アフィリエイト報酬を効率的に稼ぐために必要なこと

どうすれば効率的にアフィリエイト報酬を稼げるか、疑問に思っている人は多いです。

例えばインフォ業界ではトップクラスのアフィリエイターは月に1000万円規模の報酬を獲得する一方、月に5000円も稼げないアフィリエイターもたくさんいます。なぜこのような違いが起きてしまうのか?トップアフィリエイターの稼ぎ方を研究しているうちにわかった「報酬を稼ぐために必要なこと」をシェアしたいと思います。

(photo credit: Raymond Larose via photopin cc

スポンサー:1日たった2時間月30万円を稼ぐ方法

パソコン初心者でも1日たった2時間で月30万円稼げる方法が期間限定・無料で公開されました。この方法はキャッシュが発生するまでのスピードが早いことと、慣れると月100万円200万円と稼いでいけることが特徴です。

期間限定の企画ですので、是非早めのチェックをオススメします。
■無料:1日たった2時間で月30万円稼げる方法

どうすればアフィリエイト報酬を効率的に稼ぐことが出来るのか?

アフィリエイト報酬を効率的に稼ぐために最も重要なことは『ビジネスモデルを理解し、その通りに実践すること』です。

アフィリエイトビジネスの種類』でも書きましたが、アフィリエイトにはたくさんのモデルがあります。その中で、どういう人が、どういう稼ぎ方をしているのかリサーチをすることが最初のステップです。

メルマガアフィリエイトで稼いでいる人、ブログアフィリエイトで稼いでいる人、サイトアフィリエイトで稼いでいる人、調べれば調べるほどに生の情報を手に入れることが出来るはずです。

また、リサーチは以下の3つの媒体を中心に確認することをオススメします。

  1. まぐまぐ
  2. 人気ブログランキング
  3. インフォトップランキング

これらの媒体で発行主、販売主、ブログ運営者の情報を調べていくと、どんな人がどのような成果を出しているのかを調べていくことが可能です。

まずはこれらの媒体を十分にリサーチし、どんな人が、どのような稼ぎ方をしているのかを理解しておきましょう。

 

報酬を得やすいアフィリエイトJAPAN推奨のビジネスモデル

上記を踏まえ、アフィリエイトJAPANでは以下のモデルを推奨しています。以下推奨ビジネスモデルのイメージ図を掲載します。

アフィリエイト報酬

 

上記ビジネスモデルの解説

アフィリエイトJAPANで推奨しているビジネスモデルは非常にシンプルです。

最初のステップとしては媒体を育てます。育てる媒体は以下の3つです。

  1. ブログ
  2. ツイッター
  3. フェイスブック

そして次に『LP(ランディングページ)』にアクセスを集中させます。アフィリエイトJAPANではこのページをランディングページの代わりにしています。

ランディングページにアクセスを集中させ、集客を加速させる仕組みです。

最後は集まったリストに対してメールマガジンでさらに有益なコンテンツを提供したり、または他社案件の紹介をします。

想像以上にシンプルなのがお分かり頂けるはずです。

集客、リスト化、セールス。実はこれはダイレクト・レスポンス・マーケティングの基本原則に則っている手法です。基本通りですが、今だにこのやり方が最も効果を生み出しやすいと言えます。

 

まとめ

ビジネスモデルが決まれば後はやるだけです。

まずはアフィリエイトビジネスの様々なビジネスモデルをリサーチすることから始めましょう。今回の記事で公開しているアフィリエイトJAPAN推奨モデルがなぜ優れているのか、今の段階ではわからない人も多いと思います。他を調べ、その後にもう一度アフィリエイトJAPANに戻ってきて頂けたら嬉しく思います。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

1984年生まれ。19歳の頃に起業を目指し、営業会社を3社経験。その後フリーのコピーライターとして活動し、セールスレターは年間40件、メールマガジンは100件超を担当。前職はインフォ業界のトップ5に入る会社にて取締役営業統括本部として活動。Webマーケティングの中でもダイレクト・レスポンス・マーケティングやインバウンドマーケティング、プロダクトローンチフォーミュラに精通。2013年5月に同社退職。同年6月より長年の夢だった独立を果たし、マーケターとして活動をしている。