アフィリエイトJAPAN

アフィリエイトビジネスの種類

今回はアフィリエイトの種類について記事を書きたいと思います。

それぞれメリット、デメリットがあるのでビジネスをスタートさせる前に十分に検討をした上でアクションを起こすことをオススメします。それではどんなやり方があるのか早速読み進めて行きましょう。

アフィリエイトビジネスの種類は以下のとおりです。

  • 【1】メルマガアフィリエイト
  • 【2】ブログアフィリエイト
  • 【3】サイトアフィリエイト
  • 【4】PPCアフィリエイト
  • 【5】携帯アフィリエイト

それでは順番に解説をしていきましょう。

[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

このやり方を実践すると、自分が何もしなくても収入が発生し、ただ見ているだけでキャッシュを手にできるとのことで、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。ノウハウは王道に近いので、 継続的に、安定的にアフィリエイト収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト


【1】メルマガアフィリエイト

アフィリエイトJAPANで最もオススメしている手法が『メルマガアフィリエイト』です。特にインフォ業界で報酬を稼いでいる9割の人がメルマガを所有し、そのメールマガジンでアフィリエイトを行なっているという事実があります。

また、メルマガアフィリエイトで稼げる金額は部数次第です。上限がありません。トップクラスのアフィリエイターは月1000万円を稼ぎだすこともありますし、もちろん稼げていない人もいます。なので稼げる金額はやり方次第で変わるということです。

メルマガアフィリエイトを実践する上でポイントとなるのは以下の3つです。

  1. メールマガジンの部数(読者数)
  2. 読者が増える仕組みの構築(モデル)
  3. ライティングスキル(文章力)

この3つについて十分に勉強と実践を重ねれば“高確率”で報酬を稼ぐことが出来ます。

ビジネスモデルも読者を集めてメールを配信するだけというシンプルさ。一度マスターすれば半永久的に稼ぎ続けることが出来る手法としてオススメしています。

 

【2】ブログアフィリエイト

次にブログアフィリエイトです。ブログアフィリエイトの特徴は読者が求めている記事を書き、アクセス数を増やしつつ、一定数のファンが出来てからアフィリエイトをするやり方です。

また、一つのメインブログにアクセスを集中させるために、いくものサテライトブログ(子ブログとも言います)を作り、メインブログへアクセスや被リンクを送るやり方があったり、奥が深いアフィリエイト手法です。

しかし、検索エンジンのアップデートなどが起きてから、現段階ではメインブログだけを運営し、後はいかに自然な被リンクやアクセスを集めるかに力を注いでいる人が多くなってきているようです。

上手く人気サイトを作成することができれば、安定して月数十万円の報酬を得られるようになるため人気がある手法です。メルマガアフィリエイトと連携して使われることも多いです。

 

【3】サイトアフィリエイト

サイトアフィリエイトで使うサイトはドリームウェーバーやホームページビルダーなどのWEBページ専用ソフトを使って作成します。そのため、初心者がいきなり参入するのはかなりハードルが高い手法と言えます。また、サイトアフィリエイトの場合はブログに比べて、アクセスは検索エンジンから引っ張る以外方法がありません。

そのため、コンテンツボリューム、コンテンツ数、コンテンツクオリティー全てにおいて秀でていないどいけないというプロ仕様の手法です。

また、このやり方で月数十万PVのアクセスを集める人も実在しており、極めると相当な収入を得ることも可能です。

 

【4】PPCアフィリエイト

早速ですが、PPC広告という言葉を聞いたことはありますか?

PPC広告とは検索エンジンで検索した時にトップまたは、右側に表示される広告のことです。以下の画像の赤枠部分がPPC広告です。

アフィリエイト種類

1クリック当たりに広告費がかけられているために、出稿者側(PPCアフィリエイター側)としてはコスト先出しになります。アフィリエイトURLでPPC広告を出稿し、売上から広告費用を差し引いて残った金額が利益になる仕組みです。

メリットとしては広告管理をしていれば、勝手に報酬が上がってくるということ。そして売上が増えれば、その資金を広告費に回せることにあります。そうすればビジネス展開を加速させることも可能になるため、人によっては投資と言えるかもしれません。

しかし、デメリットも覚えておいて下さい。

売れる商品の選定が難しいこと、ライバルの登場によって広告単価が跳ね上がることがあること、検索エンジン側のルールに則って作業をしなければいけないこと、などいくつか考慮すべき点が挙げられます。そのためPPCアフィリエイトも上級者向けと言えます。

 

【5】携帯アフィリエイト

アフィリエイトには、「携帯アフィリエイト」というカテゴリも存在します。携帯アフィリエイトもトッププレーヤーになれば多額の報酬を稼ぐことが出来ます。

しかし、携帯アフィリエイトの場合は携帯ユーザーが対象になるために若年層を狙ったビジネスがメインになります。そのため低単価でどれくらいの客数を取れるかが鍵になります。また携帯アフィリエイトで稼いでいる人の多くは“キャッシング”などの高単価カテゴリで勝負していることが多いということも覚えておきましょう。

 

まとめ

今回の記事ではアフィリエイトの種類について解説を行いました。

アフィリエイトといっても様々な種類があることに驚いたのではないでしょうか?実はここでお話したアフィリエイト手法は主にインフォ業界で活用出来るアフィリエイト手法で、実際はAmazonアフィリエイトやアドセンスを活用したアフィリエイトなども存在します。

どれもマスターすれば月100万円を狙えるのですが、それでも再現性、勉強の範囲、将来性などを考えると「メルマガアフィリエイト」を強くオススメしたいと思います。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Return Top