YouTubeでアドセンス(収益化)をする際の条件まとめ|ハードル高めなのは「チャンネル登録〇〇名」

もしあなたがインターネットビジネスに取り組んでいて「次の一手」を考えているのならYoutubeが一つの選択肢になるかもしれません。

Youtuber(ユーチューバー)という言葉。一度は聞いたことがありますよね?動画をアップして広告費を稼ぐ。1本動画をアップするだけで100万回も再生されるようになるとリアルに収入は青天井です。ちなみにYoutuberで有名なヒカキンさんは2018年の年収11億7000万円なんだとか…。(参考:日本一のYouTuberヒカキンの年収は?YouTubeで稼ぐ秘訣は?

いずれにしても様々な可能性を秘めているのがYoutubeというメディアです。

そこで今回はYoutubeで売上を作るために必須である『「アドセンス」の審査に通過するための条件』と、そのコツについてお伝えしたいと思います。

[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

ノウハウは王道スタイル。アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容です。

堅実に収入を得たいという方はこのやり方がオススメ。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト

Youtubeで広告収入(アドセンス収入)を得るための条件は2つ

Youtubeで広告収入を得るためにはYoutubeチャンネルを作った後にアドセンスと連携(審査を受ける)する必要があります。

チャンネルを作れば誰でも連携できるわけではなく、一定の条件が定められています。

それが以下の2つ。

アドセンス連携が出来るYoutubeチャンネルの条件

  • 12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上
  • チャンネル登録者数1000人

この2つが条件になっています。

ブログやサイトを運営していれば知っていると思いますが、アドセンスはGoogleが提供しているブログやサイトに広告を掲載することで運営者が収益を得るシステムです。

アドセンスを知らない人は少ないと思いますが、リンク貼っておきます。

アドセンス

ちなみにアドセンスは審査が厳しいことで有名。完成度の低いブログやサイトは審査を通すのも大変かも?です。

それはさておき、アドセンスアカウントとYouTubeを接続することで、広告収入を得ることが出来るようになります。連結が終われば、動画の中で広告が配信されるようになり収益を得ることができるという流れです。

ブログやサイトの場合は審査。Youtubeではその代わりに動画の再生時間とチャンネル登録者数の条件があるというイメージです。

YouTubeとアドセンス連携(収益化)の手順

では二つの条件をクリアしていると仮定して、収益化の手順を解説したいと思います。

自分のチャンネルにログインした状態でクリエイターツール(スタジオ)を開きます。

  1. その他の機能」にカーソルをのせる
  2. 右側のメニューが出てくるので「収益化」をクリック

①の「開始」ボタンから順番に行います。

手順通りに進めれば難しいことは無いので、詳細は割愛。ただし、必ず2つの条件(再生時間とチャンネル登録数)をクリアしてから進めるようにしてください。2つの条件を達成していなくても進められますが、最後の④で止まってしまいます。

ちなみに上の画像の画面が表示されないケースもあるようです。その場合は、次の章を見てみてください。

YouTubeの収益化ができないときは

設定のミスで収益化できないことがあるので解決方法を解説しておきます。

前章のクリエイターツールから「収益化」を開いたときに↓↓このように「お住いの地域では、現在この機能を利用できません」と出る場合があります。

この場合、自分のアカウントで国の設定がされていませんので、設定していきます。

クリエイターツールのサイドバーの「設定」をクリックします。

全般」で「JPY – 日本円」を選ぶ

  1. チャンネル」をクリック
  2. 」で「日本」を選ぶ

最後に右下の「保存」をクリックして完了です。

もう一度、「収益化」に進んで見てください。

Youtubeが規制を強めた理由と時代背景

以前は、特に難しい条件はなく誰でも収益化できたのですが、今では一定条件が定められています。

規制を強めた理由は何なのか?予備知識としてシェアしておきたいと思います。

理由は、大きくは以下の2つです。

  • YouTubeが広く普及した
  • 動画の質と広告主(スポンサー)からのクレーム

この2つが大きく関係しています。

YouTubeが広く普及した

YouTubeの収益化が最初は簡単で、徐々に条件がついてきたのはYoutubeの広まり(普及度)に大きく関係してきています。

Youtubeの最初は「Youtubeを広める」ことが至上命題ですから、動画投稿のハードルを下げて、とにかく色々な人に動画を見てもらうことが優先されていました。今考えれば最初は問題になる動画もたくさんありましたよね?

これがYoutubeの広がりをバックアップしていたわけです。

しかし、Youtubeの収益構造は広告収入です。Youtubeの普及拡大と共に、大手企業と大手広告主が参入してくるようになりました。

すると当然、質の低い動画や、モラルの無い動画に広告を入れられると広告主側からクレームが入るように。

動画の質と広告主(スポンサー)からのクレーム

YouTube動画で稼ぐには、四者が関わっています。

  • 広告主:スポンサー。お金を払い広告出稿依頼する
  • アドセンス:広告主をまとめて動画に広告配信する
  • YouTuber:動画を作成してユーザーを集めて広告を見せることで報酬をもらう
  • ユーザー:広告を見て広告主のサービスなどを知る

ビジネスの構造上、ここで最も重要なのが広告主です。

広告主はYouTube以外にも広告掲載先はいくらでもあるので、企業のイメージと合わなかったら撤退してしまいます。

実際にこういう事例も出ています。

参考:世界最大級の広告代理店がユーチューブから撤退 悪質動画に反発

広告主がいなくなると、YouTuberもアドセンスも存続できなくなります。それだけは避けなくてはいけません。

広告主が撤退する一番の原因は動画の質です。

炎上動画や暴力的な動画や差別的な動画などに自分の会社の広告を出したくないというのは当たり前ですよね。このようなことが繰り返され、対策として収益化に条件がついたと考えられています。

再生時間4000時間は簡単だが問題はチャンネル登録者数1000人

Youtubeとアドセンスの連携の2つの条件、

  • 12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上
  • チャンネル登録者数1000人

この2つの条件ですが、どちらか一つではなく、両方の条件を満たすことで収益化できます。

それぞれ達成が難しいのか簡単なのか検証してみます。

12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上を検証

まずは、「12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上」ですが、1年間と期間が長いので意外と簡単です。

計算してみます。

1年で4000時間達成するには?

{4000時間(240000分)}÷{動画アップロード数}÷{動画閲覧時間}={1動画当たりの再生数}

↑↑こちらが単純に1動画当たり何再生されればいいかを計算する式です。

以下では2パターンで動画の時間を変えて計算してみました。

  • 平日毎日動画アップロードする場合
  • 1年261動画
    • 動画の長さ10分の場合→1動画当たり92回再生
    • 動画の長さ5分の場合→1動画当たり183回再生
  • 週2本動画アップロードする場合
  • 1年105動画
    • 動画の長さ10分の場合→1動画当たり229回再生
    • 動画の長さ5分の場合→1動画当たり458回再生

ということで、現実的でわかりやすいのが「週2本の動画をアップロードしていき、平均458回再生されていれば達成可能」ということになります。

さて、計算してみましたがこの平均458再生が難しいのか?ですが、動画をアップロードしていくうちに何本かのヒット動画がでることがあり、何万再生されることもあります。

なので、しっかり動画をアップロードしていけば意識しなくても達成できる数値と考えて問題ありません。

チャンネル登録者数1000人を検証

問題なのはチャンネル登録者数です。1000人のチャンネル登録者数というのは簡単ではありません。

単純に1日あたり3人チャンネル登録してくれて、333日でやっと達成できます。11ヶ月くらいかかります。

どのくらいで達成できるかは神のみぞ知る感じで上手く動画がヒットすれば早いうちに達成できるかもしれないし、1年たっても達成できないかもしれません。

しかも、YouTubeチャンネルはTwitterやInstagramのような相互フォローみたいな文化もない(というか禁止されているのでやらないこと)ので、SNSのように簡単にチャンネル登録者数が増えません。

YouTube チャンネル登録 増やす」とかで検索するといろいろ方法が出ると思いますが、結局は動画を作ってアップロードした内容で増やすしかないのです。

もし、1000人達成できていない状態でしたら収益化もできないわけで、その間は無報酬で動画の投稿を続けなくてはいけません。

これがとてもきついですよね。他に収入が無いととてもじゃないけどやっていけないし、ほかに収入があったとしても無報酬で作業するというのはモチベーションが保てず精神的にもとてもきついです。

それを乗り越えられたYouTuberだけが収益化できるというわけですね。

だからこそ、「好きなことで生きていく」というキャッチフレーズが流行りましたがそのとおりかもしれません。好きなことなら無報酬でも続けられやすいので。

まとめ

Youtubeでアドセンスで収益化するには2つの条件

  1. 12ヶ月間の総再生時間が4,000時間以上
  2. チャンネル登録者数1000人

をクリアする必要があります。

簡単ではない条件だけど、それをクリアすればYoutubeでの収益が見えるようになります。

そうすれば、稼ぎの柱の一つとなる可能性がありますし、それにアフィリエイターとしてはいろいろな収益の柱を作っておくのはリスクヘッジ的にもいいことですよね。

アフィリエイトというジャンルで、YouTubeアドセンスで稼ぐのは難しいと思いますが、趣味などでYouTubeと相性のよい好きなことがあれば目指す価値のあるものだと思います。

2STEPインスタントアフィリエイト

初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法を無料公開中。

アフィリエイト

ノウハウは王道に近いので、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。堅実に収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。

WordpressやるならXサーバーがオススメ!

当サイトはWordpressで運用しています。いくつかサーバーを利用してみた結果Xサーバーにたどり着き、すでに5年以上使い続けています。 スピード、セキュリティ、サポート…どれも最高レベルにも関わらず低コストなところがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)