アフィリエイトJAPAN

アフィリエイトは本当に稼げるのか?市場の伸び率をデータで公開!

file000468553399

私がインフォ業界に参入してからライターとして8年、Webマーケターとしては4年の歳月がすぎました。

「インフォ業界」には稼ぎ柱と言われる二つの大きなビジネスが存在します。一つが「情報販売」。もう一つが「アフィリエイト」です。あなたも知っていますね?また、それぞれを実践している人の事を「インフォプレナー(情報起業家)」や「インフォアフィリエイター(情報商材専門のアフィリエイター)」と呼んでいます。

情報系アフィリエイトの最大の魅力は報酬単価が他のアフィリエイトプログラムに比べて比較にならない程高額なこと。

これは商品の原価が低いからこそからできる事です。

また、アフィリエイト報酬を50%~80%に設定してくれる販売者も多いです。だからこそインフォ業界のアフィリエイターは2万円の商品を数十件アフィリ販売するだけで数十万円の報酬を手にすることが出来るわけですね。

やはりこういった市場背景からアフィリエイト市場に新規参入を考える人は非常に多いです。

しかし、ここで一度冷静に考えてみたいと思います。

「本当にアフィリエイトは稼げるのか?」

この疑問です。今の時代、インターネット上で様々な情報が出回っているだけに、どれくらい稼げるのか、どれくらい成功見込があるのか、初心者ほどわかりませんし、不安に思うと感じました。そこで今回の記事では「アフィリエイトは本当に稼げるのか?」この疑問に対する答えをデータを交えて解説をしたいと思います。

アフィリエイト市場の動向

以下は矢野経済研究所が公開しているアフィリエイト市場の動向グラフです。これはインフォ業界だけではなく、アフィリエイト市場全般の売上高を示すデータです。

1

2
※引用:矢野経済研究所より

注目すべきは市場の伸び率と、モバイルからの売上高です。

市場の伸び率は横ばい状態が続いていて、2010年は107.2%、2011年は112.3%となだらかに上昇傾向、その後は105.7%~114.4%と続きます。またモバイルからの売上高は毎年増え続けており、2015年予測では584億円を見込んでいるというデータがあります。

これはPCアフィリエイトにとっては市場は拡大傾向にあるという証拠で、モバイルアフィリエイトにとっては急成長の市場であるという証拠です。

モバイルアフィリエイトが好調な理由

モバイルアフィリエイトが好調な理由としては3つ挙げられます。

【1】スマートフォンの急激な普及

iphoneをきっかけにスマートフォンが急激に普及してきていますが、どれくらい普及しているのでしょうか?以下はMMRI(株式会社MM総研)からの引用です。スマートフォンの普及割合を記載しています。

■2012年度のスマートフォン出荷台数は2,898万台(前年比19.9%増)
■2012年度のスマートフォン契約数は4,337万件で携帯電話契約数の37.2%
■2017年度のスマートフォン出荷台数は3,530万台で携帯出荷の84.4%を占める
■2017年度末のスマートフォン契約数は9,383万件、うちLTE対応が8,953万件

※引用:MMRIより

3

スマートフォンの普及によって多くのユーザーが気軽にネットにアクセス出来るようになったことは明白です。

【2】スマートフォンで購入することに慣れてきている

また、スマートフォンで気軽に購入することが出来る環境整備も進んできています。

博報堂DYホールディングスが行った市場調査ではスマートフォンを利用して商品やサービスを調べる割合が「日常的にする」は15.4%、「ときどきする」は51.7%としていて、実に67.1%の人が買い物でスマートフォンを活用しているという調査結果が出ています。

以下のグラフは「外出先で店頭の商品・サービスについてスマートフォンを利用して調べたことがあるか?」という問いに対する答え(店舗別)です。

4

主に口コミや他ユーザーの評価、最低価格やクーポンを調べる人が多数です。私も価格コムや、amazonの利用はスマートフォンで行い、情報収集の多くはPCを使いません。

【3】移動中でも見れる、スキマ時間で見れる

データを提示するまでも無く、PCを開けない環境ではスマートフォンが活躍します。通勤、就寝前が最も使われているスマートフォンですが、特に一人でいる時間にスマートフォンを利用する方が多いです。

「スマートフォンの急激な普及」「スマートフォンで購入することに慣れてきている」「移動中でも見れる、スキマ時間で見れる」の3つがモバイルアフィリエイト市場を牽引している理由では無いかと想定出来ます。

結論:アフィリエイト市場は「PC」も「モバイル」も成長し続けている。そのため、アフィリエイトは稼げる

「アフィリエイトは稼げない」という人をたまに見かけますが、市場規模やスマホの普及率が伸び続けているにも関わらず「稼げない」というのは間違いだということがわかります。

「アフィリエイトは稼げない」と発言をしている人は「単純にやり方を間違っている」か、「行動していない」か、「稼げていて、ライバルが増えると困るから稼げないと言うようにしている」か、または他ジャンルのビジネスノウハウ販売者で「アフィリエイトは稼げないけど、○○なら稼げると誘導している」か、いずれかに該当するケースが多いです。

そのためこれからアフィリエイトに参入する人は付き合う人を考え、アフィリエイトで成果を出し続けている人と関係を深めることをオススメします。データは嘘を付きませんから、冷静に見極める必要がありますね。

業界のトップアフィリエイターの見解

業界のトップアフィリエイター川島和正氏が「アフィリエイトは稼げるのか?」の問いにこんな見解を示しています。

「アフィリエイトは本当に稼げるのか?」という質問を、
最近ネットでよく見かけますし、個人的にも聞かれます。

そこで今日は、アフィリエイト歴7年で、アフィリエイト関連本を日本一売って
おそらく日本最高レベルにアフィリエイトに詳しい私が
この質問についての答えを解説します。

「アフィリエイトは稼げるのか?」ということですが、結論から言うと
アフィリエイトは成果報酬なので、ある程度頑張れる人は稼げて、
あまり頑張れない人は全く稼げないと言えます。

歩合制の営業マンや、小さい商店の店主と同じで、
商品が売れれば売れるほど儲かりますが、
商品が売れないと一円にもならないのです。

このような状況の中、やる気のある営業マンタイプの人は、
アフィリエイトでもすぐ稼げるようになり、
アフィリエイトは稼ぎやすいと言えます。

一方「組織に所属すれば給料はもらえるもの」とか
「頑張った人には最低限の報酬を保証すべき」と思っているタイプの人は、
アフィリエイトに期待しても、期待を裏切られることが多いです。

なぜかと言うと、このような価値観の人にとっては、
企業や組織に所属して普通に働いたほうが、
快適にお金を手にすることができるからです。

そのため、自分の性格を見極めて、
起業家気質や営業マン気質が少しでもあるなら
アフィリエイトにチャレンジしてみるといいと思います。

起業家気質や営業マン気質がある人にとっては、
現在大変稼ぎやすい分野であることは間違いないですし、
実際に個人で年収1000万円以上稼いでいる人がたくさん出てきています。

一方、全部自己責任と言うのは荷が重いと言う場合には、
アフィリエイトに向いていないので、
最低限の報酬が保証されているものに取り組んだほうがいいと思います。

※引用元:世界を旅する年収1億円ブロガー「アフィリエイトは本当に稼げるのか?」
※川島和正氏のメールマガジンはこちら

川島和正氏はインフォトップのアフィリエイターランキングはもちろん、各無料オプトインキャンペーンでも常に上位にランキングインする実力者です。

まとめ

アフィリエイトは本当に稼げるのか?

この疑問の答えは「YES」です。後は本人の努力次第、考え方次第でいくらでも稼げるようになると言えるでしょう。

川島氏のブログにもありましたが、アフィリエイトは実力の世界、ファンが多い人や会社は多くのアフィリエイト報酬を得ますし、ファンが少ない人はそれに見合った報酬しか稼げません。現に月1000万円以上のアフィリエイト報酬を稼ぐ人がいるわけですから、後はやり方次第だと私は考えています。

また、最近では「目立つこと」に注目が集まっていますが、私の見解では個々人に合った成功法則があると考えています。

真のお金持ちや富豪は目立たないように全力を尽くすと言いますが、同じように目立つことが嫌いという人も当然いますよね。また、目立たずに稼ぎたいと考えている人もたくさんいると私は思うのです。

アフィリエイトの良さは戦略を自由に組み立てることが出来、そしてその戦略を無料に近いコストで実践できる事にあります。今回の記事でアフィリエイトの市場は伸び続けていることや、アフィリエイターに追い風の状況であることがわかれば後はやるだけだとわかったはずです。

今後、アフィリエイトJAPANではそんなアフィリエイトに挑戦する人たちに有益な情報を提供し続けます。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Return Top