Chromeは10月からSSL非対応ページに「保護されていない通信」を表示するようになる

Google(Chrome)がSSL非対応「http://」サイトに新たな差をつけることを計画しているというニュースがありました。

この差そのものは大きなものではありませんが、ウェブマスターにとってはSSL化対応のきっかけになる出来事になるのではないかと思います。

というわけで、今回の記事では今後ChromeでSSL非対応サイトがどのように表示されるようになるのかを解説します。結論から言うと常時SSL化は早めに行おう!です。(この記事は海外SEO情報ブログさんの記事を参考に書きました)

スポンサー:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

パソコン初心者でも最短30分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当の教材が今回無料とのことですので、これは貰わないと損です。
■無料:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

ChromeではSSL対応サイトは「保護された通信」とアドレスバーに表示され安心・安全が強調される

SSL通信についての詳細は過去記事のこちらを是非チェックしてみてください。

アフィリエイトJAPANを常時SSL化しました!「SSL」の意味と導入する5つのメリットをご紹介

2017.05.30

上の記事を見れば分かる通り、サイトを常時SSL化にするとChromeではアドレスバーに「保護された通信」と表示されるようになります。

保護された通信
SHO
アフィリエイトJAPANは常時SSL化に対応しているので、Chromeでチェックするとどのページも「保護された通信」と表示されているはずです!

これがFirefoxだと鍵マークだけ、IEの場合はアドレスバーの後方に鍵マークが表示されます。

ちなみにこの表記は、SSLに対応しているページにだけ表示されるわけで、SSL非対応の場合は何も表示されません。つまりSSLのことを知らない人はSSL非対応サイトにアクセスしても、何とも思わず、意識せず、全てのサイトと同じように見ていたということになります。

ここが今回の出来事のポイントとなります。

では今後ChromeはSSL非対応サイトをどのように表示するか?

ではChromeは今後SSL非対応サイトをどのように表示するか?ですが、以下のように表示するようになります。

SSL非対応サイト

(※画像引用元:海外SEO情報ブログ様)

このように「保護されていない通信」とはっきり、くっきり表示するようになるとのことです。

これだとSSLのことを知らないユーザーもアドレスバーを見れば身構えること確実ですよね。しかもChromeは現在国内ブラウザシェア約40%のメジャーブラウザですから、この影響は大きいです。

SHO
あえて書かなくてもよさそうな事を書くということは、GoogleやChromeはそれほどまでにSSLを重要視しているということですね。

この「保護されていない通信」の表示はいつからスタートするのか?

具体的な時期は「10月」とされています。

今は開発版ChromeのCanaryのシークレットモードでテストが行われているようです。今は6月ですので、残り約3ヶ月と少しの間でSSL対応は済ませておいた方が良いですね。SSL非対応サイトはまだまだ多いですから、今の内に対策をしておくとメリットは大きいです。

また調べてみると、意外にもSSL化は簡単なので思い切って行動に移す方が良いと思います。やってみると「あれ?たったこれだけ?これならもっと早くやればよかった…」と思う人が続出すると思われます。

エックスサーバーならSSL化は超簡単に出来ます。

私の愛用サーバーはエックスサーバーのX10です。

1ヶ月ほど前、当サイトも常時SSL化に対応したわけですが、エックスサーバーの場合はたった3ステップで完了することに驚きました。もっと手間がかかるものだと思っていたんです。ちなみにこの3ステップは以下の通りです。

  1. SSLの申込(&支払い)をする(審査が通るとエックスサーバー側でサーバーにSSLのインストールをしてくれる。完了すると通知が来る)
  2. WordPressの.htaccessにhttp://からhttps://へのリダイレクトの記述をする(エックスサーバーのサポートページにやり方の記載がある)
  3. WordPress管理画面でサイトURLをhttp://からhttps://へと変更する

やってみれば簡単で、たったこれだけです。事前にわからない点はサポートに質問しておくことが大切です。私も導入前に疑問点を10個くらいぶつけて、自分の中でスッキリしてから導入しました。

また、これからサーバー契約を考えていたり、移設を考えている方にはエックスサーバーオススメしたいですね。

まとめ

Googleは確実にSSL対応サイトと非対応サイトで差別をしようとしています。

なんだかんだ言ってもインターネットはGoogleが牛耳っている状態ですので、ここは素直に、余計な感情は持たず、ちゃちゃっとSSL化した方が良いと思います。また、メディア運営者としても所有しているサイトがSSLかSSLじゃないかで見る目が若干変わるので、そういう意味でもメリットは大きいです。

SSLは悩む前に行動することが大切です。

最短で月100万円を稼ぐアフィリエイト成功法5つのステップ

資金、人脈、経験、全て0からアフィリエイトに取り組み、瞬く間に月100万円の報酬を獲得した稼ぐために必要な作業工程を5つのステップに分けて全て“無料”で公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。19歳の頃に起業を目指し、営業会社を3社経験。その後フリーのコピーライターとして活動し、セールスレターは年間40件、メールマガジンは100件超を担当。前職はインフォ業界のトップ5に入る会社にて取締役営業統括本部として活動。Webマーケティングの中でもダイレクト・レスポンス・マーケティングやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチフォーミュラに精通。2013年5月に同社退職。同年6月より長年の夢だった独立を果たし、マーケターとして活動をしている。