アフィリエイトJAPAN

1万円くらいのキーボード「K750」から2000円のキーボード「SKB-SL16BK」に乗り換えた結果

壊れてしまったK750

悲報。買ったばかりのキーボード「K750」が壊れました。ネットビジネスをやる人間にとってキーボードは手のようなもの。誰だってこだわりたいパーツの一つです。御多分にもれず私もその一人でもっと良いキーボードは無いものか…と日々探し続けてきました。結果行き着いた「K750」。でも結果がこれです。

結論:キーボードは高けりゃ良いってものじゃない!

壊れるって最悪ですよね(笑

というわけで今回はキーボード選びで大切なことと、その結果私が選んだキーボードについて記事にしたいと思います。まずは私のキーボード遍歴についてです。

[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

このやり方を実践すると、自分が何もしなくても収入が発生し、ただ見ているだけでキャッシュを手にできるとのことで、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。ノウハウは王道に近いので、 継続的に、安定的にアフィリエイト収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト

キーボード1代目:無名の付属キーボード

無名のPC付属キーボード

今年の夏にPCを入れ替えた時に一緒にくっついてきたキーボードがこちらです。品番を探したんですが見つからず。無名のキーボードです。最初はこのキーボードで我慢していましたが、

  1. タイピング音がかなりうるさい(夜に家で仕事をしていると気になってタイピングできなくなる)
  2. ストロークが長い(深く押さないといけない)
  3. 方向キーがなぜか小さい(操作しにくい)

1週間もすれば慣れるかなと思って使っていたんですが、全くなれることが無く買い替えることにしました。

キーボード2代目:ちょっとお高めロジクールの「K750」

ロジクール「K750」

リンク:ロジクール「K750」

K750に乗り換えました。もともとロジクールファンということもあって(こんな記事も書いてる:LOGICOOLマウス「M570」が最強である8つの理由)安心して購入しました。購入時のポイントは

  1. 薄い(ノートパソコンのような薄さ)
  2. キーストロークが浅い(パチパチ打てる)
  3. 静音性に優れている(ノートパソコンのキーボードのようなイメージ)
  4. ワイヤレス(ソーラーパネルがついてるので充電・電池交換不要)

このキーボードは望んでいるポイントを全て網羅していて、ほぼ完ぺきでした。唯一値段がちょっと割高なのがデメリットですね(購入時は電気屋さんで1万円くらい。アマゾンだと7,000円くらいで買えます)。

そして使い始めて1週間が経過したころ…

キーボードK750が壊れた

壊れた…(汗

最初はボタンが外れただけかな…?なんて思ったのですが、恐る恐る内部を見てみると中の白い蝶番(ちょうつがい)のようなパーツがパキッと折れていたんです。当然くっつくわけがないので、強引にアロンアルファで接着(笑 めちゃくちゃ使いづらい。。。

最初は保証を使うことも考えましたが、送料は実費です。仮に直って返ってきても次は違うキーが壊れるかもしれません。なんか「→」とか「↑」あたり怪しい気がするんですよね~。というわけでもう泣き寝入りします。こういう時の考え方はたった一つしかありません。

次に行こう。次!

そして現在のキーボードの話です。

キーボード3代目:安価キーボード「SANWA SKB-SL16BK」

安くて高品質「SKB-SL16BK」

リンク:SANWA「SKB-SL16BK」

今度はSANWAのキーボードへと乗り換えました。今度は安いです。Amazonで2,000円くらいで買えるので、K750の半値以下。仮に3回壊れてもK750の方が高いくらいです。つまりこの時点でコスパが良いことがわかりますね(笑 で、このキーボードを選んだ時のポイントは、

  1. 頑丈であること(K750での失敗から。これはボタンが外れないタイプ)
  2. キーストロークが比較的浅い(タイピングのやりやすさはいい感じ)
  3. 静音性がまあまあ(パチパチ打てるが、静寂性はK750の方が上。かなり上。つまりそこそこ音がする)
  4. 今度は有線タイプにしてみたかった(ソーラー機能とか外れれば安くなるわけで…ソーラーって実は無駄?)

…という感じで、機能面でいったら「K750」には敵いっこありません。どちらかというとトータルバランス?音がちょっとうるさくなるけどタッチ感は良い、有線になるけど頑丈。ボタンが取れる心配もない。そして安い。総合で見るとかなりいいのではないかと思います。

あと使い始めて気づいたことがこのキーボードは「タイピングミスが減る」気がします。パッケージにも書いてありますが、キーが打ちやすいのが原因かもしれません。配置もスタンダードで慣れるまで一瞬です。

このキーボードは今のところいい感じです。私はサイト運営以外にもコーディング系もやるので1日何時間もパチパチとキーボードをたたきますが、感触は良いと思いますよ。これから買うならSANWA「SKB-SL16BK」はおススメの一品です。

K750破損で学んだキーボード選びの注意点

キーボードは好みが出るので、これは参考程度にしてください。

私は今までノートパソコンでほぼ全ての業務をこなしてきていて、キーボード選びとは無縁でした。それが仕事の幅が広がって、デスクトップを購入したんです。それが今回のキーボード選びの始まりでした。結果、ノーブランド、ロジクール、SANWAと渡り歩いてきたわけですが、キーボードは最初に言った通り、

高けりゃ良いってものじゃない!

です(笑 一回壊れただけで言い切るのもちょっと問題な気がしますが、でも1週間で壊れたんですよ。疑心暗鬼にもなります。高いキーボードになるとデザインがかっこよかったり、ソーラー機能とか搭載されていて凄く高級感が出ます。でもキーボードはしょせん消耗品です。いつかは「7」とか「Y」が反応しなくなるんです。

そう考えると高いベストなものより、安い満足度75%くらいのものを買った方が良いです。

そういう前提で私が今回感じたキーボードに必要な要素は以下の6つです。上にある項目ほど優先順位が高いです。

  1. 頑丈であること(キーボードが簡単に壊れると仕事にならん!)
  2. 5,000円以下であること(いつか壊れて買い替えるから)
  3. キー配置がスタンダードであること(意外と重要。早く慣れることが出来る)
  4. タイピング音が静かであること
  5. キーストロークが浅いこと
  6. 有線タイプで十分であること

この6点を意識してキーボードを選べば、まず失敗することは無いと思います。

まとめ

とりあえずSANWA「SKB-SL16BK」は導入してまだ日も浅いので、正直まだ結末はわかりません。…が触っている感じは丈夫な雰囲気を感じています。また、このキーボードは電気屋さんでサンプルが置いてあることが多いので、電気屋さんに行くついでに一度触ってみることをおススメします。

もしこのキーボードも早い段階で壊れてしまったら、またこの記事に追加して、新たなキーボードをご紹介しようと思います。乞うご期待ください!

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Return Top