PHPVer7.1に変更しました!PHPのVer5とVer7の違いって何?何が変わるの?一番のメリットと変更時の注意点をご紹介

WordPressを扱っている人にとって「PHP」は馴染みの深い、よく目にする言語ですよね。特にテーマをカスタマイズしたり、プラグインを編集したり、トップページをオリジナルに変更したい時はPHPをイジらないと前に進めません。なぜならWordpressはPHPという言語で作られているためです。

さて、そんなPHPですが、実は2015年12月にPHP7という新しいバージョンが登場しています(現在はPHP7.1.4が最新です)。

なぜ2015年12月の話を今しているのかというと、私自身、このVer7があることに最近気づいたためです(汗

PHPは自分でバージョンアップの手続きをしないと切り替わりません。そのため、例えば2015年12月よりも前からWordpressを運営している人の中には当時のまま(PHPバージョン5のまま)で使っている人も多いはず。私がそうでした!なので運営歴の長い人ほどこの機会に一度PHPのバージョンをチェックしてみることをオススメします。

そしてもしPHP5だとすれば、出来るだけ早くPHP7にバージョンアップした方がいいです。先に書いておくとこれがこの記事の結論です。

「PHP5?PHP7?どういうことか全然分からない…」という方も多いと思いますので、今回の記事では、PHP5とPHP7の違いについて、またその導入の仕方についても丁寧に解説していきたいと思います。

スポンサー:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

パソコン初心者でも最短30分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当の教材が今回無料とのことですので、これは貰わないと損です。
■無料:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

そもそもPHPとはなにか?

PHPはプログラミング言語の一つです(言語には色々な種類があり、その中の一つ)。Web開発でよく使用されている言語と覚えておくと良いです。例えばJavaという言語はゲームやツール開発で使われ、C++という言語は電化製品やロボット系、PHPはWeb開発という具合です。それぞれ分野が違います。

そして前述の通り、WordpressはPHPで作られています。

PHPを用いることで、新着記事をトップページやサイドバーに表示させたり、カテゴリ別に記事を整理整頓したり…といった動的なページを作れるようになります。HTMLとCSSだけだと、このような動作は手作業で行わなければなりません。

ブログアフィリエイトはPHP、サイトアフィリエイトはHTMLとCSSという区分けをすることも出来ますね。

WordPressが便利に使えるのも、このPHPがあるからなんですね。

そしてそのPHPは定期的にバージョンアップを繰り返していて、今はPHP7が最新バージョンになっています。

約10年ぶりのメジャーバージョンアップ!PHP5からPHP7へ!

実は、PHPのメジャーバージョンアップは約10年ぶりで、PHP5からPHP7には、かなり大幅なバージョンアップが行われています(ちなみにPHPは誕生が1995年6月なので約22年が経過している)。

この7へのバージョンアップでは互換性を維持しながらも、従来のPHP5と比べて2倍以上の実行速度を実現しています。2倍です2倍。比べ物になりません。そしてメモリ使用量を大幅に軽減するなど、大きな改善がなされています。

PHP5と比べて2倍以上の実行速度って凄くないですか?

PHPは普及率が高いプログラミング言語ですから、セキュリティ面から考えても最新バージョンの方が良いと考えられます。詳細は省くとしてあらゆる面でPHP5よりもPHP7の方が優れているのは確実です。

PHP6は開発中に効率の悪さなどが原因で2010年に開発を中止したそうです。なのでPHP5の次はPHP7になったようです。

アフィリエイトJAPANもPHP5からPHP7へ変更

アフィリエイトJAPANもPHP5からPHP7に変更しました。

変更して感じるのは、表示速度が明らかに変わったという点。それが体感でわかるレベルなのですごいです。特に管理画面の動きは激的な変化を感じます。本当にサクサク動くので、ブログ運営が以前よりも快適になりました。

SHO
私はScribeFire(ブログエディタ)を使って記事を更新していますが、その投函アップロード時間も段違いに早くなっています。前は数秒かかっていたのが、今は1秒もかかりません。画像が複数ある記事でも瞬時にアップが完了します。

ブログの表示速度が上がると読者にとってもストレスの少ないブログになります。表示速度が遅いと、ユーザーもストレスを抱えますし、結果ブログの滞在時間が減ったり、離脱率が上がってしまったり…悪影響を及ぼします。それがPHP7でクリアになり、SEO的な効果も期待出来ます。

ここまでの説明でご理解頂けると思いますが、今PHP5の人はPHP7に変更した方がいいです。それくらいPHP7にはメリットがあります。

エックスサーバーでPHP5からPHP7に切り替える方法

ではここから切り替え方について解説します。

アフィリエイトJAPANで使っているのはエックスサーバーですので、エックスサーバーの場合で解説していきます。エックスサーバーは既にPHP7に対応済みなのでPHP5からPHP7へは簡単に切り替えることができます。

では、XサーバーでPHP5からPHP7へ切り替える方法を解説しますね。

まずはXサーバーの管理画面を開いてください。サーバーパネルをクリックしましょう。

エックスサーバーバネル

※サンプル画像のため、一部文字を消しています。

「PHP Ver.切り替え」を選択します。

PHP Ver切り替えを選択

ドメイン名を選択します。「.com」と表示されているところの「選択する」をクリックしてください。

バージョンを上げたいドメイン名を選択

現在のPHPのバージョンが表示されます。真ん中に「変更後のバージョン」というプルダウンのメニューがあるので、そこからPHPのバージョンを切り替えることができます。

変更後のVerをプルダウンで選ぶ

「PHP7.1.4」に切り替えましょう。その後に「PHPバージョン切替(確認)」をクリックします。

プルダウンで7.1.4に切り替えて変更する

「PHPバージョン切替(確定)」をクリックします。

「PHPバージョン切替(確定)」をクリック

これでPHP7への変更が完了です。

PHP7への変更が完了

とても簡単ですよね。一つも難しいことはありません!

PHP5からPHP7へ移行する時の注意点

PHP5からPHP7に変更することは簡単ですが、変更する前に注意点があります。非常に重要ですから、以下の注意点は必ず確認してください。

注意点1:テーマ(テンプレート)によっては表示が崩れる可能性がある

PHP5からPHP7に変更する際に注意したいのが、使用しているテーマがPHP7に対応していなかった場合、ページの表示が消えたり、表示が崩れたりする場合があります。

データそのものが消えるということではなく、表示されなくなるということが起こりえます。対応するタグが変わることが原因のようです。その場合、真っ白のページが出てきたり、表示の崩れたページが出てきたりするわけですから、考えただけでもゾッとしますね。

今使っているテーマやプラグインがPHP7に対応しているか確認した方がいいです。PHP7が発表されてから約1年半経過しているので、多くのテーマやプラグインは対応されています。ただそれでも100%とは言えませんので、きちんと確認した方がいいでしょう。

テーマは販売会社に連絡すれば教えてくれます。

注意点2:時間に余裕がある時に行う

PHP7に移行した際、エラーチェックや修正に時間を取られる可能性があります。時間に余裕を持って作業をした方がいいでしょう。時間がない時に行うと、予想外の修正が発生した時に対応できませんから。

人によってテーマやプラグイン、環境も違うのでエラーが起こらない場合もありますし、起こってもエラーの種類は人によって変わってきます。アフィリエイトJAPANでPHP7に移行した際に一部表示崩れがあり対応に追われました(汗

トラブルは起こるものとして余裕がある時に切り替えることをオススメします。

注意点3:バックアップは必ずとってから!

念のためPHP5からPHP7に移行する際には、バックアップを取った方がいいです。

データが消える可能性は低いですが、万が一ということもありますので。今まで頑張って作り込んできたコンテンツを守るためですから、きちんとバックアップはした方がいいです。

バックアップに関しては「プラグインを使ってバックアップを取る方法」と「FTPソフトを使ってバックアップを取る方法」があります。それぞれ手順が違いますので、以下のリンクを参考に自分に合う方を実践してみてください。

BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法

WordPress初心者でも簡単にできるバックアップ方法

今回のPHP7への移行だけに限らず、WordPressのバックアップは定期的に行った方が良いものです。データ関係って、本当にいつどこで何が起こるか分かりませんからね。今のうちにバックアップを取っておくことを強く推奨します。

注意点4:プラグインを一時無効化する

PHP7に移行する際には、有効化しているプラグインを一時的に無効化することをオススメします。エラーの原因になることも考えられますから。特にキャッシュ系のプラグインを多く使っているのであれば、無効化した方がいいと思います。プラグインを無効化しても、ボタン一つですぐに有効化できるので、そこは安心してください。

プラグインは一度全て停止にして、PHP7へ切り替えた後に1つずつ有効化しつつ、その都度ページを確認するやり方がオススメです。そうすると万が一プラグインが原因で表示エラーが出ても、該当するプラグインを停止するだけで元に戻せるためです。
特にキャッシュ系プラグインを使っている方は要注意です。「プラグイン名+PHP7+トラブル(エラー)」などで事前に検索しておくことをオススメします。

エックスサーバーならPHP7.1.4を簡単に使えます。

私の愛用サーバーはエックスサーバーのX10です。

今回PHP7.1.4を導入したわけですが、前述の通り、数回のクリックで完了しました。エックスサーバーはPHPのバージョンアップ以外にも色々な点でユーザーフレンドリーです。サポートが早く、最新技術の導入も早い、サーバー増強も簡単、常時SSL化もすぐ出来る。

文句無しのNo1サーバーですのでこれから契約を考えている方にはエックスサーバーをオススメしたいです。

まとめ

今回はPHP5とPHP7の違いについて詳しく解説していきました。

エックスサーバーを使っているのであれば、切り替えそのものは瞬間的に行うことが出来ます。テンプレとプラグインの確認で問題がなければ早めに切り替えることをオススメします。ページの表示速度も上がりますし、管理画面もサクサク動くので本当にいい感じです!

最短で月100万円を稼ぐアフィリエイト成功法5つのステップ

資金、人脈、経験、全て0からアフィリエイトに取り組み、瞬く間に月100万円の報酬を獲得した稼ぐために必要な作業工程を5つのステップに分けて全て“無料”で公開します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。19歳の頃に起業を目指し、営業会社を3社経験。その後フリーのコピーライターとして活動し、セールスレターは年間40件、メールマガジンは100件超を担当。前職はインフォ業界のトップ5に入る会社にて取締役営業統括本部として活動。Webマーケティングの中でもダイレクト・レスポンス・マーケティングやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチフォーミュラに精通。2013年5月に同社退職。同年6月より長年の夢だった独立を果たし、マーケターとして活動をしている。