アフィリエイトJAPAN

「フォローマティック」は本当に使えるのか?ツイッター(Twitter)でテストアカウントを作りフォローマティック実験開始。2000フォロワー突破までの道のり。

o06000400img_bdad4bd6966f4c4eedf6888a8ff86ca753923[1]

フォローマティックを使えば勝手にフォロワーが増え、何も触らなくてもツールがフォローしたり、アンフォローしてくれたりする。放置しておくだけで2000フォロワーの壁も楽々簡単に突破してくれるというもの凄いツール「フォローマティック」。果たしてこの話本当だろうか?

こんにちは、菅原将です。

あなたはフォローマティックというツールを知っていますか?(知らないという人はこちら「フォローマティック」をクリック)

私が前職を退社してから間もなく1ヶ月というところですが、退職後から本日まで私はツイッターの効果を色々と検証し続けてきました。1回のツイートでどのくらいのアクセスが見込めるか、フォロワー数がどの位あればアフィリ報酬を稼ぐことが出来るか、またブログに投稿した記事でバイラル・ループを狙うにはどうすればいいか…など。

ツイッターをビジネスで活用するためにはどうすればいいかを検証し続けていたのです。

ツイッター(Twitter)は効果があるのか?

「ツイッター(Twitter)は効果があるのか?」という問いには間違いなく「YES」とお答え出来ます。現に色々試している内にアフィリエイトJAPANへのツイッターからのアクセスは1週間で236ユニークアクセスを引っ張ってきてくれています(母数は少ないですが、スタートして間もないことを考えれば御の字としてます)。

Twitterからのアクセス流入数

そうこうしている内に、いつの間にかツイッターが好きになり、私のどうでもいいトレーニングネタや旅先ネタもツイートするようになりました。色々反応が返って来るとつい面白くてのめり込んでしまいます。これがツイッター(Twitter)の魅力なのかと実感した次第です。ゆるーい繋がりが好きな人はFacebookよりツイッター(Twitter)が断然オススメ出来ます。

また、よくツイッター(Twitter)の可能性については色々なご質問を頂きます。

ツイッター(Twitter)は上記の画像が示す通り、安定したトラフィックをもたらすソーシャルメディアですから、不安や疑問を感じる場合は四の五の言う前にまずはチャレンジするといいと思います。

もちろん最初から上手くは行かないかもしれませんが、色々工夫をし続けて行くとツイッター(Twitter)はアクセスアップの起爆剤にもなりますし、無料オプトインアフィリエイトならツイッター(Twitter)だけでも稼げると思います(やり方工夫しないと嫌われるので要注意)。

さて、そんなツイッター(Twitter)ですが、これから0からフォロワーを集めるのであれば、ツールの導入を検討することをオススメします。

フォロワーを増やす作業は地味で、長期間続けるには絶壁にしがみつくくらいの努力と根性が必要です。それがツールを使えばワンクリックからツークリック程度で設定完了。後はツールが勝手に動いてくれるので、その様子を見てるだけです。もちろん、見なくてもいいです。

人の場合は挫折時間や休憩時間があるので、極論自分で努力するより、ツールにまかせた方が確実です。それに短期間で効果を実感できます。

そこで今回の実験です。是非ツール導入にこの記事で公開するデータを参考にして欲しいと思います。

私のメインアカウントは大分前に取得し、かなり放置していたものなので、参考にはなりません。なので今回はテストアカウントを作り、0から始めてツールの効果を計測してみました。

どれくらいのコスパを得られるのか、果たしてその結果はいかに。

 

■使用したツール「フォローマティック

フォローマティックはフォロワー数を増やすために開発されたツールで、ほぼ全自動でフォロワーを増やしてくれます。しかし、私は以前ツールをガンガン回して、何度かご丁寧に凍結処理を頂いた経験があるので、今回は終始テストアカウントで行いました。予めご了承を。

またフォローマティックの動作環境と、使用環境は以下の通りです。

フォローマティックの動作環境

■対応OS
windows 8 (32bit, 64bit) (enterprise 評価版で動作確認)
Windows Server 2012 Standard (64bit)
Windows 7 (32bit, 64bit)
Windows Server 2008 R2 Standard (64bit)
Windows Vista (32bit, 64bit)
※Windows XPやMacには直接は対応していませんが、月額2,520円の別サービスを使うことでそれらのPCでもお使いいただけます。(特典に詳しく記載しています)

HDD(SDD) 空き領域10MB以上
メモリ 512MB以上を推奨
CPU Intel Pentiul Ⅲ以上(Pentium Ⅲクラス、1GHz 以上推奨)
ディスプレイ解像度 1024x768以上
インターネット接続環境必須

 

フォローマティックの使用環境

以下はよりよい成果を得るために、私が用意した実践環境です。

条件1.1日24時間フル稼働を徹底すること

条件2.平日土日祝祭日関係なく稼働させること

条件3.最初の1回のツイート以外、ツイートをしないこと

条件4.他のユーザーには絡まないこと

条件5.ダイレクトメッセージは使用しないこと

条件6.他のツールは使用しないこと(全てフォローマティックで処理すること)

条件7.フォロワー0からスタートすること

以上です。要は「フォローマティック」だけでどこまで行けるかの検証だと考えて下さい。

 

手動でフォローを行った場合の結果

以前テストアカウントを作り、手動フォローでフォロワー増やしをするとどのくらいで凍結するか、またはアカウント削除に至るかを実践したところ…以下の結果が出ていました。

1.1日100フォローを6日間~8日間繰り返すと凍結

2.1日100アンフォローを3日間行うと凍結

3.ダイレクトメッセージを1日50通。3日間行うと凍結

など、このような状況だったので「ツイッター(Twitter)をビジネスで使用するには非効率的かな…」と思っていた次第です。

また、アンフォロー作業もかなりの手間がかかり、フォロワー2000の壁を考えると、あまりいい媒体とは思っていませんでした。なのでツールを使ったところで対して変わらないだろう位に考えていたのです。しかし、フォローマティックを稼働させた結果は全く別のものでした。

 

フォローマティック実践結果

開始日:5月4日(フォローマティック起動日) フォロワー数:0

(※なぜかフォロワー数0の部分のデータが表示されず、、、文字情報のみです。すいません…)

 

5月12日(スタートから約1週間経過) フォロワー数:596

1[1]

 

6月18日(スタートから約1ヶ月と2週間経過) フォロワー数:2037 2000フォロワー突破!

2[1]

これで2000フォロワーの壁をフォローマティックのみで突破するためには約1ヶ月と2週間が必要ということがわかりました。

実際に手動でフォロワーを増やしたとしても、同じ位の時間(実際はそれ以上の時間)がかかります。焦ってフォローを大量にすれば、アカウント凍結されますし、とはいえフォローをしないとフォロワーが増えません。

ですのでこの約1ヶ月と2週間でツールのみで2000フォロワーを突破させてくれたフォローマティックは非常に優秀だという結論に至ったのです。

 

フォローマティックの凄さはこれだけではない!?

しかし、実はこれだけではありません。

フォローマティックの本当の凄さは複数アカウントを同時に成長させる能力にあると私は考えています。今回お見せしたデータはあくまで私のテストアカウントの一つに過ぎず、実際はこのように複数のアカウントをフォローマティックで管理しています。

3[1]

正直なところ、1ヶ月間でフォロワー数を2000と言うと、そこまで劇的な数値では無いです。

しかし、そんなアカウントが10個も20個もあるとすれば、1ヶ月で20000フォロワー~40000フォロワーを集めることも可能ですよね?これが凄い効果を生むのです!(※フォローマティック販売者は一つのパソコンにつき、同時稼働は6~7アカウントまでを推奨しているので、10以上のアカウントを同時運営したい人は別のパソコンを用意する必要がありそうですね)

とはいえ、6~7アカウントでも十分な効果をフォローマティックは残してくれます。

これからもどのくらいのフォロワー数を集めてくれるか、期待しながらフォローマティックの管理画面を眺めていきたいと思います。

フォローマティック徹底レビューとアフィリエイトJAPAN限定特典はこちら

 

参考資料

以下はフォローマティックを紹介した動画です。参考までにどうぞ。

 

フォローマティックの動画紹介

 

フォローマティックが自動でフォローしている様子

 

まとめ

フォローとアンフォローの作業の繰り返しは多くの時間と労力を使います。

その時間を記事執筆や、情報収集など、他の重要な仕事に回せるのであれば、私の場合は間違いなくツールへ投資を行います。また、副業としてアフィリエイトをしている人の多くは、1日に作業が出来る時間が限られているはずですから、積極的にツールを導入した方が結果が早くでるので、予算を作って導入した方が良いです。

ツール化できる部分はツール化してしまうこと。これは副業アフィリの鉄則です。

その反対に、絶対にツールに任せたり、手を抜いてはいけないのが記事執筆です。

これはブログもメルマガも両方同じ事が言えます。

やはり記事は人が書かないと、情熱が伝わりません。また、その情熱こそが人に影響を与えるものだと私は思っています。

なので記事執筆は自らの手で書くこと。

逆にツール化しても問題の無い作業はどんどんツール化すること。この割り切りができる人はスピーディーにアフィリエイト報酬を稼ぐと私は思います。

今後もフォローマティックの成果を公開していきますね。楽しみにしていてください。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Return Top