最短で成果を出せるPPCアフィリエイトとは?やり方・メリット・デメリットについて解説します!

アフィリエイトに限らず、ビジネスで最も重要なポイントと言えるのが集客です。

集客ができずにビジネスが立ち行かなくなってしまう人が後を絶ちません。アフィリエイトも例外ではないです。集客ができずに多くの方が報酬を得ることができずに挫折していきます。そこでその「集客」の壁を突破するために有効だと言われているのが、今回解説していくPPCアフィリエイトです。

今回は、PPCアフィリエイトのメリットとデメリットについて、初心者向けに具体的に解説していきます。

スポンサー:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

パソコン初心者でも最短30分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当の教材が今回無料とのことですので、これは貰わないと損です。
■無料:月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料

PPCアフィリエイトとは

PPCアフィリエイトのPPCとは「Pay Per Click(ペイパークリック)」の略です。

つまり「クリックに対してお金を払う広告」を使ってアフィリエイトをする手法という意味になります。PPC広告とは、GoogleやYahoo!の検索結果に表示される広告のことです。主にYahoo!リスティングやGoogleアドワーズの広告を指します。

Googleなどで検索した際に、タイトルの下に「広告」と出てくるサイトがあります。広告と出ているサイトはGoogleに広告料を払って表示させているのです。

広告主はユーザーにサイトをクリックされる度に、課金式で広告料をGoogleに支払う仕組みになっています。

広告主は自分のアフィリエイトサイトを出稿し、広告によってサイトを上位表示させ見込み客を集めていきます。表現を変えると「お金を払って検索エンジンに上位表示させてアクセスを集めるアフィリエイト手法」と言うことができますね。

アフィリエイトは成果が出るまでどうしても時間が掛かってしまいます。その解決策として生み出されたのがこの手法です。PPCアフィリエイトでは、広告費を投じることですぐに一定数の集客が見込めますから、成果を出すまでの時間短縮が狙えます。

広告費よりも発生した報酬が大きければ、差額が利益として残ります。

「アフィリエイト報酬」-「広告費」= 利益

このような公式です。広告費と収益を調整していくシンプルな手法がPPCアフィリエイトなのです。

PPCアフィリエイト実践に必要なステップ

それでは、PPCアフィリエイトに必要なものを具体的に解説していきます。

以下の流れを参考に取り組んで頂きたいと思います。

1.アフィリエイトする商品

まずはアフィリエイトしていく商品を選んでいく必要があります。

PPCアフィリエイトで一番恐ろしいのは赤字になることです。そのため、商品選定には気を使わなければいけません。売れやすい商品なのか、利益額の大きな商品なのかなど、慎重に判断する必要がありますね。

さらに重要になってくるのは、販売者側が用意しているセールスページの完成度です。販売者側のセールスページのクオリティが低いと、いくらアクセスを流しても成約に至らないものです。ASPごとに売れている商品のランキングを出していますので、商品の売れやすさはランキングの順位を参考にすると効率的でオススメです。

2.広告出稿用のページ

商品を選定した後は、広告を出稿するためのページ制作をしていきます。広告を出稿するページには、いくつかのパターンに分かれてきます。

1.ペラページ

ペラページとは、1カラムの1ページで作られているページです。主に商品画像と商品を紹介する文章、広告主が用意している公式サイトに飛ぶリンクが貼り付けられています。

制作するのが1ページだけなので、作業スピードが早いのが特徴です。

一昔前では、文章量が非常に少ないペラページを大量に作り、そのペラページから広告主のセールスページに誘導するのが主流でした。しかし現在、コンテンツ内容の薄いサイトでは広告の審査に通らないことが非常に多くなっています。

ペラページが全てダメという話ではありません。文章量が極端に少なく、コンテンツのないページと判断されるのがNGだということです。

2.ランキング、比較サイト

ランキング形式でアフィリエイト商品を紹介したり、いくつかの商品を比較したレビューサイトなどを指します。複数の商品を掲載しているので、ペラページと比べて作成に時間はかかります。

3.商品詳細型ページ

上記のペラページにプラスして、商品の説明やコンテンツ内容を充実させているページです。ペラページの文章量では広告の審査に通りにくくなっているので、近年主流になっています。通常のペラページよりも文章量やコンテンツ量が多く、縦長に作られています。商品の詳細やコンテンツをじっくり読み込ませていくことができます。

コンテンツ量も充実しているので広告審査に通りやすくなりますし、商品の成約率も高くなる傾向にあります。

【補足】どんなページで勝負するかはあなた次第

どのようなページを作り広告を出稿するかは、アフィリエイターの戦略によって異なってきます。

どのパターンのページでも成果を出しているアフィリエイターは存在するので、何がベストなのかは断定が難しいところです。

成約率の高いページを作ることができれば、集客すればするほど商品は売れていきます。あとは広告費を追加して、集客数を増やせば利益は大きくなっていきます。逆に、成約率の低いページであれば、広告を回収できずに赤字が膨らむことになります。

3.広告出稿

ページ制作ができたら、次はいよいよ広告の出稿です。細かい流れを今回の記事で解説すると量が膨大になってしまうので、かいつまんで解説していきます。

1.キーワードを決めて入札する

PPCアフィリエイトをするためには、広告用ページがどのキーワードで検索された際に上位表示されるのかを決める必要があります。キーワードによって1クリックごとの広告単価が異なります。当然、需要のあるキーワードの方が、広告単価が高くなります。

2.広告文を作成する

キーワードを決めた後は、広告文を作成していきます。広告文を作る際も注意すべきポイントがあります。

キーワードと広告文、そして広告ページの内容が薄かったり、関連性が無いと判断されたら広告審査が通りにくくなります。キーワード、広告文、広告用のサイトに一貫性を持たせるように意識する必要があるということです。

4.広告の費用対効果の測定

広告の出稿が終わったからと言っても、ここで終わりではありません。PPCアフィリエイトでは、常に効果測定を行う必要があります。

投資した広告費に対して、いくら売上が出ていて、いくら利益が残っているのか。それらを具体的に測定していくことが非常に重要です。費用対効果が合わない状態では、お金を垂れ流しているのと同じですので適切な利益が確保されるように、日々テストを繰り返していく必要があります。

PPCアフィリエイトの優位点

成果が出るのが早い

PPCアフィリエイトの最大の特徴と言えば、集客が容易になるという点です。

通常、ブログやサイトをSEOで上位表示させたいと思ったら、相応の時間と労力が必要になります。しかしPPCアフィリエイトでは、広告費を払うことでページを検索の上位に表示させることができます。

そのためアクセスを集めやすいので、成果が出るのが早く即効性のある手法と言えます。数あるアフィリエイト手法の中でもPPCアフィリエイトは、最も早く結果の出せる方法だと言われています。

ある程度放置しても報酬が発生する

広告費を投じている限り、検索エンジンからある程度のアクセス数が見込めるので、ある程度放置していても報酬が発生するようになります。

ただ完全に放置してしまうと収入は萎んでいくので、定期的にページを改善していく必要はあります。

PPCアフィリエイトのリスクと注意点

ここまでの内容をご覧頂けたら、PPCアフィリエイトは効果的な手法だと感じて頂けると思います。しかし、どんな手法にもメリットとデメリットがあります。

PPCアフィリエイトにもメリットだけではなくデメリットも存在していますので、それらを踏まえた上で取り組んで頂きたいと思います。

広告費倒れになるリスクがある

PPCアフィリエイトの最大のリスクと言えるのが、広告費を回収できずに赤字を垂れ流してしまうことです。

実際、広告費を回収できずに撤退してしまうアフィリエイターも多いようです。

その要因としては「売れにくい商品を選択している」「利益額の小さな商品を選択している」「広告に出稿しているページの反応が悪い」「広告主の用意しているセールスページの成約率が低い」などが挙げられます。どれが欠けてもPPCアフィリエイトで成果を出すのは難しいので、慎重に見極めていく必要があります。

広告が突然出稿停止になるリスクがある

GoogleやYahoo!の広告審査が厳しくなり、出稿している広告ページがいきなり掲載停止になることもあり得ない話ではありません。

広告が掲載停止になると、当然ですが広告からのアクセスはゼロになります。すると、売上もゼロになります。つまり収益構造が崩壊してしまうということです。いくら気をつけて運用しているつもりでも、出稿停止になるリスクはゼロにはなりません。リスク面を把握した上で取り組む必要があると言えるでしょう。

PPCアフィリエイトは初心者にもできるのか?

ここまでの話で「PPCアフィリエイトは初心者にもできるのか?」という疑問を持っているかもしれません。

確かにPPCアフィリエイトを行う際に「どんなキーワードを選べばいいか分からない」「ランディングページなんて作れない」という不安が出てくると思います。金銭的なリスクが出てくる分、慎重になるべきアフィリエイト手法なのは間違いありません。

PPCアフィリエイトのノウハウは変化が激しく、昨年使えていたノウハウが通用しないことも多々あります。特に情報商材を扱ったページでは広告審査が厳しく、審査に落ちてしまい広告を掲載できないケースも多いのです。

ですから取り組む際は、今現在PPCアフィリエイトで成果を出しているトップアフィリエイターから学ぶのが良いと思います。現場で通用するノウハウを学んだ上で、実践に移すのが良いでしょう。きちんとしたノウハウを学んで実践すれば、初心者の方でも成果を出すことができるはずです。

PPCアフィリエイトは、他のアフィリエイト手法と比べても細やかな検証が必要な手法です。出稿した広告ページの費用対効果を日々測定していくので、ドンブリ勘定で広告を出すのはNG。

具体的にいくらの広告費で、いくらのアフィリエイト報酬を生み出せるのか。そしていくらの利益が手元に残るのか。赤字になってしまう場合は、掲載している商品に問題があるのか、それともページの作り方が悪いのか。多角的な視点で数字を解析していくことが必要になります。

出稿した広告に対して、日々効果測定を続けられる「根気強さ」と数字を管理できる「緻密さ」を持っている人は、向いている手法だと言えます。

まとめ

冒頭でもお伝えしたようにPPCアフィリエイトは、他のアフィリエイト手法と比べても最短で結果を出すことのできる手法です。

余剰金がある場合は、正しいノウハウを学んだ上で実践すれば、良い結果をもたらしてくれるでしょう。しかし、他のアフィリエイト手法と比べてリスクが大きい手法ですから、理解を深めてから取り組むことをオススメします。

【アフィリで月30万円稼げる98,000円相当のキットが無料】

パソコン初心者でも最短30分で初報酬を稼ぐことができ、その後1日たった2時間で月30万円稼げるという方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと慣れると月100万円以上稼いでいけることが特徴です。

本来98,000円相当の教材が今回無料とのことですので、これは貰わないと損です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

19歳の頃に起業を目指す。上場企業を含む営業会社を3社経験、その後マーケティング会社の取締役を経験する。Webマーケティングの中でもDRMやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチに精通し、ローンチ経験は14回、累計の売上高は10億円を大きく越え、現在はそれぞれの手法をMIXして売上を伸ばすことを得意としている。コピーライティングとマーケティングが専門分野。2015年6月株式会社ウェブエンジンを創業。アフィリエイトJAPANを月間30万PVのメディアに育て上げ、現在年商約4000万円。今は年商1億円突破を目指している。