アフィリエイトJAPAN

メルマガの開封率を上げる方法|開封率は3つの手順で劇的に向上する!

20131211

「メルマガの開封率を上げるにはどうすればいいのか?」

メルマガを取り巻く環境は今もなお刻々と変化を続けています。Facebook、チャットワーク、Lineの普及でメルマガは徐々に開封されにくくなり、メールの用途も限られてきています。最近は、メーラーを開く頻度も何だか減ったな―と思いませんか?私は減ってきています。

一部の間では「メルマガよりもLINEやFacebookに力を入れたほうが良い」という話も出始めている位です。

しかし、メルマガには根強いファンがいます。

インターネットが登場してもテレビや新聞が無くならないように、メルマガもどんな噂が立とうと残り続けます。少なくとも、今後、10年~15年は成果を出し続けるはずです。

そこで今回は今の時代でもメルマガで成果を出すために最も注意したい「開封率の上げ方」について3つの手順別にまとめたいと思います。意外に見落とされている部分、間違いがちなポイントもあるので要チェックです。

[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

このやり方を実践すると、自分が何もしなくても収入が発生し、ただ見ているだけでキャッシュを手にできるとのことで、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。ノウハウは王道に近いので、 継続的に、安定的にアフィリエイト収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト


メルマガは最強のマーケティングツール

色々言われているメルマガですが、どんな噂があるにせよメルマガは未だに最強のマーケティングツールです。

以下の画像はWIREDさんが公開している記事「SNSを上回る、電子メールによるマーケティング効果」からの引用で、メルマガのその効果を明確に示したものです。こちらの画像は当サイトでも何度か取り上げていますが、参考になるので度々使わせてもらっています。

(マーケティング情報企業のカストラ社が86の小売サイトを利用した7200万人の顧客を分析)

この図を見ても分かる通り、1位は検索、2位はPPCのGoogleの独占状態。しかし、3位がE-mailです。続く4位はぐーーんと下がってアフィリエイト、5位はバナー広告、6位はFacebook、7位はTwitterという結果です。

Googleを除けば「メルマガ」がNo1という事実。

Web上でビジネスをやるなら、メルマガの事は無視出来ません。

 

「メルマガは終わった」と言われやすい2つの理由

このような調査結果(これは一部、他にも大量にあります)が出ているにも限らずなぜメルマガの成果が疑われるのかというと、そこには大きく2つの理由があります。

 

1.開封率が低くなってきている

開封率は年々低くなってきています。これは事実です。

実は今日、船原徹雄さんのメルマガで面白い記事が掲載されていました。

1388号:件名:驚きの数字が出ました

船原さんは昨日からHTMLメール形式に変更したということで、その開封率を測定できるようになったそうです。

そこで早速その測定をしてみると、

「開封率4.1%」

という数字が出て、低めに予想していた数値よりもさらに低い数値で凄く驚いたという内容がこの記事で説明されています。ちなみに船原さんのメルマガは毎回おもしろいことが理由で、ジャンルは違えど私は毎号必ず読んでいます。なのでコンテンツの質の問題では無いと感じました。他に原因がありそうです。

しかもオプトインリスト(シングルオプトとはいえ)での数値で、決してリストの質が低いわけではありません。

でもこの数値です。

最近は連絡手段が増えて、Facebook、LINE、チャットワークが急速に普及してきています。その影響でメーラーを開く機会が減ったことが開封率を下げている理由の一つ目です。

 

2.迷惑メール判定が強化されている

インフォ業界No1メール配信システム「エキスパートメール」の運営責任者の七星明さんによると

  • 2013年11月26日 Yahoo!メール
  • 2013年12月3日 Gmail

このタイミングで各社の迷惑メール判定基準が変わったと話をされています(引用元:メールが届かない真実)。また、Gmailの判定基準が変わった12月3日にエキスパートメールの2000サーバー中、500サーバーが迷惑メール判定を受けるようになったとのこと(引用元:エキスパートメールの新規契約を年内中断)。

これに限らず、迷惑メール判定の基準は日に日に強まる一方です。懸命に原稿を書いてもメールサービス側で迷惑フォルダ入りすると開封はまずされなくなります。

 

このような2つの理由から「メルマガは終わった」という言葉が使われてしまうのだと思います。

しかし、未だに効果があるのは前述の通り事実であって「だからメルマガを捨てる」という行為ははあまりにももったいなく、乱暴です。重要なのはその環境の中でも成果を出す方法を模索&理解しておくことです。

 

メルマガの開封率を上げる3つのポイントと、一つの投資

これからお話する内容を実践していただくことで「開封率のアップ」と「迷惑メール判定」を受けにくくすることが出来ます。

では順番にご紹介していきます。

 

開封率を上げるポイント1:件名

2013-12-11_10h39_49

メールは日々、大量に届きます。私の業界リサーチ用メールボックスには1日約200通のメールが届き、その内の8割がセールスメールです。

この中に自分のメルマガが埋もれていると仮定して、どうすれば開封して貰えるのか?を考えなければいけません。

そのやり方を3つにわけてご紹介します。

 

1.目印をつける

大量にあるメールの中から、あなたのメルマガを発見してもらうためには目印をつけると効果的です。タイトルに「【●●通信】」や、「●名前:」をつけます。

こうすることで、どのメルマガなのかがわかるようになります。

 

2.件名を工夫する

次に件名を工夫することです。

件名を上手に作成することで、開封率が3倍、4倍へと跳ね上がったという事例はたくさんあります。

こちらの記事を参考に、件名を工夫してみましょう。

メルマガ発行者必見!思わず開封してしまう件名の作り方「15の心理的トリガー」

 

3.短くする

通常、メーラーは20文字前後で件名をカットして表示します。つまり、長い件名は最後まで読まれることが無いということです。

可能な限り短く、重要であることを伝えた件名は、読者の心を動かしやすく、開封率アップに繋がっていきます。

NG例:なぜメルマガは読まれないのか?

OK例:購読率を7.1倍に引き上げた7つのステップ

このようにちょっとした工夫をすることで、目を引く件名を作ることが出来ます。

 

開封率を上げるポイント2:配信時間

効果の高い配信時間は3つです。

  1. 7時
  2. 12時
  3. 18時

これを見れば分かる通り読者が情報収集に動く時間帯が狙い目です。平日なら仕事が始まる9時より前、そしてお昼、帰宅後、この3つの時間帯が狙い目です。

以前、起業仲間の一人に、「ライバルはみんな帰宅した人を狙って18時に配信するから、18時15分に配信するとさらに反応が上がる」という話を聞いたことがあります。

確かにFacebookやTwitterもタイムラインは新しいもの順で見ていきますよね。ですから、この話はあながち無視できないなと思いました。

 

開封率を上げるポイント3:ルール化

良質なコンテンツを含んでいるメルマガにはファンが出来ます。

ファンはメルマガが届くことを待ち望んでいるので、配信する時間帯はルール化した方が良いです。その方が開封率がグググと上がります。

毎朝7時なら7時。18時なら18時と決めることです。

この時間を狙って配信することで開封率を上げていくことが出来ます。

その半面、ルールを守るということは発行者側からすると納期を作ることにもなり、ストレスがたまりやすいです。しかし、メルマガの効果を少しでも高めるためには、ここは努力のしどころと言えそうですね。

 

到達率を上げるポイント:システム

実はメール配信システムと一言に言っても、そのシステムクオリティーはピンきりです。

使ってみたら、7割は迷惑判定を受けたという話は良くあることです。

今は到達しているとしても、徐々に届かなくなる事例もあります。特にASPタイプのメール配信システムは一つのサーバーに複数の発行者(メールマガジン)が組み込まれるため、その中の一人が悪さ(スパム)をしたり、アダルトメルマガを発行するだけで、他の発行者に被害が出ることがあります。

ですから、配信システムを選ぶ時は慎重になりましょう。

また、到達率とコストはどうやっても比例します。

今巷で届くと話題の「メール配信スタンド ARMS」は97%のメールが届くとしている代わりに、その月額コストは169,000円です。また七星さんが運営するエキスパートシリーズの中でも最高峰の環境を提供している「エキスパートメール・ギガ」は初期費用30万円、月額97,000円です。

このように到達率とコストはどうやっても比例してしまうのです。

例えば月商で150万を超えたらギガを使うなど、目標を立てて運用していくと良いです。どうやってもそこまでは払えないよ!という方は私が今使っているコスパ最強のメール商人がオススメです。今のところ各フリーアドレスにも到達しているため信頼して使っています。

こちらは安価なので、使い勝手が良いです。

 

まとめ

このようにメルマガ配信には努力の“しどころ”がたくさんあります。

件名や配信タイミングのルール化は誰でもできる事ですが、軽視できません。意外にもそのような地道な努力こそ最も効果の出る開封率アップ法になりますからね。また、メール配信システムについては届く、届かないの噂も色々聞いていますので、契約前に相談したい方はお気軽に私までご連絡下さい。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. こんにちは!ランキングからきました。

    メルマガを開封してもらう秘訣。
    はやり、地道に工夫することが大切なんですよね。

    メルマガ、やってみたいです。
    応援ポチっ

    • アフィリエイトJAPAN 菅原 将

      おばねえちゃんさん

      コメント&応援ありがとうございます。

      スポーツとかでもそうですが、
      地道な作業が一番重要だったりしますよね。

      是非また遊びにきてくださいね!

      菅原

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Return Top