【証拠画像付き】物販アフィリで承認率が70%を切るのは異常?!広告主と代理店の裏側について話したい

えー?!今月はガッツリ上がってたのに・・・・

一度は喜んだものの、月末での広告主側の承認作業で非承認(却下・キャンセル)になって、がっかりした経験はないですか?

4年ほど前、ある案件で100件以上の報酬を上げたのですが、承認されたのはたったの2件だったという経験があります。承認率にすると2%以下という凍り付くような結果数字。これは、実際に私に起きた出来事で、私は未だに「事件」だと思っています。

アフィリエイトで頑張ってる仲間に、絶対にこんな思いをさせたくない!今回の記事はそんな強い思いで書きました。


[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

ノウハウは王道スタイル。アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容です。

堅実に収入を得たいという方はこのやり方がオススメ。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト

承認率とは?

本題に入る前に、まだ、始められたばかりの方に少しだけ仕組みの話しをしますね。下の図を見てもらえますか?

アフィリエイト報酬の仕組み

案件によって、微妙に差はありますが、基本的にはサイト訪問者にアフィリリンクがクリックされて、広告主のページへ飛んで商品が購入されると一旦は「成果発生」です。

ただし、この時点では、まだ支払いの確認がとれていないので、一旦ASP預かりで「未確定報酬」という区分に入ります。そして、月末(もしくは翌月の定められた締め日)で、実際に支払い、お届けが確認されたものに関して「確定」され、アフィリエイト報酬が支払われます。

つまり、ASP管理画面の速報に表示される成果発生とは「未確定成果」の事を指します。そのすべてが支払われるわけではなく、途中キャンセルが出たり、いたずら申し込みなどが削除され、最終承認されたものが、私たちに支払われる「報酬」になるという仕組みです。

つまり、承認率(%)とは、確定報酬÷未確定報酬×100という計算式ではじき出されます。

1例をあげると・・・

未確定で10件の成果が上がった。⇒そのうち2件は「お客様がキャンセル」、「誤クリックで購入する意志無し」で省かれた。支払いが済み商品も届けられたのは8件だった。

という場合「8÷10×100」なので承認率は80%になります。

リード系案件と物販

アフィリエイトの案件には大きく2種類あります。

  • リード系案件
  • 物販案件

リード系案件と呼ばれるものは、資料請求とか、古くなった着物の買取査定など、商品購入ではなく、概ね「サービスの申し込み」の案件を指します。中古車の査定とか、浮気調査の探偵社への依頼・・などもリード系案件です。

これに対して、コスメ用品、化粧品、脱毛器具、ポケットWi-Fiなど、商品を購入して、自宅に商品が届く・・と言った案件を「物販案件」と呼んで区別しています。

リード系案件の承認率

基本的にリード系案件は承認率がそれほど高くない傾向にあります。「古い着物の査定を依頼した」この時点で未確定の成果が上がりますが、「実際に査定してもらったら、いい値段がつかなかったので、買取まで至らずに終わった」これは、非承認になります。

「浮気調査を頼んだ。実際に説明を受けたら、あまりにも料金が高くて、他の探偵社に頼むことにした。」こんな場合も未確定で一旦上がりますが、非承認というパターンです。確かに、実際にありがちなケースですから、リード系の案件がそれほど承認率が高くないのは頷けます。

もちろん例外はありますが、概ねリード系案件の承認率は40%~60%ぐらいと言われています。

物販案件の承認率ってどれぐらいが本当か?

では、物販系の承認率は?

今でもお付き合いさせて頂いている広告代理店のKさん曰く

「物販系の承認率って90%以上が当たり前ですよ。」「だって、100人注文して、10人も本当は買う気なかった人が混じってるとか、20人も住所間違えたとか・・ありえないでしょう?普通に考えたら。」と。

そうなんです。常識で考えて、物販アフィリの案件で承認率が90%を切るというのは、よほど広告主のページにエラーがあったとか、「事故」でもない限り起きない数字なんだそうですね。

実体験を嘘偽りなく話そう

この画像を見てもらえますか?

報酬画像 報酬画像

 

これ、私の報酬画像です。今が2019年10月なので、4半年前になります。当時ポケットWi-Fiのブログを作って、紹介してたんです。

12月に自分のブログが上位表示されて、一気に取れ始めて、月間30本~40本ペースで売れていました。毎日報酬画面を見るとA8ネットの未確定報酬が上がったお知らせの「ハチさん」が飛びまくっていた状態です。月末には普通に80%~90%は承認されていました。

事件が起きたのは、年が明けて2月の事。勢い衰えず、よく売れていたのですが、月末に管理画面を見るとキャンセルの嵐!しかも、このキャンセル攻撃は3月以降も続きました。

「なにが起きてるんだ?!」

まだ、当時の私には、ASPに担当もいなかったのでメールで問い合わせてみました。「1月までと全く変わって、全てが非承認になっている。間違いが無いか調べてほしいし、間違いがないなら、なぜキャンセル扱いになるのか広告主から理由が聞きたい」と。

A8からの回答は「ルール通りに承認作業を行っているので、結果の通り」というものでした。では、なぜ1月には90%の承認率で確定されていた同じ案件が2月以降これほどまでに承認されなくなったのか?

そんなタイミングで丁度外注のライターさんがWi-Fi が欲しいということになり、「どうせ買うなら」と、私のブログのリンクから購入してくれたんですね。

その後「届きましたよ!快適に使ってます」と外注さんからメールが来たにも関わらず、その月の承認は全件非承認。1件も承認されていません。

「もう許せん!絶対にオカシイ!!」再び A8に抗議のメールを送りました。外注さんが言った通りの時間にクリックされたデータが間違いなく残っているし、これなら動かぬ証拠のはず。

ところが、A8から返ってきた答えはこのようなメールでした。

A8からのメール

いやいや、こんなメール1通で引き下がれるわけがない。間違いなく購入されているのは事実ですから。再びA8に抗議のメールを送ります。今度はA8からは、広告主に確認を取るので、購入した証になる販売店から届いているメールを添付して見せてほしいと言ってきました。

私はすぐに外注さんにお願いして、購入時のメールを添付してA8ネットに返信しました。

購入者メール

A8からは確認します。のメールが届いたきり、そこからおよそ1か月返信がありません。「どうなってますか?」と確認メールを送り続けたけたけれど「調査に時間がかかっている」の1点張りです。

このままでは埒があかないと思い、強硬策に出ました。

「購入の事実があるにも関わらず、キャンセルを貫く広告主に対して訴訟を起こす準備を始めます。その前に今回の出来事の一部始終をアフィリエイト仲間に告げ、FaceBookとTwitterに証拠画像付きで拡散します。」と最後通告を突きつけました。

「A8ネットとしても、最善を尽くして調査しております。今しばらくお時間をください。」が最後のメールでした。結局、全ては闇に葬られたまま次の月、その広告主はA8から姿を消しました。

ハイエナがいる

通常「広告主」と呼ばれている企業は直接A8をはじめとするASPとは直接やり取りを行っていないんですね。ASPとの対応のために、「広告代理店」が間に入るケースが非常に多いのです。

確かに、企業の1担当がアフィリエイターの成果の承認作業まで見ていたのでは効率が悪すぎるのでしょうね。アフィリエイト関係は、ASPの対応も含めて、承認、非承認の決定も広告代理店が一手に引き受けるという流れになっていることがほとんどだそうです。

後になって、いつもお世話になっている広告代理店の担当のKさんから裏事情を聞くことが出来たんですが・・・それはもう、衝撃でした。

「うちは絶対にやらないですけどね。」と前置きをしながら

「広告主から、代理店報酬もらって、広告主側には売れた数をそのまま報告。商品はちゃんと発送。でASPにはキャンセル、非承認で報告上げて、アフィリエイターに支払うべき報酬は、全部広告代理店の懐に入る・・・いるんですよ。ハイエナみたいな代理店が。」

「本当ですか?」

「悲しいかな、そういう事やってる代理店があるのは事実です。広告主はアフィリエイト報酬がいくらに設定されているかも知らされてないことが多くて。特に、その手の代理店はノルマ達成したら、そのあと月末まで懐に入れ続けたいから承認率が急に落ちますからね。承認率の推移を時系列でよーく見てた方がいいですよ。」

「それ、犯罪じゃないんですか?」

「犯罪ですよ。でも、証拠がつかめないでしょ? 外からは。同じ代理店として恥ずかしいけれど、僕らがもっと大きくなって、沢山の広告主の案件をまともな代理店が抑えて、悪い奴らを少しずつ締め出していくしかないと思って頑張ってますよ。アフィリエイターが居なかったら、僕らだって食べていけないんですから。」

「目星はついてますが、証拠が無いのに、訴えても名誉棄損でやり返されますからね。とにかく物販系の案件で承認率が70%切る案件には近寄らない。最初から取り組まないことです。本当は90%切るのは・・って言いたいところですが、まぁ、どんなに奇跡的に事故が重なったとしても、承認率が70%切るなんて物販ではありえないですから。」

多くのアフィリエイターは、広告主とASPの間に更に代理店が入っていることすら知りません。私もずっとASPの向こうにはすぐ広告主が居るんだと思ってましたから。

リード系案件の承認率は40%~60%。これは良いとして、物販系の案件の場合、承認率はどんなに悪くても70%を切る案件には手を出さないことが大切だと声を大にして言いたいです。記事を書く時間も、外注費用も、ビジネス投資して取り組むわけですから、最低限自分の身は自分で守るしかないんですね。

これが私が実体験から得た教訓です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

書いていたら、当時のことを鮮明に思い出して、熱くなってしまいました。メールを引っ張り出したら、ちゃんと4年前のメールも残っていたので、今回公開しました。

アフィリエイトという素晴らしいビジネス。確かに稼げるようになるまでは辛いこともあるけれど、不正は絶対にNO!です。

読者の方々は絶対にこんなことに巻き込まれてほしくない。そう思って、アフィリエイトJAPAN代表の菅原に無理を言って、あえて記事に書かせてもらいました。こんな嫌な思いは自分だけで沢山ですから。

この記事が少しでも役に立てば嬉しいです。

2STEPインスタントアフィリエイト

初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法を無料公開中。

アフィリエイト

ノウハウは王道に近いので、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。堅実に収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。

WordpressやるならXサーバーがオススメ!

当サイトはWordpressで運用しています。いくつかサーバーを利用してみた結果Xサーバーにたどり着き、すでに5年以上使い続けています。 スピード、セキュリティ、サポート…どれも最高レベルにも関わらず低コストなところがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

30年に渡りイタリアンレストランのシェフとして厨房に立ってきた調理のプロ。50歳からアフィリエイトに興味を持ち包丁をパソコンに持ち替える。サイトアフィリ、PPCアフィリで実績を積み上げ、月130万円を突破。専業アフィリエイターとして独立を果たす。 2017年からは自らのアフィリエイト業務に加え、アフィリエイトLabで講師を担当。持ち前の明るさと熱血指導で人気講師として日本全国を飛び歩いている。座右の銘は「勝って奢らず、負けて腐らず」