アフィリエイトJAPAN

日本一の金運神社「新屋山神社」に行ってきたので、どんな場所か紹介します!

20150706

ネットビジネスに取り組んでいる人にとって…いえ、全人類にとって運気を上げることはとても大切です。私もふと「運気」って大事だよな…と思い至り、日本一の金運神社と呼ばれている「新屋山神社」に参拝に行ってまいりました。

実はこの神社はインフォプレナーやアフィリエイターなどのいわゆるコンテンツ販売のプロフェッショナルと呼ばれている人たちに非常に人気があり、毎年、同じ時期に参拝に行く人が多いんだとか…。私もアフィリエイトJAPANというアフィリエイト特化型のサイトを運営しているので、その業界の端くれとして行かなければいけない!…と思い至ったのです。

ただせっかく参拝にいくのであれば、中々富士山まではいけない…という方のために写真を公開しようと思いまして。かなり神々しい雰囲気があるなか、空気を読まずにバシバシ撮ってきましたよ(笑 写真を見るだけでも運気があがるとか上がらないとか言われているので、是非見てみてくださいね。

[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

このやり方を実践すると、自分が何もしなくても収入が発生し、ただ見ているだけでキャッシュを手にできるとのことで、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。ノウハウは王道に近いので、 継続的に、安定的にアフィリエイト収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト


日本一の金運神社「新屋山神社」はどこにあるの?

まず金運神社がある場所からですが、富士山の麓にありまして、麓にある本宮と、富士山を車で少し登った場所にある奥宮の2つが新屋山神社です。アクセスはこちらの通りです。

  • 本宮:山梨県富士吉田市新屋神社河原1230 JR大月駅より乗換え 富士急行 「富士山駅」から 「三島駅南口」行、「浅間神社前」下車 徒歩約10分、または、「道志小学校」行、「新屋公民館入口」下車 徒歩約5分
  • 奥宮:車で国道138号線より「富士浅間神社東」交差点を南(富士山方面)に約10分(国道701号)、「中の茶屋」手前「滝沢林道」を約15分

(引用元:日本一の金運神社「新屋山神社」公式ホームページより

本宮は大体このあたりです。

2015-07-06_16h01_12

奥宮は大体このあたりです。

2015-07-06_16h02_48

本宮と奥宮、その両方を参拝するのが一番良いとのこと。なので、参拝に行く場合は必ず車で行きましょう!

私はさらに本格派参拝コースの「北口本宮富士浅間神社」を加え、3つの神社を巡るコースで行ってきました!

上記の2つの神社の参拝に加えて、浅間神社にもご挨拶に行くのが本当の金運神社参拝コースだというお話を頂いたので、せっかく行くなら…ということで、3つを巡るコースで行こうじゃないかと。参拝ルートとしては、

  1. 北口本宮富士浅間神社
  2. 新屋山神社 奥宮
  3. 新屋山神社 本宮

このルートで参拝することになります。あ、ちなみに北口本宮富士浅間神社は非常に有名な神社ですので、ナビに入れれば一発で表示されます。

ではまずは北口本宮富士浅間神社から参拝に参ります。

富士浅間神社と新屋山神社_6902[1]

最初の鳥居と、本宮の中間地点。背の高い木々が立ち並んでいて、空の光がわずかに届く幻想的な雰囲気です。気温も外に比べると3,4度低く感じる程、空気が澄んでいます。

富士浅間神社と新屋山神社_6184[1]

もう一つ立派な鳥居があって、この奥が神社となってます。

富士浅間神社と新屋山神社_714[1]

神社の手前にはこんなドでかい杉の木。「富士太郎杉」と書かれてます。大人が8人位手を繋いでやっと届くかどうかという太さです。

富士浅間神社と新屋山神社_8597[1]

メインとなる富士浅間神社に到着。駐車場からは歩いて大体3分くらいですね。まずはここで参拝します。ちなみに浅間神社だけで6箇所程参拝します。ここが一箇所目です。

富士浅間神社と新屋山神社_338[1]

浅間神社本殿を正面にして、左側に抜けていくとこのような道があります。奥に見える拝殿(?)で二箇所参拝します。

富士浅間神社と新屋山神社_6152[1]

さらに奥に進んでいくと本殿の裏側に行けます。

富士浅間神社と新屋山神社_4725[1]

ここで4カ所目となる「富士えびす様」にも参拝をします。

本来であればえびす様の奥にも参拝箇所(5カ所目)があるんですが、撮影漏れがあって写真無しです。

富士浅間神社と新屋山神社_8503[1]

最後にこちらを参拝(6箇所目)して終了です。富士浅間神社だけで6箇所も参拝するので、賽銭は予め余裕を持って用意しておきましょう。

次に「日本一の金運神社新屋山神社 奥宮」を参拝しに行きます!

場所は記事前半でご紹介した通りです。ナビに入力しても到着出来るはずですが、わかりやすいのは701号線を富士山に向かって進み、「中ノ茶屋」を左折するだけ。後はひたすらまっすぐ登り続けます。

富士浅間神社と新屋山神社_8303[1]

ここが中の茶屋の手前あたりにある、奥宮に続いていく林道です。途中道幅が狭い箇所がたくさんあるので、スピードは出さないようにしましょう。

この道はとにかくひたすら登ります。エンジンが唸る程の坂があったり、対向車が全く見えないカーブもあって、気を張る道です。

富士浅間神社と新屋山神社_3931[1]

これが奥宮の入り口です。中々雰囲気ありますね。いやぁここまでよく登ってきました。

富士浅間神社と新屋山神社_4256[1]

ここでの参拝は二箇所です。写真に鳥居が3つ写っていますが、手間の2つがそれぞれ入り口になっています。奥側は通常の二礼二拍手一礼で参拝を済ませます。手前はサークル状になっていて、一風変わった参拝の仕方になります。説明書きがあるので、そのやり方に従って参拝を済ませます。

写真の左奥の方に行くと、お守りを購入出来るようですが、この日はあいにく誰もいませんでした。参拝が終わり次第、安全運転で坂道を下っていきます。

最後に「日本一の金運神社新屋山神社 本宮」を参拝しに行きます!

富士浅間神社、新屋山奥宮の参拝が終わったら最後に本宮の参拝です。本宮は手前の道が細いのと、駐車場が小さいので要注意です。

富士浅間神社と新屋山神社_1774[1]

こちらが本宮の入り口ですね。ここでお辞儀してから本殿を目指します。鳥居がめちゃくちゃ大量にあって、金運神社らしさがにじみ出てます。

富士浅間神社と新屋山神社_6414[1]

階段を登って振り返るとこんな感じです。奥の奥も鳥居。本当にたくさんあります。

富士浅間神社と新屋山神社_1201[1]

ここが本殿です。靴を脱いで中に入り、お祓いを受けてから祈祷します。ここでも独特の参拝法があるので、よく説明を聞くか、看板の説明書きを読んでから参拝することをオススメします。きっと最初はチンプンカンプンになると思いますよ!なので後ろに人がいない時を見計らって入るのがオススメ。

富士浅間神社と新屋山神社_8434[1]

本殿の参拝が済んだら、本殿に向かって左側にある拝殿(?)にも参拝します。

富士浅間神社と新屋山神社_3391[1]

同じく本殿左側にもう一つ参拝箇所があるので、ここでも参拝します。なので本宮では3箇所の参拝になりますね。

富士山は日本で一番高い山ということで、日本で一番パワーが集まる場所(日本の中心地にあるので神々のパワーが集中するんだとか。この説は世界的にも有名らしい)とも言われています。一説によると富士山の写真を自宅や事務所に飾るだけでも運気を上げるのに良いと言われている位で、とにかく富士エリアは訪れるに良い場所なんだそうです。

また、今回の金運神社(新屋山神社)は富士麓に本宮、そして5合目近くまで登った箇所に奥宮があるということで、神社として凄いパワーを持っているんだとか…。今回ひと通り参拝をしてみて、なんだか背筋がシャキッとするというか、気も身も引き締まった感じがあります。

今年はタイミングよく参拝出来たので、来年以降も毎年参拝をしようと思いました!

最後に時間が余ったので、スバルラインを使って富士山五合目まで行ってきました!

実はスバルライン走るだけで2,000円もかかるんで、そこだけ要注意です!私は正直、10数キロ走るだけでお金取るんかいって思いました(笑

富士浅間神社と新屋山神社_7626[1]

これは富士山4合目の展望台。

富士浅間神社と新屋山神社_4471[1]

5合目到着。私が行った頃はまだ登れませんでした。完全に封鎖されています。

富士浅間神社と新屋山神社_7493[1]

五合目に立ち並ぶレストハウスの1つ。日本人は3%くらい。残りの97%はなんと外国人観光客!なんだか外国にいるような変な気分でした。

富士浅間神社と新屋山神社_9912[1]

五合目から見える富士山頂。

めちゃくちゃ近く見えるんですが、あの山頂に至るまで早い人で6時間。普通の人で8時間かかるそうです。でも高山病のリスクがあるので、標高に慣れるために途中1泊するのが基本なんだとか。あと、ご来光の時間帯は行列が出来るそうで、通常の数倍の時間がかかるというようなことも言ってました。やはり山はナメちゃいけませんね。

いつかは登りたいなーと思いつつ富士山を後にします。

富士浅間神社と新屋山神社_1063[1]

最後に吉田うどんを食べました。硬めのコシが強い麺と、薄めのスープが見事にマッチ。とても美味しかったです。

まとめ

今回の金運神社巡り。最高でした!複数箇所ある金運神社を一つ一つ時間をかけて参拝する経験って中々出来ないので新鮮で楽しかったですね。また富士吉田のエリアは見あげれば富士山があるので、どの場所にいても富士山のパワーを貰える気がして、わずか数時間の滞在でしたが元気を頂きました。

個人的にはほぼ旅行の体で、こういう事が気軽に出来てしまうのもアフィリエイターの良さだな…と再確認した次第です。今後アフィリエイトJAPANの読者さんを募って、こういう場所に足を伸ばすのも良いですね!

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Return Top