド化と、PV数アップを狙うなら独自ドメインを取れないのは致命的です。独自ドメインを取れる無料サーバーもあると思いますが、多くはサブドメインで運営することになります。将来的なリスクを抱えたままパワーサイトを作るのは土台がゆるゆるなのに、その上にお城を作るようなものです。

メールアカウント無し。

独自ドメインが使えないということは、独自のメールアドレスも使えないということです。

これら以外にも、

  • アフィリエイトに制限がある場合も。
  • 規約違反は即サイトの削除の可能性がある。
  • 表示速度が遅い。
  • サポート体制が弱い。

など、様々なデメリットが存在します。

これらを考慮すると、無料のレンタルサーバーではなく有料のレンタルサーバーでサイト運営をした方がリスクはありません。

■有料のレンタルサーバーが良い理由

有料のレンタルサーバーの場合、広告はありませんし、サポート体制も充実しています。アクセスが増えてきた時の対応も圧倒的に良いです。ビジネスとして運営していく上で、その自由度は比較になりません。

例えば私が契約しているサーバーはエックスサーバー(当サイトはエックスサーバーで運用中)ですが、これまでストレスを感じたことは一つもありません。アップグレードも簡単ですし、万が一のバックアップ体制も他の有料サーバーに比べてとても充実しています。

また、ハッカーなどに対する防御策も矢継ぎ早に施されていく様子を見て、当面はエックスサーバーを使っていこうと考えています。

『いつか有料サーバーにしよう』と思って無料サーバーを選ぶのは大間違い

私も最初はそうでしたが、「いつか有料サーバーにしよう」と夢見て、無料サーバーを選んでしまうと後々後悔することになります。

無料サーバー(サブドメインで)である程度の期間サイトを運営していて途中から、有料サーバーに変更する際は、ドメインを変更する必要があるため、検索エンジンからのアクセス流入が一度0になってしまいます。今まで行ってきたSEOの施策が、仕切り直しになってしまうのです。

サーバーを変更するという事は、私達で例えると引越しをするようなものです。今まで住んでいたところが変わる訳ですから、改めてGoogleなどの検索ロボットにサイトを見つけてもらうまでに、時間が掛かるわけです。この事は覚悟しなくてはなりません。

ですから、最初から有料のサーバーを選んでサイト運営をした方が、後々の事を考えると断然リスクが低いのです。

有料サーバーを選ぶ際のポイント

では、どのようなポイントに気をつけてサーバーを選べば良いかについてお話していきます。

基本としては、

  1. 価格
  2. 機能
  3. 安定性
  4. サポート
  5. 容量

大きく分けると、この5つを考慮することをオススメします。もう少し具体的に解説しますね。

1.価格

サーバーは専用サーバーなどを選ばない限り、似たような価格帯・サービスです(毎月100円~4000円くらい)。月間30万PVまでなら1000円前後のもの、月間100万PVクラスになるならそれ以上、あとはサーバー会社のサポートに聞いてアップグレードしていくイメージですね。

なのでこれからアフィリエイトをする方。これからブログやサイトを構築する方の場合は毎月1000円位のものを選ぶと良いと思います(エックスサーバーであれば私が1000円のものを使っているので強くオススメ出来ます)。

2.機能面

機能面で注意したいのは、自分が目的としている用途として使用できるのか?というところは最低限チェックしておく必要があります。

最近は主流となってきている「Wordpress簡単インストール機能」はあると何気に便利なので確認しておきましょう。

あと、機能面でいうと「マルチドメインに対応しているかどうか」「バックアップ機能があるかどうか」「CGIが使えるかどうか」「ウイルスメールの駆除機能」などはやはりあった方が良いですね。特に初心者の方から見るとサーバーの機能はチンプンカンプンでしょうから(私もわからない事が多い 笑)。

機能は豊富の方がいいでしょう。

3.サーバーの安定性

サーバーは安定性で選んで下さい。

なぜなら、安定していないサーバーを選んでしまうと、

  1. 頻繁にシステムダウンしてしまう
  2. 表示速度が遅い

このような事態も起こりうるからです。

有料サーバーといえど、このような事態が起こるケースはあります。私は既に経験をしていて、「500エラー503エラー連発したため、WordPressをさくらレンタルサーバーからエックスサーバーに移転しました。せっかくなので移転方法を図解で解説します!」で書いた通りです。

一年以上前の記事なので、もしかしたら同じような事は起きない…かもしれません。でもわかりません。一回そういう事があって、エックスサーバーに引っ越したら直ったとなるとちょっとね…。そういう感じです。

アクセスが集中した時、サーバーが安定していないと頻繁にダウンしてしまう事になります。そうなると、ホームページ自体が表示されなくなってしまいます。せっかくホームページを作っても、そもそもページが表示されないという事になると大きな機会損失になりますよね。このような事態は避けなければいけません。

そして、サーバーの安定性が低いとページの表示速度も遅くなります。ページ速度が数秒遅いだけで、ユーザーの離脱率が劇的に高まります。これも大きな機会損失に繋がる事になります。ビジネス関係なくサイト運営をするなら別ですが、ビジネスで収益の事を考えると、サーバーの安定性は最も重要視すべき点だと思います。

4.サポート

パソコン操作や設定に自信がない場合(初心者の場合)、サポートも重要なポイントになります。メールで質問した場合、返答は迅速に返ってくるのか。電話対応はあるのか、そしてその対応は丁寧か。土日もサポートしているのか。

レンタルサーバーを運営している会社によってもスタンスが違いますから、これらのポイントは注意して見ていた方がいいでしょう。

  • 「メールの返答が遅い!」
  • 「電話対応が雑!」

このようにサポート体制によっては、いざという時に大きなストレスになります。

なので、良いサーバーを見つけたら「サーバー名」と「評判」や「サポート」、「トラブル」などのキーワードで検索しておくのがいいでしょう。

5.容量

ディスク容量とは、サーバー内のハードディスクの容量の事です。つまり、どれくらいのデータを保存できるのかを示しています。

容量を選ぶ基準になるのは、ご自身が「どの程度のサイトを作っていく予定なのか」というところです。

ブログを1つ作るくらいでしたら、10GBもあれば十分でしょう。実際、超真剣に作ったとしても5GBにも至らないと思います 笑 複数のサイトを作るとしても、かなり余裕に10GB以内に収まると思います。

もちろん、サーバーに動画をアップしたり(最近はYoutubeが強いので、サーバーに動画をまるごとアップなどは聞かないですね)、容量の重いデータを保存するなら別ですが、普通に使う分には全く問題ないでしょう。

何を重視して決めるのかはあなた次第

ビジネス展開の仕方によっては、費用を抑えて最低限の機能があれば良いという方もいるでしょうし、多少価格が高くてもデータ容量とサーバーの安定性があった方が良いという方もいると思います。

有料レンタルサーバーも、運営会社によって特徴があります。後々後悔をしないために、最初の段階でしっかりと情報収集をしておくことをオススメします。

アフィリエイターが良く使っているメジャーなサーバーまとめ

では、最後にアフィリエイターが良く使っているメジャーなサーバーをまとめておきたいと思います。これから掲載していくサーバーは全て有料レンタルサーバーです。ご自身のビジネススタンスと照らし合わせて、一番マッチするものを選択して下さい。

1:『Xサーバー

2014-12-02_19h54_41

私が、最初にオススメしたいサーバーがこの「Xサーバー」です。私も、アフィリエイトJAPANの運営はXサーバーで行っています。価格帯は他のサーバーと比べると高めですが、機能面、安定性、大容量を重視したレンタルサーバーです。

私がXサーバーの強みだと考えているのが、サーバーの安定性です。パワーブログ・パワーサイトを構築する上では、サーバーの安定性は最も重要視すべき点だと思います。

私もXサーバーを使ってから、今まで一度もサーバーがダウンした事はありませんし、表示速度や使い勝手にも満足しています。それに他社がハッカーにやられて大惨事だった時も、非常に素早く対応していたのを今でも明確に覚えています。きっと内部でも安定性やサポートにはこだわっているのだと思います。

本格的にビジネスをしていく方であれば、非常にオススメのサーバーです。

2:『さくらのレンタルサーバー

2014-12-02_20h01_25

個人サイト用の格安プランから、企業向けの本格的なプランまで幅広い選択ができるサーバーです。レンタルサーバーの中でも有名な老舗会社です。

「さくらレンタルサーバー(さくらサーバー)」は、価格面と機能面を見ても優秀なサーバーの一つだと思います。WordPress簡単インストール機能も付いていますし、ユーザーのニーズに応えてくれる機能が充実しています。そして、さくらサーバーの特徴として挙げられるのが、メールアドレスの登録が無制限というところです。企業で使うのであれば、これは大きなメリットになると思います。

しかし、気になるところはサポート面です。一昔前はサポート面に定評があったさくらサーバーですが、近年の評判は良いとは言えません。あと、アクセスが集中するとページが表示されない事もあるので、サーバーの安定性などは考慮する必要があるでしょう。

3:『ロリポップ

2014-12-02_20h58_16

メジャーで人気があるサーバーの一つです。低価格で、何よりマニュアルが親切で非常に分かりやすい。使い勝手の良いサーバーの一つだと思います。

  • Word Pressの設置も簡単
  • 親切な7世代バックアップ機能
  • サーバー稼働率99.99%
  • 充実したサポート体制

ロリポップの特徴の一つが価格面です。月々108円からという低価格のサーバーから試す事が可能です。缶ジュースより安いレンタル代ですから、どなたでも気軽に使う事ができます。費用面を抑えたい方にはオススメです。

低価格なサーバーですが、必要と思われる機能は一通り揃っていますし、安さのわりに容量も大きいです。プランによってはWord Pressを簡単に複数インストールする事もできます。Word Pressを簡単にインストールできるところを考えると、Word Pressでブログアフィリエイトを始めるのであれば、ロリポップはかなりオススメのサーバーです。

Word Pressやムーバブルタイプを導入する時も、ロリポップのマニュアルは親切だと思います。初心者の方でも分かりやすいですし、かゆいところに手が届いているという印象を受けます。

さらに、このロリポップを運営している会社では「ムームードメイン」というドメイン取得もできる会社を運営しています。ロリポップを利用する場合は、ムームードメインでドメイン取得するとやりやすいです。これらのポイントを考慮して考えると、ロリポップは初心者が使うサーバーとしては非常にオススメです。私が使っているXサーバーは、どちらかと言うと、もう少し中級者向けのサーバーかもしれません。

どちらが良い悪いというより、ご自身のスタンスや状態に合わせて選択していく方が良いと思います。

以前起きたハッカー事件についてはどう捉えた方がいいのか??

2013年の夏にロリポップ!でWordpressを利用していた方々が軒並みハッキングされるという事件が起きたことがあります。(参照:Krad XinによるロリポップWordPressサイト大量ハッキングまとめ

詳細は参照記事を見ていただくとして、過去にこういう事があったという事は知っておいた方が良いと思います。

ただ、悪いことが起これば、当然対策を強化するわけで。悪いことがあったから信用出来るというのもあると思います。一応ロリポップについては今現在の評判を調べてからが良いと思います。

4:『ミニバード

2014-12-02_20h12_02

「ミニバード」も低価格帯のサーバーです。操作も分かりやすく、初心者でも使いやすいレンタルサーバーと言えます。

WordPressも簡単インストール機能がありますし、機能面も充実しています。ミニバードは月額263円でMySQLを5個使えるというのが魅力ですね。WordpressやMTなどのCMSでサイトを複数作りたい方には最安値のサーバーだと思われます。

そのため、Word Pressやムーバブルタイプなどのデータベースを必要とするサイトを複数作っていきたいという場合は、ミニバードがオススメです。よく比較されるロリポップのロリポプランではMySQLは1個と限定されているので、安く複数サイト運営がしたいならミニバードかな…という印象ですね。

5:『エクストリムレンタルサーバー

2014-12-02_20h19_18

こちらも低価格帯のサーバーですが、コストパフォーマンスは非常に高いサーバーの一つです。ブログツールのインストール機能、スマートフォン版のWEBメールも提供されています。

低価格帯のサーバーですが、「サポートの対応が丁寧」 「PHPやデータベースが使えてこの価格は良い」という声があります。サポートが丁寧な会社は、ユーザーの満足度も高い傾向にあります。初心者の方でしたら、安心して使う事ができるはずです。

しかし、その一方でサーバーの安定性に欠けるという指摘もありますので、コストが抑えられている分、その辺りを考慮する必要はありそうです。

最上位のプランでも最大20GBなので、多少の不足、不満な点はありますが、価格とサポート面で欠点を補っているという印象です。

6:『ラクサバ

2014-12-02_20h21_11

上記のエクストリムと同じく低価格帯の料金プランが魅力のサーバーです。

安定性、ネットワークの速度、使いやすさ、機能を考えると、コストパフォーマンスは高いサーバーだと思います。低価格帯ですが、サーバーも安定していて使いやすいという声もありますので、大きなマイナスはないでしょう。バックアップ機能があるので安心できるというところです。あとは、プランにかかわらずWord Pressの自動インストール機能がありますので、こちらも便利です。

サポート面でも悪い評判は聞きませんし、総合的にバランスが取れているサーバーだと判断できます。

7:『ExpressWeb

2014-12-02_20h23_23

この「ExpressWeb」は、サポート面で非常に評判が良いサーバーです。対応も感じがよく、メールの返信も迅速。電話サポートも知識のある方が丁寧に教えてくれます。

初心者でも分かりやすい管理画面なので、操作が不慣れな方でも設定をしやすいと思います。使ってみて良さを実感する方が多いという印象です。

悪評が少ないので、当然サーバーの稼動も安定していますし、大きな障害があったという話しも聞きません。サポート重視の場合は、ExpressWebを選択するのもありですね。

8:『iCLUSTA+(アイクラスタプラス)』

2014-12-02_20h24_22

こちらのサーバーは稼働率と安定性が抜群!…と言われている一方で、イマイチという反応をしている人が多いようですね。安定性を確立するための技術は凄いのかもしれませんが、ユーザビリティーが低いというのが実際のようです。

アフィリエイターがサーバーにアクセスするのは最初の導入だけで、後はFTPソフトを使うのが主です。なので割り切るなら「絶大な安定性」に乗ってみるのもありかもしれません。

9:『ヘテムル

2014-12-02_20h32_04

上記で紹介しているロリポップが運営しているレンタルサーバーです。ロリポップとの違いは、より性能が高く、企業やクリエイターの方まで幅広く使える高性能レンタルサーバーというところです。

大容量で安定性も高いので、大きくビジネス展開を考えている方にも満足できるサービスになっています。初心者ならロリポップ。それより上を目指すならヘテムルという感じでしょうか。ロリポップ同様、マニュアルも細かいところまで解説してくれているので、非常に便利です。初心者の方にも分かりやすい内容になっています。

■まとめ

サーバー選びは、「目的によって変わってくる」というのが結論ではないでしょうか。

私自身は、エックスサーバーを使っていますが、それは長くビジネスをしていきたいので「サーバーの安定性」や「機能面」、「サポート体制」「セキュリティの強さ」などを考慮したからです。一度痛い経験していますからね。今のところこの選択は間違っていないようです。なので一番のオススメはエックスサーバーです。

しかし、「とにかく安く」や「安く複数サイトを」などの目的であればエックスサーバー以外の選択肢も出てくると思います。月に1,000円とはいえ、毎月となれば負担になる人も多いはずです。目指す場所によってサーバーを選ぶ基準も変わってくると思います。

今後どのようなゴールを目指してビジネスをしていくのか。このゴールを目指す上で、最適だと考えられるサーバーを選択をする必要がありますね。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Return Top