アフィリエイトJAPAN

マーケター視点で使いたい!プラグイン「Datafeedr Random Ads V2」応用編

20140220

昨日ご紹介した広告管理プラグイン、「Datafeedr Random Ads V2」が、思いのほか好評で驚きました。そこで今日はこのプラグインの応用編をお届け。

前回の記事をご覧になっていない方はこちらをお読みになってから先にお進み下さい。

【参考記事】ブログをマネタイズしたいなら広告管理プラグイン「Datafeedr Random Ads V2」。成果が可視化出来る超優良プログイン

[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

このやり方を実践すると、自分が何もしなくても収入が発生し、ただ見ているだけでキャッシュを手にできるとのことで、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。ノウハウは王道に近いので、 継続的に、安定的にアフィリエイト収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト


玄人好みなプラグイン「Datafeedr Random Ads V2」

昨日ご紹介した広告管理プラグイン、「Datafeedr Random Ads V2」が、思いのほか好評で驚きました。

  • 『こんな便利なプラグインあったんですね!』
  • 『最近ちょっとずつPV数が増えてきていたので、ちょうど登録率やクリック率を計測したいと思っていたところでした。助かります^^』
  • 『早速導入してみました!設置めっちゃ簡単ですね』

色々コメントいただきまして凄く嬉しかったです。

個人的にはこのプラグインは玄人好みなやつだと思っていて、より戦略的に報酬を稼ぎたい人向けのツールなんですね。

ぶっちゃけなところこのプラグインを使わなくても、広告バナー掲載をしてリンクURLを短縮URLに切り替えればクリック数と登録数はわかるわけで。残る手間は広告の切り替え(貼り替え)のみ。プラグインが無くても計測そのものは出来るんですね。

なので必須というわけではなくて、より精密なデータを求めたい人向けかな…。と、そう思っていたわけです。

 

データ大好きなあなたはマーケター気質かも…

でも、このプラグインを見て、「これ、すげー!」と思ったあなたはマーケター気質なんだなと思います。マーケターはデータ収集大好きの、データマニアが多いですからね。

これからマーケティング系の仕事をしていきたい人はこのプラグインから始めてみるのもありかもしれませんね。

 

「Datafeedr Random Ads V2」を効率的に使い倒すために。使用パターンを2つご紹介

さて、プラグイン、「Datafeedr Random Ads V2」ですが、このプラグインを使ってみたら、結構色々な計測パターンを思いつきました。

ただ単にランダムで広告を掲載出来ると言っても、そのままやっていたらやっぱりちょっとつまんないです。私は色々な形を試してみて、最も効果の高い方法を見出すのがこのプラグインの役目だと思っていて。

そこで今回はこのプラグインを使ってどういった応用の仕方があるのか、どういった計測の仕方があるのか、より玄人向けにコンテンツをお届けします。

 

1)スタンダードなパターン

まずはスタンダードなパターンから。

■サイドバー広告内でランダム表示
├広告A
├広告B
└広告C

※A・B・Cの順番でランダム表示される。

これが最も一般的です。

この計測法の場合は、完全に同じ条件下でA~Cの広告がランダム表示されるので注目度の高さをかなり正確に計測出来ます。

クリック数(率)が高い=注目度が高い

ということで、誘導効率の高い広告をこれ一つで把握することが出来ます。これは日常的に使った方がいいです。オプトインキャンペーンが被っている案件同士で計測して、より優れている方を優先して掲載するようにしましょう。

 

2)複数広告をランダムで表示するパターン

次に私がオススメしたいのは、複数の広告を順番を変えてランダム掲載するやり方です。

■サイドバー広告内で複数の広告をランダム表示
├【1】広告A 広告B 広告C
├【2】広告B 広告C 広告A
└【3】広告C 広告A 広告B

 

■【1】の場合の掲載イメージ

2014-02-20_11h10_12

 

■【3】の場合の掲載イメージ

2014-02-20_11h10_29

という具合です。

このやり方なら一つの広告スペースに3つの広告を掲載出来て、その中でもどの順番の場合で収益が最大化するかをチェック出来ます。

一般常識的には、一番上が最も反応が高いと言われていますよね。

でも広告の内容によっては一番下が一番上よりも成果を上げることもあるんですね。クリック数が低くても、登録率が高いケースもありますからね。その場合は一番下の広告と上の広告を反対に掲載するとか工夫出来ます。

なのでどうしても複数広告を掲載したい場合は、このやり方を採用して、どのパターンが最大収益化するかをチェックした方が良いです。

 

3)定番広告+ランダム広告で表示するパターン

では次です。個人的にはこれがオススメです。

定番広告+ランダム広告の組み合わせパターンです。

■サイドバー広告内で定番広告+ランダム広告を表示
├【1】広告A(定番) 広告B 広告C
└【2】広告A(定番) 広告C 広告B

2014-02-20_11h14_38

これは定番広告を固定にして、その他の広告をランダム表示にするやり方です。定番広告とは例えばアフィリエイトJAPANの場合はCTA(LPへの誘導バナー)がそれに該当します。

“常時見せたい広告”と、“回したい広告”の2つはどうしても存在します。

特に、

  • 自社案件
  • 高額報酬の案件
  • 人間関係が強固な人の案件

など、こういう広告は常時見せたいのが普通で、ランダム表示にはし難いです。そういった時に「定番広告+ランダム広告」の掲載パターンがバッチリハマります。前述の通り、私はこれが一番好きです。

 

まとめ

…というわけで色々な掲載パターンがあります。

これまでは手作業でコピペコピペコピペをしないと順番変更や広告の切り替えが出来なかったのでやりたくても出来ませんでした。なによりその作業が億劫だったんです。

でも、「Datafeedr Random Ads V2」このプラグインがあることによって機械的にランダム表示してくれます。作業代行ツールみたいなものですね。使えば使うほどその能力の高さがわかるので、本当に良いツールなんだなと思います。

今日は応用編をお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?ブログマネタイズに是非ご活用下さい。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Return Top