アフィリエイトJAPAN

ブログの反応率が数倍になるデザインの考え方『5つのルール』

People attending a Congress

ブログを運営するからには一人でも多くの人に、1秒でも長く見てほしいものです。そこで今回はブログの反応率が数倍になるデザインについて記事を書こうと思います。

まず、ブログのデザインですが、キレイで目立てば良いわけではありません。

見た目がキレイでも読まれない、読まれにくいブログは星の数程あります。逆に見た目が悪くて、読まれるブログは実は思いの他たくさんあるのです。

その違いは訪問者の動線の確保が出来ているか、出来ていないかにあります。

[スポンサー]2STEPインスタントアフィリエイト

まず初月で10万円を確実に稼ぎ、その後1年以内に月100万円を稼ぎたい人向けに2ステップインスタントアフィリエイトという新しい手法が無料公開されました。

このやり方を実践すると、自分が何もしなくても収入が発生し、ただ見ているだけでキャッシュを手にできるとのことで、アフィリエイトを勉強したい方に強くオススメ出来る内容となっています。ノウハウは王道に近いので、 継続的に、安定的にアフィリエイト収入を得たいという方はこのやり方を実践してみてください。
■無料:2ステップインスタントアフィリエイト


まずは訪問者の目の動きを知ることからスタート

少し科学的な話になります。実はこれまでの研究で人がサイトに訪問した時の目の動きには一定の法則があることが明らかにされています。

 

グーテンベルク・ダイヤグラム

1「グーテンベルク・ダイヤグラム」という言葉をご存じでしょうか。この言葉は初めて聞く人がほとんどだと思います。

「グーテンベルク・ダイヤグラム」とは均等に配置された同質の情報を見る際の、一般的な視線の流れのパターンを表した図式のことです。

簡単に言うと「人間の目は左上から右下方向へ、転々としながら遷移する」というパターンを言います。こういった視線の流れのパターンは、雑誌などでは当たり前に使われている技法・考え方で、特にビジネス系の雑誌はこの視線の動きを研究・応用されて書かれているのが良くわかります。

サイトで記事を書く場合には、左上・右下に重要なコンテンツを配置するように心がけるのが通常です。

また、このグーテンベルク・ダイヤグラムはブログやブログ内の記事を読む際の視線の動きのパターンの一つに過ぎません。

ですからこれを盲目的に信じるのではなく、媒体によって効果的な導線が異なると考えておくことをオススメします。

では、次にZ型パターンです。

 

Z型パターン

2数年前、ブログ構築のシーンににおいて、最も活用されていたのが「Z型パターン」です。

人がブログにアクセスすると、まず左上に視線が行き、次に右上、左下、右下…というように人の視線がZの文字のように動くことからZ型パターンと言われるようになりました。

ブログにおいてはサイトタイトルを読み、その後記事に視線が移るのでこの目線の動線を考えてレイアウトが作られることが多かったです。

考え方としては左上、右上、左下、右下のそれぞれ4箇所に重要なパーツを置きましょうということですが、ただ最近は以下のF型パターンが重要視されることが多くなっています。

F型パターン

3こちらはwebにおける視線移動の長年の研究から公開された、新しいパターンです。

まず目線に入るのはロゴ部分。次にヘッダー。その後に見出し・グローバルメニュー、記事…と読み進めていく移動パターンです。

近年、海外のWebマーケターや国内のトップクラスのマーケターがこぞって右サイドメニューの左に記事というレイアウトに切り替えました。これまではその反対。左にメニューがあり、右に記事というパターンがほとんどでした。

しかし、実際に試してみると読みやすさの違いがよく分かります。

訪問者が最もファンになりやすいのは記事を読んでもらうことです。F型パターンを前提にすれば、真っ先に視線が集まる左側に記事を置いた方が得策ですよね。

今最もオススメのレイアウトはこのF型です。

以上のパターンを踏まえて、最も反応率が上がるブログのレイアウト・パーツの配置をこれからご紹介します。

 

ブログの反応率が数倍になるブログレイアウト『5つのルール』

以下のレイアウトでブログを運営すると反応率が上がりやすいので是非試してみて下さい。特にCTA(ランディングページへの誘導)の掲載位置が重要です。

 

ルール1:右サイドメニュー、左記事のレイアウトにする

ルール1F型パターンがベストと考えてブログを運営するならば、右サイドメニュー・左記事のパターンが最適です。

アフィリエイトJAPANもその形を徹底していますし、他のマーケターの多くがこのレイアウトを採用しています。

また、数多くのブログを訪問するとわかりますが、このレイアウト以外のレイアウトは特有の見辛さがあります。

左サイドメニューや3カラムのレイアウトはどうしても記事以外のことに目が移りがち。訪問者を一人でも多くファンにしたいという目的ならば右サイドメニューのレイアウトがベストです。

 

ルール2:右サイドメニューに「読者登録ボタン」を設置

ルール2アフィリエイトJAPANでは最初は記事の下にCTAを掲載していました。しかし、その一箇所だけでした。その後右サイドメニューの中盤にCTAを設置したところ反応率が120%程増加し、明らかに読者の数が増えたという事例があります。

この「読者登録ボタン」を掲載し、ランディングページにリンクするようにしておきましょう。

 

ルール3:全ての記事の最初にアイキャッチを設置

ルール3「アイキャッチ」とは画像のことです。記事の先頭に画像があるか、無いかによって反応が変わります。アイキャッチとは文字通り「視線をキャッチする」ためのもの。訪問者に確実に記事を読んでもらうためには必須のパーツです。また、F型パターンを前提に考えれば真っ先に視線が下に下がってくるわけですから、その効果は期待値以上です。出来る限り目を引く画像を選定しましょう。

 

ルール4:全ての記事の下にCTAを設置

ルール4記事の下にCTA(ランディングページへの誘導)を設置するのは必須です。これだけは確実にやってください。

記事下にCTAがあることによってブログに訪問してくれた人の3%はメールアドレスを残してくれるようになります。長くやればやるほどリスト数は増えていきますから、その威力は絶大。あるブログ運営者はブログだけで1万リストを集めたと話をしています。直接聞いたので間違い無いと思いますが、その期間はなんと6ヶ月です。しかも無料で集めたリストです。

もちろんブログはインターネット上に残り続けますから、そのリストの数は日に日に増し続けていくのです。

CTAの設置をしないことはリストを捨てているのと一緒と考えた方がいいでしょう。

 

ルール5:CTAの下にソーシャルボタンを設置

ルール5Facebook、Twitter、はてなブックマークなどのソーシャルボタンは必ず記事下に掲載しましょう。

もし、あなたのコンテンツが秀逸で、みんなの役に立つような内容であれば、その記事がシェアされ、そして大量のアクセスを呼んできてくれます。そうすれば大量の被リンクがつくと同時に、大量のリストが集まります。

ソーシャルでシェアされるコツがわかるようになれば、どんなビジネスでも成功することが出来るでしょう。

 

まとめ

レイアウトは一度設定すれば長く使えます。また簡単に変更するものではありませんから、最初にやってしまうことが大切です。

計算してみるとわかりますが、このレイアウト次第でビジネスの成長スピードが数倍になることもあるのです。反応率が1%でも2%でも上がるように全力を尽くせば、いずれ大きな報酬を獲得することが出来るようになるはずです。

また、レイアウトを研究する時間は無駄にはなりません。

自分でデータを計測し、最も反応のある場所にCTAを設置する。この一連の流れを繰り返していけば、自ずとどのレイアウトがベストか分かるようになり、多くの反応を得られるようになると思います。そこで得られた経験も素晴らしいものです。

「成功良し、失敗なお良し」の考え方で取り組んでいきましょう。

最短で月収100万円を稼ぐ5ステップ

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Return Top