アフィリエイトJAPAN

アフィリエイトを始める時に比較したいメールマガジン配信スタンド3選

medium_216348017

アフィリエイトで成果をあげるためにはメールマガジン配信スタンドとの契約は必須です。そこで今回は優れた配信スタンドを3つご紹介しようと思います。

アフィリエイトJAPANに寄せられる質問の中で多いテーマの一つが、配信スタンドの優劣についてです。私も過去多くの配信スタンドを使用してきました。低額なサービスから高額なサービスまで色々使ったことがあります。では、その優劣はどうなのかというと、スタンドによって能力の差が大きく離れているのが実際です。

例えはわかりやすいところで言うと「配信スピード」です。

実はこれは単純に早ければいいというわけではありません。配信スタンド側が早い配信に対応する能力(IPアドレス分散など)が無いと、どんなに早く配信されても無駄。迷惑フォルダ入りしてしまいます。これは意外に知られていない話です。

メール配信スタンドの価格の差はこういう細かな仕様の問題や、工夫の量によって決まってきます。

メールを届けるためのツールなのに、メールが届かない。そんな配信スタンドを選んでしまっては嫌ですよね。私も過去に苦い思いをしてきただけに、あなたにはこの記事を参考にしてもらい、良い選択をしてもらいたいと思います。

(photo credit: SCFiasco via photopin cc

配信スタンドの二パターン

メール配信スタンドを大別すると二種類に分けられます。

  1. ASP型
  2. サーバー設置型

この二つです。

最初の段階で選択を間違うと、メールマガジンの部数が大きくなってから後悔する可能性もあります。もしあなたがまだ契約を済ませていないなら、今の段階でどちらが良いのか、冷静に判断してほしいと思います。

 

ASP型とサーバー設置型の違い

まずは配信システムについてですが、配信システムには大きく分けて2つあります。それがASP型と、サーバー設置型です。ちなみにASPとは…、

ASP(Application Service Provider)とは業務用のアプリケーションをインターネット経由で顧客にレンタルする事業者のことを指す。顧客はブラウザなどを通じて、ASP事業者が保有するサーバーにインストールされたアプリケーションを利用する。ASP型のサービスというのは、そもそもメール配信に限ったことではなく、今日ではその他多くの分野で利用されている。一方、サーバー導入型とはその名の通り、自前で配信システム用のサーバーを構築し、運用していくことを意味している。

ということで、システムを借りて使うイメージです。サーバー設置型はプログラムを購入して、自身が契約しているサーバーに設置して運用します。

以下の表は、メール配信システムでのASP型とサーバー型の特徴をメリット・デメリットに分けてまとめたものです。それぞれに関して詳しくみていきます。

ASP型とサーバー型の違い

この表の通りで、私がオススメするのはASP型です。

やはり専門知識が無いとサーバー設置の作業やエラーが起きた時の対処は出来ません。それを考えるとこれからアフィリエイトを実践する人や初心者の方は全てのトラブルに対応してくれる「ASP型」を選択した方が妥当です。

その代わり、ASP型では一つのサーバーで複数のユーザーがメール配信を行うのが普通ため、対策が取られている配信システムか、もしくはサーバー貸し切り型の上位版を契約した方が良いですね。

アフィリエイトJAPANオススメのメール配信システム

以下はアフィリエイトJAPANでオススメしているメール配信システム一覧です。

【1】メール商人

http://www.mshonin.com/

メール商人

私も使っているメール配信システムで、最もオススメ出来るサービスの一つです。

オススメ出来る理由としては、まず「届く」ということ。他社のメール配信はYahoo!やGmailなどのフリーアドレスにメールが届かないことが多かったのです。しかし、メール商人は届きます。よほど無茶な使い方やスパム判定を受けるようなことをやらなければ安定して届く信頼ある配信スタンドです。

また、DRMを勉強し始めるとわかりますが、ステップメール機能も自由に使えることも見逃せません。

メールマーケティングの真髄は集めたリストに対して高確率で成約をすることです。そのために自動でコミュニケーションを交わしてくれるステップメールは最強のツールと言ってもいいほどです。

【2】エキスパートメールPRO

http://expert-mail.net/

エキスパートメール

エキスパートメールの凄いところは専有サーバーに加えて、迷惑フォルダ入りを回避する様々な工夫がなされているところです。

その代わりコストは割高になります。

発行者一人に対して、一つの高性能サーバーを使うため、迷惑フォルダには入りにくいです。それを考えればコストを出して、メールの到達率を上げることも一つの選択肢かもしれません。

【3】楽メール

http://www.raku-mail.com/

楽メール

こちらはサーバー設置型です。

システムの知識のある人にはこちらのプログラムがオススメです。まずプログラム買取型であること。そしてサービス提供が始まってから10年というロングキャリアという裏付けもあります。毎月のランニングコストが減る代わりに、高性能サーバーを契約し、このプログラムを設置するというやり方もいいかもしれません。

まとめ

今回の記事「アフィリエイトを始める時に比較したいメールマガジン配信スタンド3選」では、メール配信スタンドを選ぶ時の判断基準を記載させて頂きました。あなたがメール配信システムを契約する際の参考にして頂けたら幸いです。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Return Top