アフィリエイトJAPAN

個人事業主&兼業アフィリエイターが法人化するとしたら売上いくらからがオススメか検証

個人事業主&兼業アフィリエイターが法人化するとしたら売上いくらからがオススメか検証

兼業、専業どちらの立場だとしても、アフィリエイターとして活動していればいつかは法人化してさらに売上を増やしたいと思うものです。脱サラして法人化し、月収100万円、200万円、300万円…とステップアップしていくことを目標にしている人も多いはずです。

ただ具体的に法人化のラインが見えている人は少数派。そこまで考えている人はほとんどいないのが実情です。

そこで今回の記事では法人化へのオススメのタイミングを私の経験をベースにご紹介します。法人化した後にかかるコストと、個人で運営した場合のコストを比較して、どちらがお得になるか?を見つつ、法人化のラインを考えたいと思います。

今すでに月20万円前後稼いでいる人はおそらく近いうちに法人化のラインが来るはずです。その時は是非この記事を参考にして法人化の検討をしてみてください。

[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

このやり方を実践すると、自分が何もしなくても収入が発生し、ただ見ているだけでキャッシュを手にできるとのことで、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。ノウハウは王道に近いので、 継続的に、安定的にアフィリエイト収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト

アフィリエイターが法人化することで得られるメリット・デメリット

基本的には売上が一定額以上に達していれば法人化を行った方が良いです。メリットが多くなりますし、活動の選択肢も増えてビジネスとして有利になるためです。ではまず法人化することで得られるメリットからご紹介していきましょう。

メリット

1.信頼を得やすくなる

一般論として「個人」よりも「法人」の方が信頼されやすいです。仮に運営がどちらも一人で行っているとしても評価は法人の方がです。

理由は数多く挙げられますが、やはり一番はしっかりしているからです。法人になるためには国などにお金を20~30万円前後を支払って登記し、毎年決算をしていく必要があります。法人はその細かな作業をするのが当たり前ですので「しっかりしている」という点においては法人の方が確実に上なのです。

また銀行の借り入れも法人の方がしやすく、Webサイトの運営者も法人の方が信頼されやすく、新規の取引や契約も法人の方が取りやすいです。全てにおいて信頼度で勝ることになります。

法人化の一番のメリットは信頼を得やすくなることだと私は思います。

また個人の生活でも個人事業主よりも、法人の代表の方が便利なことが多いです。賃貸の審査や住宅ローン、車のローン、お金が絡むものはやはり法人格の方が信頼されやすく、便利ですね。

2.節税の選択肢が増える

法人にすると節税対策の選択肢が増えるため有利です。

生命保険、自動車、退職金、家族への給与など対策を取りやすくなり、税額を減らすことが可能です。また、所得税と法人税の税率の差で法人にした方が有利になるラインがあり、年間の所得500万円以上は法人の方が有利となります。

反対を言うと年間の所得が500万円以上あるのに個人事業主のままでいることは、損をしているということになります。このラインに到達しているアフィリエイターは早めに法人化を検討することをオススメします。

3.有限責任になる

法人化すると「有限責任」となり、返済義務は出資の範囲のみとなります。反対に個人事業主の場合は無限責任のため、返済義務があるものは全て返済しなければいけません。ここは個人と法人の大きな差ですので要チェックです。経営のリスクを少なくするという意味でも法人化は有利です。

ただし、銀行などから借り入れをした場合、社長が保証人になった場合、その借入分は倒産したとしても全て返済する必要があります(倒産後、返済不可能な場合は自己破産でゼロに戻す方法もある)。保証人になっていたり、借り入れが無ければ、万が一倒産となっても、ただゼロに戻るだけです。再チャレンジもかなりしやすいはずです。

4.採用がしやすくなる

アフィリエイト事業を組織化したい場合、スタッフを雇い入れることになります。その場合の採用活動は個人事業よりも法人格の方がやりやすくなります。

これは「1.信頼を得やすくなる」と関係しています。やはり働く側としても個人よりも法人の方が安心感があるからですよね。

5.融資を受けやすくなる

融資を受けたい時に個人事業主の場合は第三者の保証人が必要です。自分以外の誰かを保証人に立てないと銀行は融資してくれないのです。

しかし、法人の場合は「法人名義で融資を受け、保証人は社長」が一般的です。そのため保証人を探すこと無く融資を受けることが出来ます。その差はあまりにも大きいものです。

6.取引先が増えやすくなる

今はフリーランスの時代で、個人で稼ぐ人も増えています。しかしどんなに時代が進んでも法人の方が信頼度は高いです。取引相手は「法人」と決めている企業も多いですし、どこの業界でもその傾向はあると思います。そのため、個人事業主時代に比べると、法人化後の取引先の増えやすさには驚くかもしれません。

アフィリエイターの場合は仲介にASPが入るためそのメリットは気づきにくいですが、それでも法人の恩恵は受けれると思います。

7.決算月を自由に決められる

個人事業は毎年1月から12月が事業年度となり、年末にしめて3月に確定申告です。そのため、どんな状況であれこの期間をずらすことは出来ません。必ず3月に確定申告です。しかし法人の場合は立ち上げ当初に任意で決算月を決めることが出来ます。3月決算、7月決算、12月決算、いつでも大丈夫です。

例えば売上が大きくなりすぎた時などにその月を事業開始月にすることが出来るなど恩恵を受けられます。これによって節税がしやすくなり、経営をやりやすく出来ます。

アフィリエイトはある時から急激に売上が伸びる…ということがあるので、このメリットは大きいと私は思っています。

8.モチベーションが上がる

副業で始めたアフィリエイトが、気づけば法人化を検討するまでになり、ついに法人化…というストーリーはモチベーションをおおいに上げてくれると思いませんか?

私も法人化する前は「していいものか、しないべきか」で非常に悩みました。しかしいざ法人化した後はモチベーションが下がること無く、頑張り続けることができています。売上も個人事業の時の倍以上になりましたし、2年目は1年目の1.7倍~2倍ペースなので法人化の意味は十二分にあったと思います。

一度法人化すれば良く言えばワクワク感が続き、悪く言えば逃げられない状況になります。そういった感情も法人化する時に楽しんでいただきたいですね。

デメリット

1.赤字でも毎年必ず住民税を払う必要がある

法人化すると、売上ゼロまたは赤字でも毎年必ず住民税を支払う必要があります(黒字の場合はプラス法人税が発生する)。金額は都道府県民税2万円と市町村民税5万円の約7万円。これは売上の額に関係なく必ず毎年発生する税金です。法人を維持するだけ年間7万円が必要ということです。

2.会計処理や申告はプロに任せる必要がある

法人の会計処理や申告はプロに任せた方が良いです。個人で行うのは難易度が高く、ミスの恐れもあってオススメ出来ません。ですので毎月顧問料が発生します。月3万円~5万円前後です。

ただ、法人化する場合、税理士との顧問契約とセットで行うのが一般的なの、多くの人は難しさを感じる前にプロに丸投げという状態になると思います。私も同じでした。

補足:交際費は平成25年4月で改正され法人だからといってデメリットとは言えなくなった

以前は交際費の面で法人より個人事業主の方がお得だと言われていたこともありましたが、今は大きな差がなくなっています。以前は資本金1億円以下の法人は600万円までは90%が経費に出来るとされていましたが、今は限度額は800万円、経費に出来る割合は100%となっています。

アフィリエイターというカテゴリで見たら、交際費だけで800万円使うことはまずありません。なので実質個人事業主が優位ということは無くなったと考えた方が良いと思います。

全部踏まえると法人化のラインは報酬額月60万円

いざ法人化をする時、いつどのタイミングでやればいいか多くのアフィリエイターは悩むはずです。結論からいくとアフィリエイト報酬額が月平均で60万円を超えていたら、法人化しても良いと思います。そのラインから法人化のメリットを得やすくなります。

また、月平均60万円の出し方は過去3ヶ月の売上の平均値から見るとブレが出づらくなりオススメ。アフィリエイトの売上は毎月同じ数字になることはまず無いので、平均値を出すことが大切です。例えば、先月:70万円、先々月:45万円、先々々月:52万円の売上とします。こうした場合の平均値は167万円÷3ヶ月で約56万円です。

この平均値を見て、法人化すべきかどうかを判断するとまず大きな狂いも無く、ベストなタイミングで法人化が可能です。心配性な方は過去6ヶ月間で考えても良いですね。そしてこの平均値が大体ですが月60万円をオーバーした時、それが法人化のタイミングです。

法人化に必要なコスト

法人化するということはコストが増えるということでもあります。

登記やもろもろの手続きを済ませるだけで約20~30万円、顧問税理士を雇って顧問料毎月3万円~5万円です。あと決算、年末調整などもその都度手数料がかかります。これは法人化した後にかかる費用で、やってみると予想外に支払いは多いです。

ただしメリットもたくさんあります。

節税対策を取りやすいという点と、法人の代表という社会的証明を得られること、あと顧問税理士を雇うことで経理の健全化を見込めます。

ちなみに月60万円以下となると個人事業主で運営しても法人格で運営してもそこまで大きな差はありません。

60万円は本当にギリギリのラインで、個人事業主の時の売上60万円と、法人格での売上60万円で比べたら、大したメリットは無いと思われます。法人格を謳えるくらいではないでしょうか。むしろコスト負担が増え、多少個人事業主の方が取り分は多くなるかもしれません。

そのため、本格的にメリットが出てくるのは月80万円~100万円くらいからで、60万円を突破してまだまだ頑張れるという人がその段階で法人化をすると無駄が無く、ベストです。というわけで、やはり売上月60万円が法人化するかどうかの一つのラインということにして良いと思います。ちなみに私は60万円で法人化を行いました。

まとめ

法人化をすると心地よいプレッシャーを感じることが出来ますし、節税含めて色々な意味でいい効果をもたらしてくれます。

私は周りの起業家たちが月60万円くらいで法人化したという話を聞いて、それが理由で私もそのタイミングで行いました。結果、良い判断になったなと思っています。法人になると経費に出来る幅も広がりますし、税理士という味方も生まれ、安心して事業を行うことが出来ます。その安心感を得るためにも法人化は早い段階で行うことをオススメしたいですね。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Return Top