アフィリエイトJAPAN

アフィリエイト報酬を倍化させるコピーライティング5つの方法

2013-08-21_18h06_52

なぜ、ボリュームと説得力のある文章をスラスラ書ける人と、いつまでたっても文章に悩む人がいるのでしょうか?

今回は多くのアフィリエイターに参考にしてほしい基本のライティングテクニック「文章量を増やす技術」についてフォーカスを当て、そのやり方をご紹介しようと思います。

この記事を最後まで読んで頂ければ、今後「何を書いていいかわからない…」という悩みはきっと無くなるはずです。

[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

このやり方を実践すると、自分が何もしなくても収入が発生し、ただ見ているだけでキャッシュを手にできるとのことで、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。ノウハウは王道に近いので、 継続的に、安定的にアフィリエイト収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト


なぜ文章量を増やす必要があるのか?

「アフィリエイト」はインターネットビジネスです。

インターネットビジネスの基本は「コンテンツ」です。その情報量の過多で信用される、されないが決まり、その信用の度合いによって商品が売れるのです。つまり、アフィリエイターとして名乗る以上は、密度の高い情報を届ける必要があるということです。

では、具体的になぜ「文章量」「情報量」が必要なのか?という疑問についてお答えします。具体的には3つの理由があります。

  1. 情報が少ないと人は不安を感じ、行動を起こさないため
  2. 文章量を増やすことで読者が納得しやすい説明が出来るため
  3. 「得」を感じてもらうため

つまり、これら3つの理由をまとめると、見込み客との距離を近づけるために「文章量」を多くするとも言えますよね。

また、書き手としてもある事柄を十分に見込み客に伝えるためにはどうしても文章が長くなってしまうという書き手側の理由もあるとも言えます。

 

文章量を増やすための5つのテクニック

しかし、文章が苦手な人にとっては文章量を増やすことは簡単では無いと思います。そこでこの5つのテクニックを使って下さい。これを使えば知識0のライティング初心者でも驚く程簡単に長い文章を書けるようになるはずです。

  1. テーマを決め、絞る
  2. 情報を集める
  3. 構成を決める
  4. 見出しを使う
  5. リーズンワイを徹底する

では順番に説明していきましょう。

 

1.テーマを決め、絞る

「どんな文章を書いていいかわからない」「中々いいアイデアが思い浮かばない」という悩みは『テーマを絞る』ことで解消されます。

ではここで、「アフィリエイトビジネス」について文章を書くことを一度想像してみてください。あなたなら何を書きますか?

そしてその次に「反応率を10倍に引き上げるメールの件名の作り方」について文章を書くことを想像してみて下さい。あなたなら何を書きますか?

…この2つを比べてみて、いかがでしょうか?

アフィリエイトについて書くこと考えると、あまりにも範囲が広すぎて何も考えられないのがわかるはずです。またはテーマを決めることに時間がかかるという人もいるかもしれません。ある人はテーマが豊富すぎて、どのテーマで書けばいいか選べなくなるかもしれません。いずれにしても考える事に時間を使ってしまうのです。

逆に「件名の作り方を書いて下さい」と言われれば、調べればいい情報がその瞬間すぐに思いつきますよね。例えば件名は何文字位がベストなのか?どんな要素やキーワードが必要なのか?などです。

 

一昔前、絵の描き方を子供に教える天才的な先生の授業風景を見たことがあります。

子供に親の顔を描かせてみると多くの場合は抽象的な、言葉は悪いがアンパンマンのような顔が出来上がるのが普通です。しかし、親の顔をパーツ別に「目⇒鼻⇒口⇒あご⇒髪の毛」と順番に描かせると、天才的な絵が完成するという話があったのです。

実際にその様子はテレビで放送され、結果、その子供の絵は金賞を受賞しました。

 

文章も同じなのです。

可能な限りテーマを絞れば、その部分に全力を集中させることが出来ます。そしてその情報に多くの人が共感し、結果ファンになるのです。

私はコピーライティングの中でも、最も最高位にあるテクニックが『テーマを絞ること』だと思っています。

 

2.情報を集める

テーマが決まれば次は情報を集めるステップです。

絞られたテーマが「コンテンツ」として輝くかどうかは集めた情報にかかっています。

具体的には次の媒体を全てチェックし、URLや画像、文章を一つのフォルダにまとめていきましょう。

  1. 検索エンジンの検索結果(トップ3~5)
  2. 書籍(の中から類似情報をピックアップ)
  3. 名言(引用で使えるものだけピックアップ)
  4. Q&Aサイト(共通の悩みをピックアップ)
  5. Amazonランキング(該当カテゴリのトップ1~10)

これらの情報をまとめていくだけで、「インターネット界でもトップ10」に入る記事を作ることが出来るはずです。時間を惜しまずこの作業に全力を尽くしましょう。

 

3.構成を決める

構成は常に一定にすることをオススメします。

すると執筆時間の短縮が出来るだけではなく、ファンの定着率がアップするのです。ブログやメールマガジンの成否を握るのは「ファン」です。彼らに嫌われるような事は一切しないように心がけることが大切です。

では私がオススメする構成をご紹介します。詳細は以下の通り。

 

【パターン1:悩み解決型】

  1. ターゲットが興味を持っている件名
  2. 問題の提起
  3. 問題の解決策
  4. まとめ

 

【パターン2:最新情報提供型】

  1. ニュース性のある件名
  2. 最新情報
  3. まとめ

 

【パターン3:セールス型】

  1. ターゲットが興味を持っている件名
  2. 問題の提起
  3. 問題の解決策
  4. 解決する最短距離(商品の提示)
  5. クロージング

 

以上3つのパターンを今後の執筆の参考にしてください。

 

4.見出しを使う

文章量を増やし、信頼されるという意味では見出しを上手に活用することがカギです。使い方は以下の通りです。

 

■テーマ
1.見出1
・小見出し1
・小見出し2
・小見出し3

2.見出2
・小見出し1
・小見出し2
・小見出し3

3.見出3
・小見出し1
・小見出し2
・小見出し3

 

これを見ると「書籍の目次」にそっくりなことがわかると思います。

書籍の目次は全てこの形で作られていますよね。こうしてテーマを決め、見出しを決め、小見出しを決めると、嫌でも多くの文章を書かなければいけなくなるという仕組みです。稀に見出を入れすぎて後悔することもあるくらいです。しかし上手くバランスをとりながら作成を進めていきましょう。

 

5.リーズンワイを徹底する

コピーライティングにおいて最も重要な要素が「リーズンワイを徹底する」という作業です。

これは『何かを発言したら、その根拠や証明をしなければいけない』というコピーライティングの基本原則の一つとして覚えて下さい。例えば「10日後に10キロ痩せることが出来る」と発言すれば、その後には必ず“根拠”と“証拠”が必要になるということです。

具体的には、以下のようなイメージです。

 

『10日後に10キロ痩せることが出来る』

  • なぜなら最高級ハーブを使っているからだ
  • なぜなら外科手術をするからだ
  • なぜならカロリー制限メニュー作成のプロがサポートするからだ

 

など。つまり「なぜなら」の後に続く言葉を用意することが重要ということです。

これを意識するだけであなたの文章は何倍も説得力を持つものになるので試して欲しいと思います。今後はこの「リーズンワイ」を意識して文章を書いてみましょう。

 

まとめ

以上、5つのテクニックを使えば、簡単に濃く長い文章を作ることが出来るはずです。そのあまりの簡単さに驚く人もいるかもしれません。しかし、それがコピーライティングテクニックの基本中の基本です。それではもう一度まとめておきましょう。

  1. テーマを決め、絞る
  2. 情報を集める
  3. 構成を決める
  4. 見出しを使う
  5. リーズンワイを徹底する

次回からの執筆に是非役立てて頂けたら嬉しく思います。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Return Top