稼げるアフィリエイターの作業量をデータから計測してみた結果。3年経験を積み、毎日3時間以上取り組む必要があることが判明!

「一日どのくらいの作業をすればアフィリエイトで稼げるようになるのか?」

多くのアフィリエイターが疑問に思っていることだと思います。特にビジネスを始めたばかりの頃は、周りの状況は気になりますよね。私もそうでした。実際に成果を出している人の“基準値”を知ることは大切です。今後アフィリエイトを取り組むにあたっての指針となるためです。

そこで今回の記事では、「特定非営利活動法人 アフィリエイトマーケティング協会」が2016年5月9日に発表した「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2016」を基に、アフィリエイトで成果を出すために必要な作業時間について解説していきたいと思います。

ぜひ、これからの活動にお役立て下さい。

スポンサー:1日たった2時間月30万円を稼ぐ方法

パソコン初心者でも1日たった2時間で月30万円稼げる方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

期間限定の企画ですので、是非早めのチェックをオススメします。
■無料:1日たった2時間で月30万円稼げる方法

この業界の常識「アフィリエイトで高収入を得ている人=○○量が多い」

ここで一つ大前提の話をさせてください。

それは、アフィリエイトで稼ぐためには「最低限必要な作業量をこなさなければいけない」ということです。あたり前の話ですが、なにも行動せずに成果が出るビジネスは存在しません。成果が出ているアフィリエイターはノウハウ云々よりも実は行動量が多いのです。

まず行動。次に行動。さらに行動の精神です。

その前提を踏まえた上で、以下の内容をご覧ください。

アフィリエイトは長く続けている人が稼いでいる現実。1年目で月100万円に到達する人はわずか…

さらに「必要な作業量をこなす」という以外に、もう一つ重要なポイントがあります。それは、アフィリエイトで成果を出している人は「継続している」ということです。作業量と同じく、この継続も成果を出すための重要なカギになっています。

データを見ていくと、アフィリエイトを始めて1年目で月収100万円を超えているのは、たったの0.5%です。つまり1,000人アフィリエイトに取り組んだとしても、1年目で月収100万円に到達するのは、たったの5人ということになります。そこだけ切り取って考えると、相当なハードルの高さですよね。

1年目で月100万円に到達する人は0.5%

しかし冷静に見ておきたい部分もあります。それは継続年数が伸びていくと、それに比例して高額収入を得ているアフィリエイターが増えていくということです。

1年~2年未満で月収100万円を超えている割合は4.5%。2年~3年未満では13.5%。3年~4年未満では23.6%。この推移を見ると分かる通り、継続している年数が長い方が月収100万円を超えているアフィリエイターが増えます。つまりアフィリエイトは長く続けている人ほど、稼げている傾向があるということです。

アフィリエイトで成果を出すには、ある程度の時間が掛かるということですね。実際に取り組んだ作業が、時間差で成果に反映されていくのがアフィリエイトです。

逆に稼げていないアフィリエイターは、すぐに諦めてやめてしまうんですよね。

数ヶ月頑張って作業して「もうこんなの続けてられない…」「いつになったら成果が出るんだ…」このようにモチベーションが下がってしまい、アフィリエイトからフェードアウトしていきます。最近の傾向では、半年以上は報酬がゼロというのはザラです。しかしアフィリエイトは1年、2年と継続していくと、収入が急激に伸びていく瞬間があります。

この時までただひたすら頑張って待つ。これが一つの成功のコツです。

これは私の経験則から言っても、断言できます。アフィリエイトを始めて一定期間は収入ゼロが続きますが、ある瞬間から収入がビックリするくらいのペースで収入が伸び始めます。アフィリエイトを3年以上続けている人のうち、5~6人に1人は月収100万円以上稼いでいるとデータも出ていますから。

アフィリエイトは、必要な作業量を継続していけば、誰でも稼ぐことができるビジネスなのです。

去年と比べて収入は増えたか?

「去年と比べてアフィリエイトの収入は増えたか?」という質問に対しては39.2%のアフィリエイターが収入増と回答しています。

去年に比べて収入は伸びたか?

ここでも継続することで収入が上がると顕著に表れています。

それにしても、約4割のアフィリエイターが前年比で収入増と回答しているのは、すごいことですよね。通常、去年と比べて収入は増えたか?という質問に対して、約4割の人が「収入が増えた」と答える業界は極めて少ないと思います。

巷では「アフィリエイトはもう遅い」「市場が飽和している」と吹聴している人がいる中、なぜこのような現象が起きているのでしょうか?

それはアフィリエイト業界全体の市場が大きくなっていること。そこが大きな要因と言えるでしょう。アフィリエイトとはインターネットを活用した仲介(紹介)業です。ですから、インターネットで物やサービスを購入する人達が増えてくると、市場全体が大きくなり、稼ぎやすくなるのです。

インターネットビジネスの市場自体はしばらく伸び続けていくでしょうから、これからもアフィリエイト市場は大きくなっていくと考えられます。

こうしてデータを基に考えていくと、アフィリエイトは稼げないどころか初心者に最適なビジネスであることがご理解頂けると思います。

必見!アフィリエイトで成果を出すために必要な作業量とは?

それでは、具体的に成果を出しているアフィリエイターが日々取り組んでいる作業量は、どれほどのものなのか?

「アフィリエイトサイト運営にかけている時間は?」という質問に対しては、「3時間以上」と答えたのが27.5%と突出しています。これは昨年度の25.1%よりも増加していることになります。

アフィリエイトにかけている時間

さらに「収入がない」と答えているアフィリエイターで3時間以上作業しているのは8.7%に対して、月収100万円を超えているアフィリエイターは78.3%に及んでいます。作業量の差が歴然ですね。

つまりアフィリエイトで成果を出すには「一日に3時間以上サイト運営に時間を費やしている」を基準に考えるべきですね。サイト運営にかける時間と、収入の伸びは大きく関係しています。乱暴な言い方をすると、時間と労力をかければかけるほど稼げるということです(かなり乱暴な言い方ですが)。

サイトの運営×月の収入額

これを見ると月5万円以上稼いでいるアフィリエイターの半数以上が一日3時間以上(3時間程度を含む)時間以上時間を費やしていることがわかります。

これを多いと捉えるか、少ないと捉えるかは人それぞれだと思います。しかし、一日3時間以上の作業を継続していけば、早い人だと1年以内に月収100万円を超える可能性があると言ってもいいわけです。それがアフィリエイトというビジネスです。夢が膨らみますね!

そこからさらに2年、3年と継続していけば月収数百万円、場合によっては月収1,000万円を超えることもあり得るビジネスなのです。そう考えると、一日3時間の作業をやる価値は十分あると思います。

最初の1年に集中して、そこから2~3年継続することができれば、人生を大きく変えるほどの収入が得られるのですから。

もしこれから副業でアフィリエイトを始めるのであれば、日中の仕事以外で、いかにアフィリエイトの作業時間を捻出できるかが勝負になります。優先順位をきちんと考えて行動しなければ、いつまで経っても成果が出ないということになりかねませんから注意が必要ですね。

アフィリエイトサイト作成に使われているツール

それでは、成果を出しているアフィリエイターは、どのようなツールを使ってアフィリエイトをしているのでしょうか?アフィリエイターで最も多いのが、無料ブログを使っているパターンです。確かに無料で使えるツールは、使う人が多いのも頷けます。

アフィリエイトに使っているツール

しかし「だったら自分も無料ブログでいいかな」とは思わないでください。実際に成果を出しているアフィリエイターの多くは、WordPressや有料ツールを使ってアフィリエイトをしていると回答しています。

無料のツールを使うと、広告が掲載されたり、規約があって使い方が制限されたり…ビジネス活動に支障をきたすことになります。確かに無料で使えるのは魅力的かもしれませんが、成果が出せなければそもそも意味がありません。必要な投資だと考えて、WordPressや有料のツールを使ってアフィリエイトをすることをオススメします。

気になるサイトへの集客方法は?

アフィリエイトをしている人の多くは、ブログやサイトを運営しています。

ブログやサイトにアクセスを集めることで、アフィリエイト報酬を得ているのです。それでは、どのように集客しているアフィリエイターが多いのでしょうか?

一番多かった回答が「SEO施策」です。つまり検索エンジン対策で、アクセスを集めているアフィリエイターが多かったのです。

サイトへの集客方法

「SEO施策」と回答したのは全体の49.4%ですから、半数近くのアフィリエイターが行っていることになります。

続いては「Twitter投函」が21.6%、「ブログランキング等のランキング登録」が19.7%です。こう見るとTwitterも根強い人気があることが分かります。

SEO施策で集客するのは、アフィリエイトの王道中の王道と言ってもいいでしょう。しかし、SEO施策で結果が出るのは時間がかかります。多くのアフィリエイターが実践している集客方法を見ていると、収入が増えるまで時間がかかることも頷けますね。

まとめ

ここまでの記事をご覧頂けたなら、アフィリエイトで成果を出すための基準値が腑に落ちたのではないでしょうか。正直、副業で一日3時間以上の時間を費やすのが難しいと感じている方もいるかもしれません。その気持ちも理解はできます。

しかしアフィリエイトで成果を出すためには、作業は避けては通れない道です。ここだけは甘い気持ちを捨てて、覚悟を決めて取り組む必要があるでしょう。

さらに王道と言えるSEO施策での集客は、どうしても時間がかかります。成果が出るまでに、多くの人が挫折するのも事実です。しかし王道の手法で積み上げていくと、簡単には崩れない強固なビジネスになります。1~2年頑張って長期的に稼いでいけるビジネス基盤を作るか、それとも時間をかけずに裏技的な手法に踊らされて、結局稼げずに終わってしまうか。選択肢は2つです。

アフィリエイトは人生を変えることのできるビジネスですから、ぜひ作業量の基準値を上げて取り組んでいきたいものですね。

※画像引用元:アフィリエイトマーケティング協会「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2016」

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。19歳の頃に起業を目指し、営業会社を3社経験。その後フリーのコピーライターとして活動し、セールスレターは年間40件、メールマガジンは100件超を担当。前職はインフォ業界のトップ5に入る会社にて取締役営業統括本部として活動。Webマーケティングの中でもダイレクト・レスポンス・マーケティングやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチフォーミュラに精通。2013年5月に同社退職。同年6月より長年の夢だった独立を果たし、マーケターとして活動をしている。