アフィリエイトJAPAN

ブログの過去記事を定期的に更新・修正することで得られる5つのメリット

20140123-2

あなたは過去記事を放置していますか?それとも定期的に修正していますか?私はつい先日まで放置していたのですが、「過去記事」は宝の山であることに最近気づき、それから定期的に修正するようにしました。

ブログを運営していて、毎日記事を更新しているという人はそこそこ多いと思います。しかし、それに加えて「過去記事も日々修正している」という人は超少数派。…というわけで今回はブログの過去記事を定期的に修正・更新することで得られる5つのメリットをお届けしたいと思います。

[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

このやり方を実践すると、自分が何もしなくても収入が発生し、ただ見ているだけでキャッシュを手にできるとのことで、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。ノウハウは王道に近いので、 継続的に、安定的にアフィリエイト収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト

(photo credit: LoKan Sardari via photopin cc

アクセスアップ・コンバージョンアップは過去記事の更新から成せる

サイトとは違ってブログの場合、毎日のニュースとか、日々の出来事を告知すれば良しと考えている人もいると思いますし、昔の記事に価値は無いと考えている人もいると思います。

でも、アフィリエイトJAPANのようなコンテンツブログを運営している人の場合は、“過去記事の更新は定期的にやった方が良い”と言えそうです。

アフィリエイトJAPANにはサイドバーに週間記事ランキングを掲載していますが、その中に昨日、サイト開設日にポストした半年前の記事が上がってきたことに気づきました。

2014-01-23_13h56_15

「はて…?どんな記事だったかな?」

と思って確認をしてみると、とにかく内容が雑で古い。文章にも誤字が多いし、文法ミスもある。加えて、画像も質が悪くて、見出しもなくて、読んでて嫌になる、そんな記事だったわけです(私はブログ開設時にスタートダッシュ目的で短期間にたくさんの記事をポストしていました。その影響もあってミスが多かったのです)。

半年前の記事というのは、「大昔」では無いにしても、やはりかなり前の記事です。

アクセスアップに取り組みながら、毎日試行錯誤しながら、そして失敗と成功を経験しながら過ごした半年間は人を大きく進化させるものです。その半年の間に

  • SEOの常識
  • 文章力
  • 記事の書き方
  • 見出の付け方
  • 画像の付け方
  • こだわり

など、色々な物を手に入れ・経験し続けてきました。

以前、あるブロガーの記事に書いてあったのですが、「昔の記事は恥ずかしくて見せれない」ということを言っていました。

本当にその通りで、半年前の自分では常識だったものも、今の自分では非常識になっていることはかなりあります。

そんな状態で昔の記事を見たものですから、それはまぁひどい状態で、良くこの状態で表に出していたなおまえ…という感じでした。それで急遽編集。約1時間程かけて修正をしました。それがこちらです。

【参考記事】Twitterでアフィリエイト報酬を得る4つのステップ

 

昔の記事が何故今更ランキング入りし始めたのか?

この記事が何故半年経った今ランキング入りするのかというと、検索順位の変動が裏にあります。

調べてみると、元々この記事は20位、30位をうろちょろだったのですが、今ではロングテールでアクセスを集めるようになっていたのです。サイト全体の評価が上がり始めると、徐々に過去記事一つ一つの表示順位も上がってきます。

検索順位とは本当にボディーブローのようで、いくら対策して記事をポストしても、最初は中々上位に表示されません。

本当に、時間をかけて、徐々に徐々に1位に近づいていきます。

今回の記事もそういう“徐々にタイプ”で、今になってようやくアクセスを拾うようになってきています。その結果、ランキングに顔を見せたんですね。

 

ロングテールでアクセスを拾う記事は昔の記事が多い

それで、よくよく考えてみると、古い記事程上位な事が多いのです。

当時はキーワードを狙ってポストしたけど、すぐ上位には表示されず、3ヶ月も経ってから上位に表示される…。アフィリエイトJAPANではこういうパターンがすごく多いです。だから今後も、半年経って上位に入ってくるとか、1年経って1位とか、かなり出てくると思うんですね。

それを考えると「過去記事が過去の記事だからといって放置しておくのは非常にもったいないことだ」と思うに至ったわけです。

ブログやっている人で、過去記事を定期巡回して更新している人はものすごく珍しいと思いますけどね。

でもこれをやると効率的にアクセスを集めることが出来るので、出来ればやった方が良いです。

 

過去記事をチェック・編集・更新することで得られる5つのメリット

では具体的に、過去記事はどういうところをチェックすればいいかというと…。

  1. 誤字脱字、文法ミスの修正
  2. 画像を最新に差し替えることが出来る
  3. 記事ボリュームの増強
  4. リンク切れのチェック

などの4点です。

これらを行っておくと、具体的には以下の5つのメリットを得ることが出来ます。

 

【1】滞在時間が伸びる

最もヒットしている検索キーワードを意識して記事を修正すれば、精読率が上がり、結果滞在時間が伸びます。

滞在時間が増えることはGoogleからの評価も上がることになるので、いい結果をもたらします。

もし元の記事が誤字脱字が多い場合は、改善することで精読率が上がります。

 

【2】コンバージョンが増える

滞在時間が伸びるということは、比例して記事の信頼度が上がってきていると考えて良いです。

記事の信頼度が上がるということは、その結果、PV数アップやコンバージョンアップにもつながっていきます。

 

【3】第一印象を良くすることが出来る

特にツールの解説記事の場合は、時間の経過と共に画像が古くなっていきます。1年や2年も前の画像だと、読み手も疑心暗鬼になりますし、せっかくのアクセスを無駄にしてしまいます。

過去記事を定期的に修正すると、訪問者の印象を良くすることも出来ますね。

 

【4】サイト全体のSEO評価を上げることが出来る

Googleはサイト内にコンテンツ内容の薄い記事があるとサイト全体の評価を下げると言われています。

過去記事に誰の役にも立たない内容の薄い記事がある場合、その記事はボリュームアップして役立つようにするか、または思い切って削除した方が良いです。するとサイト全体の評価を上げることになり、さらなるアクセスアップを狙えます。

 

【5】ソーシャルでシェアされやすくなる

記事が最新状態を保たれていれば、シェアされる機会が増えます。

昔の記事をシェアしようと思う人はいません。

しかし、更新されていて、記事が最新状態であれば、シェアする価値が生まれます。結果、高確率でシェアされることになり、アクセスアップにつながっていきます。

 

…と、このように、様々なメリットを得ることが出来ます。

なので過去記事の修正はやらないよりはやった方が確実に良いということです。

 

まとめ

ただ、現実問題として、月日が経つにつれて過去記事は増えますし、全ての記事を最新状態に保つのは無理です(-_-;)

なので、ルールを決めると良いです。

  • アクセスを集めている上位100記事は2,3ヶ月に一回定期巡回でチェックする
  • 週間ランキング上位20位までは、1ヶ月に一回で定期チェックをする。

などです。

過去記事のチェックは本当に大変です。チェックだけでも大変なのに、編集・修正・ボリュームアップなどをやれば、1時間から2時間はかかります。なので、自分のルールで定期的にチェックするのがいいですね。

私もこれを機に、定期的に過去記事を編集して最新の状態を保てるように努力したいと思います。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Return Top