アフィリエイトJAPAN

プライバシー守れてる??Facebookで公開範囲を絞り投稿を見せる人と見せない人で指定する方法

プライバシー守れてる??Facebookで公開範囲を絞り投稿を見せる人と見せない人で指定する方法

その投稿、誰でも見れるようになっていませんか?

Facebookが楽しいのは近況や写真を投稿して、仲間と情報を共有できること。楽しかった思い出や美味しかったご飯やデザート、記録をアルバム的に残していけることもFacebookを使う利点の一つです。しかし、楽しい反面。気を付けないと色々なトラブルに繋がることもあるのがFacebook。なぜなら実名が原則だからです。

プロフィールや投稿、それぞれの公開範囲を設定しておかないと時にやっかいなことになりえます。

そこで今回の記事ではFacebookの投稿の公開範囲を設定して個人情報をむやみにさらさないようにする方法をご紹介します。

[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

このやり方を実践すると、自分が何もしなくても収入が発生し、ただ見ているだけでキャッシュを手にできるとのことで、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。ノウハウは王道に近いので、 継続的に、安定的にアフィリエイト収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト

Facebookの投稿を全て「公開」にすることで起こり得るトラブル

前述した通り、Facebookは実名が原則のSNSです。最初の設定のままにしておくと、投稿した内容全て、誰でも見れるようになります。

気軽に投稿したことがきっかけで、こんなトラブルが起こることも当然ありますよね。

  • 恋人と喧嘩になる(合コンや飲み会の写真をアップしたなど)
  • 別れた恋人に「いいね(コメント)」されたり、不要なメッセージが届く
  • 会社の同僚や上司・部下に休日の過ごし方がバレる

これが例えばビジネスの世界になると、Aの会合は断って、Bの会合に参加していた…など、知られたくないけど知られてしまったというケースもありえます。やっぱり気まずいですよね。私はそれでよく悩んでいる人を見かけます。本当は会合の写真をアップしたり、タグ付けされたいけど、でもA会合の主催者に知られるのは良くないからアップしない。そんな話です。

Facebookが窮屈なSNSと言われるのはそんな理由からかもしれませんね。

Facebookの投稿の公開範囲を設定する2つの方法

ではFacebookをもっと楽しく使うためにはどうすればいいかというと、投稿やアップした写真の公開範囲をあらかじめ決めておけばOKです。

この設定をしておくとアップした投稿の公開範囲を「友達に公開」「友達の友達まで公開」「公開」「特定の人に公開」「特定の人を除外して公開」など細かく指定することが出来ます。この設定を上手に活用すると「プライベートな投稿はその時に一緒にいた友人だけに表示」や「ビジネス的な投稿は友達に表示しない」などコントロールすることが出来ます。

では方法は2つありますので、それぞれご紹介していきます。

一つ目:設定から投稿の公開範囲を変更する

まずは基本設定から投稿の公開範囲を変更する方法です。このやり方はPCを使った方法です。画面は若干変わりますが、スマホからも同じ操作が可能です。

1.Facebookの個人ページにアクセスして「設定」をクリック

Facebookトップページ

右上の下▼をクリックしたあと、表示されたメニューから「設定」を選びます。

2.設定メニューから「プライバシ―」を選択し、共有範囲を選択する

Facebook設定ページ

左のメニューから「プライバシー」を選択。その後「私のコンテンツを見ることが出来る人」の「編集」を選んでください。

3.共有範囲を選択する

公開範囲設定

「私のコンテンツを見ることが出来る人」の中の「公開」という青いボタンを選択すると、上の図のようなドロップダウンが表示されます。任意の項目を選んでください。

  • 公開:Facebook利用者ではない人を含む、全ての人に投稿が公開されます。
  • 友達:Facebookユーザーの中でも友達にだけ投稿が公開されます。
  • その他のオプション:細かな公開範囲設定を行えます。

このような区分けになっているので、好みに合わせて選択すればOKです。

4.より細かな設定をしたい場合はこちら

より細かな公開範囲を設定したい場合

より細かな設定をしたい場合は「その他のオプション」を選択してください。すると追加でドロップダウンメニューが表示されます。このメニューからは「知り合い以外の友達」「自分のみ」「カスタム」「地域」「知り合い」「親しい友達」などの選択をすることが出来ます。

おススメは「カスタム」を使う事です。

カスタム設定

カスタムメニューはユーザー毎に個別で「投稿を表示する」「投稿を表示しない」を選ぶことが出来ます。上の画像の①は「投稿を表示する人」です。Facebookを仲間だけの情報交換で使いたい場合はこちらの①に友達を追加すればOKです(仲間だけに表示されます)。

特定のユーザーだけ投稿を見せないようにしたい場合は②を選びます。こっちの方がニーズは高そうです。別れた恋人や会社関係の人、苦手な人など。自分の投稿を見せたくない人はこちらの②に追加すればOKです。FBをビジネスで使いたいけど、その活動を昔の友達に見られたくない場合は②に全ての友達を追加すればOKということになりますね。

ここまでが基本となる設定です。ここで設定した内容はこれから投稿する全ての投稿に反映されることになります。

二つ目:投稿毎に公開範囲を設定する(投稿毎、個別で設定することが出来ます)

ここまでお話してきた公開範囲の設定は個別の投稿でも行うことが出来ます。

1.投稿毎に公開範囲を設定するには投稿BOX右下の「公開」を選択

投稿毎に公開範囲を選択したい場合は投稿ボックス右下の「公開」を選択することで設定が出来ます。

カスタムの場合は一度タグを入力しておくと、こちらで消さない限りは次から自動入力されます。なので投稿を見られたくない特定の人がいる場合は基本的にはカスタムを選ぶと良いですね。

まとめ

Facebookは実名制がゆえに、投稿をすればそれだけで誰がどこで何をしていたかがわかります。タグ付けされていれば誰と一緒だったかも公開されます。これはビジネス的には良いことかもしれませんが、プライベート的にはちょっと嫌ですよね?

だからといって「だからFacebookは面倒なんだ!」と結論付けたりはせずに、今回の記事を参考に投稿範囲を絞って活用してみてください。きっと今よりもっと楽にFacebookを活用できるはずです!

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Return Top